エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
所要時間を選択
現在の検索条件:
  • 2020年4月
         
       
  • 2020年5月
             
               
  • 2020年6月
     
           
  • 2020年7月
         
     
  • 2020年8月
               
             
  • 2020年9月
       
         
  • 2020年10月
           
  • 2020年11月
             
  • 2020年12月
       
       
  • 2021年1月
             
               
  • 2021年2月
     
               
  • 2021年3月
     
         
100ありました

徳利に入れられた香り高いダシとともに楽しむ“釜あげ”は、表面はとろけそうに滑らかなのにしっかりとしたコシに驚かされる。麺、ダシともにじっくりと味わいたいお店だ。

徳利に入れられた香り高いダシとともに楽しむ“釜あげ”は、表面はとろけそうに滑らかなのにしっかりとしたコシに驚かされる。麺、ダシともにじっくりと味わいたいお店だ。

今や製麺所型うどん店の最有名店。“釜玉”は言わずと知れた名物だが(ダシを少しかけるのが美味しい)、山芋をかけた“月見山”も絶品だ。色々試してみよう。

今や製麺所型うどん店の最有名店。“釜玉”は言わずと知れた名物だが(ダシを少しかけるのが美味しい)、山芋をかけた“月見山”も絶品だ。色々試してみよう。

まさに「山に入っていく!」というアプローチに驚かされる、「宮武ファミリー」の一軒。薪で焚き、おいしい水で締めるうどんと、特製イリコダシが絶品。

まさに「山に入っていく!」というアプローチに驚かされる、「宮武ファミリー」の一軒。薪で焚き、おいしい水で締めるうどんと、特製イリコダシが絶品。

畑からネギを取ってくる(現在は切ったネギを用意している)ことで知られる『なかむら』。グミのようと称されるうどんはソフトな口当たりと伸びるようなコシを兼ね備えた麺だ。

畑からネギを取ってくる(現在は切ったネギを用意している)ことで知られる『なかむら』。グミのようと称されるうどんはソフトな口当たりと伸びるようなコシを兼ね備えた麺だ。

香川県庁裏の超人気セルフ店。自分で麺を温め、ダシをかけ、自分でトッピングするセルフの典型スタイルが県外客にも大人気。60種の天ぷら類が壮観だ。

香川県庁裏の超人気セルフ店。自分で麺を温め、ダシをかけ、自分でトッピングするセルフの典型スタイルが県外客にも大人気。60種の天ぷら類が壮観だ。

2010年に旧店舗から南へ約800m移転したぶっかけの名店『山下うどん』。“ぶっかけの冷”は、まさに恐るべきコシ。口の中で跳ねる麺が楽しめる。

2010年に旧店舗から南へ約800m移転したぶっかけの名店『山下うどん』。“ぶっかけの冷”は、まさに恐るべきコシ。口の中で跳ねる麺が楽しめる。

常に出来たてを食べてもらうため、茹でてから10分以上経ったうどんは出さないのだそう。“昨日よりも美味しいうどん”を作ることが大将のモットーだ。

常に出来たてを食べてもらうため、茹でてから10分以上経ったうどんは出さないのだそう。“昨日よりも美味しいうどん”を作ることが大将のモットーだ。

餅のように練り上げる技法と、地下水・ミネラル塩を使った超多加水麺は、口当たりが良く強いコシともちもち感が味わえる。名物の“釜抜きうどん”はまさにうどんのカルボナーラだ。

餅のように練り上げる技法と、地下水・ミネラル塩を使った超多加水麺は、口当たりが良く強いコシともちもち感が味わえる。名物の“釜抜きうどん”はまさにうどんのカルボナーラだ。

足でしっかり踏まれたうどんは弾力抜群。うどん玉を買いに来る人も多く「ここのうどんでないと子どもが食べん」とか「次の日でもコシがある」と地元の常連さんたちのお墨付き。

