エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
所要時間を選択
現在の検索条件:
  • 一般店×
  • 2022年1月
               
             
  • 2022年2月
       
             
  • 2022年3月
       
       
  • 2022年4月
             
  • 2022年5月
           
  • 2022年6月
         
       
  • 2022年7月
             
               
  • 2022年8月
     
         
  • 2022年9月
           
     
  • 2022年10月
               
             
  • 2022年11月
       
         
  • 2022年12月
           
49ありました

牟礼町の名所とも言うべき風格の、庭付きお屋敷型うどん店。広い店内の座敷席、テーブル席もいいけれど、天気のいい日には表の縁台で青空うどんをぜひ。

牟礼町の名所とも言うべき風格の、庭付きお屋敷型うどん店。広い店内の座敷席、テーブル席もいいけれど、天気のいい日には表の縁台で青空うどんをぜひ。

徳利に入れられた香り高いダシとともに楽しむ“釜あげ”は、表面はとろけそうに滑らかなのにしっかりとしたコシに驚かされる。麺、ダシともにじっくりと味わいたいお店だ。

徳利に入れられた香り高いダシとともに楽しむ“釜あげ”は、表面はとろけそうに滑らかなのにしっかりとしたコシに驚かされる。麺、ダシともにじっくりと味わいたいお店だ。

絶品の“ひや天おろし”はここが元祖。夏季メニューの“肉冷し”、“梅冷し”、冬季限定の“鍋焼き”もお見逃しなく。お土産の半生麺はインターネットでも購入できる。

絶品の“ひや天おろし”はここが元祖。夏季メニューの“肉冷し”、“梅冷し”、冬季限定の“鍋焼き”もお見逃しなく。お土産の半生麺はインターネットでも購入できる。

秘伝のダシで食べる恍惚の“釜揚げうどん”が有名。建物は江戸末期の古民家を移築したもので、ロケーションも抜群だ。おすすめは、たらいに入った名物の“家族うどん”。

秘伝のダシで食べる恍惚の“釜揚げうどん”が有名。建物は江戸末期の古民家を移築したもので、ロケーションも抜群だ。おすすめは、たらいに入った名物の“家族うどん”。

“しょうゆうどん”を立派なメニューに仕上げた元祖がここ。大きな大根を客が自分でおろし金でおろすというスタイルが、県外から来る人にも大人気だ。

“しょうゆうどん”を立派なメニューに仕上げた元祖がここ。大きな大根を客が自分でおろし金でおろすというスタイルが、県外から来る人にも大人気だ。

営業は朝3時までという深夜の名店。ダシのうまさは出色で、全てのメニューが飲んだ帰りでなくとも、わざわざ食べに行く価値あり。売り切れ次第閉店となるのでお早めに。

営業は朝3時までという深夜の名店。ダシのうまさは出色で、全てのメニューが飲んだ帰りでなくとも、わざわざ食べに行く価値あり。売り切れ次第閉店となるのでお早めに。

きちんと発酵・熟成された調味料と、自然素材をふんだんに使ったダシを大切にしているお店。うどんは北海道産小麦100%の手打ち麺。日本料理職人の手による季節限定メニューも豊富。

きちんと発酵・熟成された調味料と、自然素材をふんだんに使ったダシを大切にしているお店。うどんは北海道産小麦100%の手打ち麺。日本料理職人の手による季節限定メニューも豊富。

丼に入りきらないくらい大きなオリジナル・木の葉型の天ぷらがのった“天ぷらうどん”、麺が見えない巨大アゲ入りの“きつねうどん”。そのご本家がこちらだ。

丼に入りきらないくらい大きなオリジナル・木の葉型の天ぷらがのった“天ぷらうどん”、麺が見えない巨大アゲ入りの“きつねうどん”。そのご本家がこちらだ。

飾り気のないうどん本来の旨さを、麺とダシだけで堪能できる。厳選した素材を使用したサイドメニューの“御寿司”や“おにぎり”、“おでん”も人気だ。

飾り気のないうどん本来の旨さを、麺とダシだけで堪能できる。厳選した素材を使用したサイドメニューの“御寿司”や“おにぎり”、“おでん”も人気だ。

マルナカ琴平店の隣にあるお店。“天ざるうどん”(748円)や、“かま天”(825円)、“カレーうどん”など、おすすめメニューは多数ある中、人気はやっぱり“ざるぶっかけ”。

