企画展「七支刀と日本刀展」【香南歴史民俗郷土館】

きかくてん「しちしとうとにほんとうてん」【こうなんれきしみんぞくきょうどかん】
 

企画展「七支刀と日本刀展」開催

武士の魂と言われる日本刀。その芸術性と歴史を物語る姿に、多くの人が魅了されています。
この企画展では、日本美術刀剣保存協会 香川県支部の協力を得て、日本刀約20口(ふり)を展示します。

今回は、香川県で刀剣製作を行っている源正光(みなもと・まさみつ)刀匠が製作した「七鞘剣(ななさやのつるぎ)」を展示します。
七支刀(しちしとう)とは左右に3本ずつ枝刃を交互に出した剣で、『日本書記』には七枝刀(ななさやのたち)と記載されています。
「七鞘剣」は、鍛造(たんぞう)では難しいとされていた七支刀を刀匠が鍛錬火造(たんれんひづくり)により製作したものです。

また、「刀 第12回重要刀剣 無銘(伝左文字(さもんじ))」、「短刀、脇指、刀 月山(がっさん) 3口(ふり)」など、武士の持つ武装道具の美しさを今の時代へと受け継ぎ、伝承し続けている日本刀も展示します。

日本刀の美しい姿・形に魅力を感じていただくとともに、刀匠の巧みな技術作品を御覧ください。

開催期間令和3年(2021)10月26日(火)から12月25日(土)まで
開催場所高松市香南歴史民俗郷土館
〒761-1402 高松市香南町由佐253番地1
お問い合わせ 087-879-0717(高松市香南歴史民俗郷土館)
営業時間 午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
定休日 月曜日(月曜日が祝休日の場合は翌平日)
料金 無料
アクセス◆ことでんバス経由
・「高松駅/高松築港」から「由佐線(高松空港・岩崎行き)」利用約50分、「由佐」バス停下車、東へ徒歩2分
◆コミュニティバス経由(※日曜日、祝日は運休)
・ことでん「仏生山駅」駅前から香川町シャトルバス約25分、「香南歴史民俗郷土館」バス停下車すぐ
駐車場 有り(普通車10台・大型車3台)
ウェブサイト 香南歴史民俗郷土館公式ホームページ
備考 協力:日本美術刀剣保存協会香川県支部

新型コロナウイルスの感染状況により、会期及び内容が変更になる場合があります。
御観覧の際には、マスクの着用等、当館が実施する感染予防対策に御協力いただきますようお願いします。
COCOA(新型コロナウイルス接触確認アプリ)等を御活用ください。