足でしっかり踏まれたうどんは弾力抜群。うどん玉を買いに来る人も多く「ここのうどんでないと子どもが食べん」とか「次の日でもコシがある」と地元の常連さんたちのお墨付き。

“郵便局員休憩所”として知られるこちら。“釜あげうどん”や大きな芝エビのかき揚げが人気だ。製麺場にどんと構える年季の入った釜は、一見の価値あり。

“郵便局員休憩所”として知られるこちら。“釜あげうどん”や大きな芝エビのかき揚げが人気だ。製麺場にどんと構える年季の入った釜は、一見の価値あり。

平日は朝6時開店。“やさしい味”のうどんが、目覚めたての体に活力を与えてくれる。サイドにはちくわやげそ、とり天をどうぞ。改装で仕切り付長机が登場、1人でも利用しやすくなった。

平日は朝6時開店。“やさしい味”のうどんが、目覚めたての体に活力を与えてくれる。サイドにはちくわやげそ、とり天をどうぞ。改装で仕切り付長机が登場、1人でも利用しやすくなった。

早朝から開いている老舗セルフ店。“カレー”や“肉うどん”は要チェック。広々とした店内でゆっくりと楽しく讃岐うどんを満喫出来る。

早朝から開いている老舗セルフ店。“カレー”や“肉うどん”は要チェック。広々とした店内でゆっくりと楽しく讃岐うどんを満喫出来る。

朝3時までという深夜の名店は健在。全メニュー、ダシのうまさは飲み帰りでなくとも、わざわざ食べに行く価値あり。売り切れ次第閉店となるのでお早めに。

朝3時までという深夜の名店は健在。全メニュー、ダシのうまさは飲み帰りでなくとも、わざわざ食べに行く価値あり。売り切れ次第閉店となるのでお早めに。

一晩熟成させた麺は、ツルツルモチモチしていながら、しっかりコシが感じられる逸品。うどんやオプションはもちろん、丼等のメニューも充実。出勤前からお昼まで使い勝手の良い店だ。

一晩熟成させた麺は、ツルツルモチモチしていながら、しっかりコシが感じられる逸品。うどんやオプションはもちろん、丼等のメニューも充実。出勤前からお昼まで使い勝手の良い店だ。

“七宝亭だけの おいしい!”をモットーとする店。天ぷらはいつも揚げたてで、うどん以外にもオリジナルメニューがたくさん。“鶏の唐揚げ”と“天丼”はオンリーワンのおいしさだ。

“七宝亭だけの おいしい!”をモットーとする店。天ぷらはいつも揚げたてで、うどん以外にもオリジナルメニューがたくさん。“鶏の唐揚げ”と“天丼”はオンリーワンのおいしさだ。

香川の繁華街のうどん屋『五右衛門』。その名を轟かせた看板メニューが“カレーうどん”や“黒カレーうどん”だ。麺とスパイシーなカレーとのコラボレーションは絶妙。

香川の繁華街のうどん屋『五右衛門』。その名を轟かせた看板メニューが“カレーうどん”や“黒カレーうどん”だ。麺とスパイシーなカレーとのコラボレーションは絶妙。

県産小麦を自家配合した素朴な田舎うどんが、ぷりぷりのコシとツヤで大人気。ピーク時は長蛇の列になるけれど、納得の味を堪能せずしてさぬきうどんは語れないぞ。

県産小麦を自家配合した素朴な田舎うどんが、ぷりぷりのコシとツヤで大人気。ピーク時は長蛇の列になるけれど、納得の味を堪能せずしてさぬきうどんは語れないぞ。

玉数を申告してうどんを受け取り、天カスやネギで自分流にアレンジする製麺所タイプの店。カウンター席のほか、倉庫を改造した立ち食いスペースもある。

玉数を申告してうどんを受け取り、天カスやネギで自分流にアレンジする製麺所タイプの店。カウンター席のほか、倉庫を改造した立ち食いスペースもある。