エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
所要時間を選択
現在の検索条件:
  • 2021年5月
               
             
  • 2021年6月
       
         
  • 2021年7月
           
  • 2021年8月
           
  • 2021年9月
         
       
  • 2021年10月
             
               
  • 2021年11月
     
           
  • 2021年12月
         
     
  • 2022年1月
               
             
  • 2022年2月
       
             
  • 2022年3月
       
       
  • 2022年4月
             
100ありました

2010年に旧店舗から南へ約800m移転したぶっかけの名店『山下うどん』。“ぶっかけの冷”は、まさに恐るべきコシ。口の中で跳ねる麺が楽しめる。

2010年に旧店舗から南へ約800m移転したぶっかけの名店『山下うどん』。“ぶっかけの冷”は、まさに恐るべきコシ。口の中で跳ねる麺が楽しめる。

まさに「山に入っていく!」というアプローチに驚かされる、[宮武ファミリー]の一軒。薪で焚き、おいしい水で締めるうどんと、特製のイリコダシが絶品だ。

まさに「山に入っていく!」というアプローチに驚かされる、[宮武ファミリー]の一軒。薪で焚き、おいしい水で締めるうどんと、特製のイリコダシが絶品だ。

今や製麺所型うどん店の最有名店。“釜玉”は言わずと知れた名物だが(ダシを少しかけるのが美味しい)、山芋をかけた“月見山”も絶品だ。色々試してみよう。

今や製麺所型うどん店の最有名店。“釜玉”は言わずと知れた名物だが(ダシを少しかけるのが美味しい)、山芋をかけた“月見山”も絶品だ。色々試してみよう。

琴南の山奥の、今や“小さな観光地”とも言うべき名店。ダシはなく、醤油と酢とネギ、これに自家製青唐辛子漬けをアレンジして食べるうどんだ。

琴南の山奥の、今や“小さな観光地”とも言うべき名店。ダシはなく、醤油と酢とネギ、これに自家製青唐辛子漬けをアレンジして食べるうどんだ。

畑からネギを取ってくる(現在は切ったネギを用意している)ことで知られる『なかむら』。グミのようと称されるうどんはソフトな口当たりと伸びるようなコシを兼ね備えた麺だ。

畑からネギを取ってくる(現在は切ったネギを用意している)ことで知られる『なかむら』。グミのようと称されるうどんはソフトな口当たりと伸びるようなコシを兼ね備えた麺だ。