マルナカ琴平店の隣にあるお店。“天ざるうどん”(748円)や、“かま天”(825円)、“カレーうどん”など、おすすめメニューは多数ある中、人気はやっぱり“ざるぶっかけ”。

店自慢の“宮崎県産地鶏の天ぷら”は、鶏も衣もうどんとの相性にこだわり抜いた逸品。食べる人が感じる「おいしい」を大切に、ダシに使うカツオや昆布も吟味している。

店自慢の“宮崎県産地鶏の天ぷら”は、鶏も衣もうどんとの相性にこだわり抜いた逸品。食べる人が感じる「おいしい」を大切に、ダシに使うカツオや昆布も吟味している。

細長いカウンターは常に満席状態の人気店。「いつもお待たせしてすいません」とは、店主からのお詫びのメッセージ。自宅で『はりや』の味が楽しめるお土産うどんもオススメだ。

細長いカウンターは常に満席状態の人気店。「いつもお待たせしてすいません」とは、店主からのお詫びのメッセージ。自宅で『はりや』の味が楽しめるお土産うどんもオススメだ。

古い店舗を改装した、まるでカフェのようなオシャレな出で立ち。うどんは“かけ”や“つけ”、天ぷらのセットなどシンプルだ。天ぷらはとりちく、げそちく、ちくたまから選べる。

古い店舗を改装した、まるでカフェのようなオシャレな出で立ち。うどんは“かけ”や“つけ”、天ぷらのセットなどシンプルだ。天ぷらはとりちく、げそちく、ちくたまから選べる。

北海道産の[キタホナミ]と[さぬきの夢]をブレンドした麺など、素材選びやその味付けに独自のこだわりを持つ。1日15食限定のセットメニューは620円とお得。

北海道産の[キタホナミ]と[さぬきの夢]をブレンドした麺など、素材選びやその味付けに独自のこだわりを持つ。1日15食限定のセットメニューは620円とお得。

明治より創業百余年。自家製のアン餅が入った“アン雑煮”は看板メニューの一つだ。寒期限定の白味噌仕立ても人気。きつねずしや赤飯、エビおこわもお忘れなく。

明治より創業百余年。自家製のアン餅が入った“アン雑煮”は看板メニューの一つだ。寒期限定の白味噌仕立ても人気。きつねずしや赤飯、エビおこわもお忘れなく。

詫間から高瀬へ移転。全て手作業で作るうどんは、ぐんと伸びる弾力と力強いコシ、ツヤツヤの表面を持つ極上品。揚げ立て巨大アナゴの天や“肉かす”などの個性的なメニューも魅力だ。

詫間から高瀬へ移転。全て手作業で作るうどんは、ぐんと伸びる弾力と力強いコシ、ツヤツヤの表面を持つ極上品。揚げ立て巨大アナゴの天や“肉かす”などの個性的なメニューも魅力だ。

ゆがきたてを食べたい時は、遠慮無く頼めばいつでもゆがきたてのうどんを出してくれる。漬け物のサービスも存続していてサービス満点のお店だ。

ゆがきたてを食べたい時は、遠慮無く頼めばいつでもゆがきたてのうどんを出してくれる。漬け物のサービスも存続していてサービス満点のお店だ。

香川の繁華街のうどん屋『五右衛門』。その名を轟かせた看板メニューが“カレーうどん”や“黒カレーうどん”だ。麺とスパイシーなカレーとの絶妙なコラボレーションを堪能しよう。

香川の繁華街のうどん屋『五右衛門』。その名を轟かせた看板メニューが“カレーうどん”や“黒カレーうどん”だ。麺とスパイシーなカレーとの絶妙なコラボレーションを堪能しよう。

まろやかな甘味を感じるやさしいダシが丹精込めて作られた程良い太さの麺にしっかりと絡み合い、口の中でツルンと跳ねる。「お客さんと話すのが好き」と語る 主人の人柄も魅力。

まろやかな甘味を感じるやさしいダシが丹精込めて作られた程良い太さの麺にしっかりと絡み合い、口の中でツルンと跳ねる。「お客さんと話すのが好き」と語る 主人の人柄も魅力。

「なんといっても素材が一番」という言葉に裏付けされたうどんは、ムチムチッとした食感と、なめらかな喉ごしが自慢。“野菜天ざる”(550円)は見逃せないメニューだ。

「なんといっても素材が一番」という言葉に裏付けされたうどんは、ムチムチッとした食感と、なめらかな喉ごしが自慢。“野菜天ざる”(550円)は見逃せないメニューだ。