小豆島

豊かな自然に包まれ、心も身体も癒される旅へ

風光明媚な「オリーブの島」として知られる小豆島には、オリーブのほかにも醤油や佃煮、素麺といった、古くから島の自然に育まれてきた豊かな食文化があります。さらに、島ならではの美しい海岸線をはじめ、日本三大渓谷美の1つ「寒霞渓」など、心を揺さぶる見事な絶景スポットもいっぱい。美しい景色を眺めながら、美味しい食事を食べれば、心も身体もリセットされてリフレッシュ! そんなヘルシー&ビューティーな魅力が満載の癒しの楽園・小豆島へ出かけてみませんか?
400年の伝統を誇る醤油製造で知られ、
この100年間で国内随一のオリーブアイランドになった
小豆島は、ヘルシー&ビューティーな魅力あふれる癒しの楽園です!
高松港からフェリーで約1時間。「日本の地中海」と呼ばれる瀬戸内海に浮かぶ島々のなかで2番目に大きい小豆島は、1年を通じて温暖な気候に恵まれ、日本で初めてオリーブの栽培に成功しました。

青く穏やかな海と、真っ白な砂浜。そして、どこまでも続く空の下、夏には海水浴やシーカヤックなどのマリンスポーツを楽しむ観光客が大勢訪れるほか、潮の満ち引きで砂の道が現れる「エンジェルロード」など、周囲を海に囲まれた島ならではの人気スポットが満載です。

一方、日本三大渓谷美の1つにも数えられる「寒霞渓(かんかけい)」をはじめ、島の約7割を占める山間部では、荒々しい山肌と四季折々の自然美が織りなす絶景スポットが点在しており、古くから「小豆島八十八ヶ所めぐり」に訪れるお遍路さんたちの心を癒してきました。

また、島には400年の伝統を有し、4大産地の1つにも数えられる醤油づくりや、特産の醤油を活かして戦後始まった佃煮づくり、そして醤油と同じく400年の伝統を持つ手延べ素麺など、昔ながらの食文化が息づき、豊かな自然環境に育まれた海の幸、山の幸の味を引き立てます。

食べて、見て、歩いて、癒されるスポットが満載の小豆島は、ヘルシー&ビューティーな癒しの楽園。その魅力をぜひ体感してください。
大自然を感じることができる絶景スポット満載
  • 寒霞渓から瀬戸内海を望む

    寒霞渓から瀬戸内海を望む

海と山に囲まれた周囲144km、瀬戸内海で淡路島に次ぐ大きさの小豆島には、豊かな自然があふれ、風光明媚な見所が満載です。
島の恵みいっぱいのグルメ
  • 収穫間際のオリーブ

    収穫間際のオリーブ

小豆島には、美容と健康に役立つ食材として人気が高いオリーブをはじめ、400年の歴史を誇る醤油や佃煮、そうめんなど、古くから自然と寄り添い育まれてきた豊かな食文化があります。美の基本は健康的な食生活から。島の美しい景色を見ながら食べる食事には、美容効果をアップさせてくれる癒しパワーも潜んでいるかもしれませんよ!
心も体も。オリーブエステや島食材をふんだんに使った料理、温泉など、
癒されるスポット満載!
  • オリーブエステでキレイになろう!

    オリーブエステでキレイになろう!

ゆったりとした島時間が流れる小豆島は、癒しの楽園。美と健康に関心が高い方々に人気があるオリーブを使ったエステやグルメを堪能したら、仕上げは美肌の湯…極上の癒し旅で日頃の疲れをリセットして、女子力アップを目指しませんか。
島に点在するアート作品を巡る
  • 土庄港にある作品「太陽の贈り物」/チェ・ジョンファ(崔正化)

    土庄港にある作品「太陽の贈り物」/チェ・ジョンファ(崔正化)

瀬戸内国際芸術祭の会場にもなっている小豆島には、想像力を刺激してくれる楽しいアート作品が点在しています。そんなアート作品たちに触れれば、疲れた心もリフレッシュできるかもしれませんよ!
もう願いは決まりましたか?小豆島の自然のパワーを感じるスポット満載!
  • 大切な人と手をつないで渡ると幸せになれるという、エンジェルロード

    大切な人と手をつないで渡ると幸せになれるという、エンジェルロード

風光明媚な小豆島には、美しい自然が織りなすロマンチックなスポットがいっぱい! また、弘法大師ゆかりの古刹である島霊場には、神秘的な現象を生み出すパワースポットもあります。身も心も洗われるような「気」の流れを感じ、美しくなるための運気を上げてみませんか。
海も山も、小豆島はレジャーの宝庫
  • 仲間と楽しむシーカヤック

    仲間と楽しむシーカヤック

小豆島は県内きってのレジャーアイランド。瀬戸内海の青い海に映える白い砂浜のビーチは、マリンスポーツや海水浴のメッカとして毎年大勢の人が訪れます。その他にも、自然を満喫できるキャンプ場や、標高差317mの渓谷美が堪能できる寒霞渓のトレッキングなど、アクティブ派には嬉しいレジャースポットが盛りだくさんです。
島で育まれてきた伝統的な催しや独自の文化をご紹介
  • 中山農村歌舞伎

    中山農村歌舞伎

古代より「あずきじま」の名称で律令体制下に組み込まれ、中世以降も瀬戸内の海運の要所として栄えた小豆島は、豊かな歴史や文化が今も脈々と受け継がれています。江戸時代から続く伝統芸能や、昭和レトロな面影を残す町並み、そして最先端の現代アートまで、文系女子にも嬉しい見所が満載です。