秘伝のダシで食べる恍惚の“釜揚げうどん”が有名。建物は江戸末期の古民家を移築したもので、ロケーションも抜群だ。おすすめは、たらいに入った名物の“家族うどん”。

秘伝のダシで食べる恍惚の“釜揚げうどん”が有名。建物は江戸末期の古民家を移築したもので、ロケーションも抜群だ。おすすめは、たらいに入った名物の“家族うどん”。

徳利に入れられた香り高いダシとともに楽しむ“釜あげ”は、表面はとろけそうに滑らかなのにしっかりとしたコシに驚かされる。麺、ダシともにじっくりと味わいたいお店だ。

徳利に入れられた香り高いダシとともに楽しむ“釜あげ”は、表面はとろけそうに滑らかなのにしっかりとしたコシに驚かされる。麺、ダシともにじっくりと味わいたいお店だ。

早朝から開いている老舗セルフ店。“カレー”や“肉うどん”は要チェックメニュー。広々とした店内でゆっくりと楽しく讃岐うどんを満喫出来る。

早朝から開いている老舗セルフ店。“カレー”や“肉うどん”は要チェックメニュー。広々とした店内でゆっくりと楽しく讃岐うどんを満喫出来る。

県庁裏の超人気老舗セルフ店。自分で麺を温め、ダシをかけ、自分でトッピングするセルフの典型スタイルが県外客にも大人気。60種の天ぷら類がずらりと並ぶ様は壮観だ。

県庁裏の超人気老舗セルフ店。自分で麺を温め、ダシをかけ、自分でトッピングするセルフの典型スタイルが県外客にも大人気。60種の天ぷら類がずらりと並ぶ様は壮観だ。

県産小麦を自家配合した素朴な田舎うどんが、ぷりぷりのコシとツヤで大人気。ピーク時は長蛇の列になるけれど、この味を堪能せずしてさぬきうどんは語れないぞ。

県産小麦を自家配合した素朴な田舎うどんが、ぷりぷりのコシとツヤで大人気。ピーク時は長蛇の列になるけれど、この味を堪能せずしてさぬきうどんは語れないぞ。

牟礼町の名所とも言うべき風格の、庭付きお屋敷型うどん店。広い店内の座敷席、テーブル席もいいけれど、天気のいい日には表の縁台で青空うどんをぜひ。

牟礼町の名所とも言うべき風格の、庭付きお屋敷型うどん店。広い店内の座敷席、テーブル席もいいけれど、天気のいい日には表の縁台で青空うどんをぜひ。

香川の繁華街のうどん屋『五右衛門』。その名を轟かせた看板メニューが“カレーうどん”や“黒カレーうどん”だ。麺とスパイシーなカレーとの絶妙なコラボレーションを堪能しよう。

香川の繁華街のうどん屋『五右衛門』。その名を轟かせた看板メニューが“カレーうどん”や“黒カレーうどん”だ。麺とスパイシーなカレーとの絶妙なコラボレーションを堪能しよう。

足でしっかり踏まれたうどんは弾力抜群。うどん玉を買いに来る人も多く「ここのうどんでないと子どもが食べん」とか「次の日でもコシがある」と地元の常連さんたちのお墨付き。

足でしっかり踏まれたうどんは弾力抜群。うどん玉を買いに来る人も多く「ここのうどんでないと子どもが食べん」とか「次の日でもコシがある」と地元の常連さんたちのお墨付き。

学生食堂風の広い店内と、トッピングの天ぷらが30種類もあるのには驚きだ。近くにある大学から昼食や晩ご飯にと学生たちが集まってくる。

学生食堂風の広い店内と、トッピングの天ぷらが30種類もあるのには驚きだ。近くにある大学から昼食や晩ご飯にと学生たちが集まってくる。

飾り気のないうどん本来の旨さを、麺とダシだけで堪能できる。厳選した素材を使用したサイドメニューの“御寿司”や“おにぎり”、“おでん”も人気だ。

飾り気のないうどん本来の旨さを、麺とダシだけで堪能できる。厳選した素材を使用したサイドメニューの“御寿司”や“おにぎり”、“おでん”も人気だ。

昼時1時間のみという、恐らく県内で一番営業時間の短いうどん屋。これもお客さんに出来たての麺を味わって欲しいという店主の強いこだわりから。

昼時1時間のみという、恐らく県内で一番営業時間の短いうどん屋。これもお客さんに出来たての麺を味わって欲しいという店主の強いこだわりから。

営業は朝3時までという深夜の名店。ダシのうまさは出色で、全てのメニューが飲んだ帰りでなくとも、わざわざ食べに行く価値あり。売り切れ次第閉店となるのでお早めに。

営業は朝3時までという深夜の名店。ダシのうまさは出色で、全てのメニューが飲んだ帰りでなくとも、わざわざ食べに行く価値あり。売り切れ次第閉店となるのでお早めに。

30年以上続く製麺所のセルフ店。麺にはもちもち感とさぬきうどんならではのコシとツルツル感が特徴の[さぬきの夢]を使用。話題の長命草など、地元食材にこだわったメニューも。

30年以上続く製麺所のセルフ店。麺にはもちもち感とさぬきうどんならではのコシとツルツル感が特徴の[さぬきの夢]を使用。話題の長命草など、地元食材にこだわったメニューも。

うどん屋らしからぬメルヘンな空間を醸し出すお店。おすすめメニューは、もちもちした食感とコシの強さ、そして滑らかさが印象的な麺が一番よく分かる“ぶっかけ”だ。

うどん屋らしからぬメルヘンな空間を醸し出すお店。おすすめメニューは、もちもちした食感とコシの強さ、そして滑らかさが印象的な麺が一番よく分かる“ぶっかけ”だ。