ヘルシー&ビューティーな食文化を堪能

小豆島には、美容と健康に役立つ食材として人気が高いオリーブをはじめ、400年の歴史を誇る醤油や佃煮、そうめんなど、古くから自然と寄り添い育まれてきた豊かな食文化があります。美の基本は健康的な食生活から。島の美しい景色を見ながら食べる食事には、美容効果をアップさせてくれる癒しパワーも潜んでいるかもしれませんよ!
「不老長寿の薬」ともいわれる、ポリフェノールいっぱいの天然オリーブを満喫しよう!
  • 様々な料理に合う風味豊かなオリーブ

    様々な料理に合う風味豊かなオリーブ

血液サラサラ効果の高いオレイン酸を主成分とし、ポリフェノールやビタミンEといった抗酸化成分も豊富なオリーブオイルは、古くから「不老長寿の薬」と呼ばれ、美容や健康に関心のある人々の注目を集めている食材です。

小豆島には明治41年(1908)に苗木が輸入され、島の穏やかな地中海気候と農家の努力によって日本で初めてオリーブの栽培に成功したことから、日本のオリーブ発祥の地といわれています。平成20年(2008)に植栽100周年を迎え、現在ではオリーブオイルの他にも葉を使ったお茶や化粧品、オリーブエステなど、オリーブの恵みを満喫できるさまざまな製品やサービスを展開しています。
実は優れた健康食材!? 醤油のチカラ
  • 醤の郷を歩けば、醤油の香りが漂ってくる

    醤の郷を歩けば、醤油の香りが漂ってくる

大豆や小麦に麹を加えて造る醤油は、日本で古くから親しまれてきた発酵調味料。発酵食品は腸内の善玉菌に働きかけ、免疫力を高め美肌効果があることで注目されていますが、その他にも醤油に含まれるアミノ酸や香りの成分にも、高い健康効果があることが分かってきました。

小豆島の醤油は、400年の歴史を持つ伝統産業で、今も昔ながらの醤油蔵や、醤油を使って作る佃煮の工場が軒を連ねるエリアがあり、「醤の郷」と呼ばれています。芳ばしい醤油の香りに包まれながら、蔵の黒い板壁が続くノスタルジックな町並みを散策してみませんか。
日本3大そうめん産地の1つ
  • そうめんの門干し風景は小豆島の風物詩

    そうめんの門干し風景は小豆島の風物詩

日本3大そうめんの産地に数えられる小豆島の手延べそうめんは、豊かな風味とコシが自慢! 作りたての「生そうめん」が味わえるのも産地ならではの醍醐味です。