エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
所要時間を選択
現在の検索条件:
  • パブリックアート・オブジェ×
  • 2019年9月
             
  • 2019年10月
       
       
  • 2019年11月
             
  • 2019年12月
           
  • 2020年1月
         
     
  • 2020年2月
               
  • 2020年3月
           
  • 2020年4月
         
       
  • 2020年5月
             
               
  • 2020年6月
     
           
  • 2020年7月
         
     
  • 2020年8月
               
             
11ありました

五色台の大崎山園地に展示されている、流政之の作品。「またきまい」は香川県の方言で、「また来てください」の意。瀬戸内海を背景に時間とともに様々な表情を見せる作品。

五色台の大崎山園地に展示されている、流政之の作品。「またきまい」は香川県の方言で、「また来てください」の意。瀬戸内海を背景に時間とともに様々な表情を見せる作品。

観音寺市豊浜町の一の宮公園には、世界的彫刻家イサム・ノグチがデザインした遊具彫刻が22基設置されている。一か所の設置数としては、モエレ沼公園(札幌市)に続き国内で2番目の規模を誇る。遊具彫刻は、子供たち、若者たち…

観音寺市豊浜町の一の宮公園には、世界的彫刻家イサム・ノグチがデザインした遊具彫刻が22基設置されている。一か所の設置数としては、モエレ沼公園(札幌市)に続き国内で2番目の規模を誇る。遊具彫刻は、子供たち、若者たち…

レクザムホールに展示されている猪熊弦一郎の作品。セラミック陶板を用いて抽象と具象とを組み合わせる初めての試みを行って制作された作品。

レクザムホールに展示されている猪熊弦一郎の作品。セラミック陶板を用いて抽象と具象とを組み合わせる初めての試みを行って制作された作品。

瀬戸大橋記念公園に置かれている流政之の作品。瀬戸大橋の守り神となるように願って、橋脚となった島々や瀬戸内海周辺の石を集めて作られた。「どだま」とは、讃岐の方言で「頭」のこと。

瀬戸大橋記念公園に置かれている流政之の作品。瀬戸大橋の守り神となるように願って、橋脚となった島々や瀬戸内海周辺の石を集めて作られた。「どだま」とは、讃岐の方言で「頭」のこと。

瀬戸大橋記念公園に置かれている流政之の作品。池を渡り滝をくぐりトンネルを抜けると、目の前が明るく開けて瀬戸大橋や「どだま獅子」のある空間に飛び出す。

瀬戸大橋記念公園に置かれている流政之の作品。池を渡り滝をくぐりトンネルを抜けると、目の前が明るく開けて瀬戸大橋や「どだま獅子」のある空間に飛び出す。

瀬戸大橋記念公園に置かれている流政之の作品。総重量4,000トンの石を使用して香川の山を模し、麓から流れる水で滝と池をあらわした讃岐の景観を思わせる作品。

瀬戸大橋記念公園に置かれている流政之の作品。総重量4,000トンの石を使用して香川の山を模し、麓から流れる水で滝と池をあらわした讃岐の景観を思わせる作品。

JR高松駅に設置されている流政之の作品。「だいてんまい」とは香川の方言で「抱きしめてごらん」の意味。人が向き合う姿がモチーフの作品。

JR高松駅に設置されている流政之の作品。「だいてんまい」とは香川の方言で「抱きしめてごらん」の意味。人が向き合う姿がモチーフの作品。