エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
所要時間を選択
現在の検索条件:
  • 一般店×
  • 2020年4月
         
       
  • 2020年5月
             
               
  • 2020年6月
     
           
  • 2020年7月
         
     
  • 2020年8月
               
             
  • 2020年9月
       
         
  • 2020年10月
           
  • 2020年11月
             
  • 2020年12月
       
       
  • 2021年1月
             
               
  • 2021年2月
     
               
  • 2021年3月
     
         
44ありました

徳利に入れられた香り高いダシとともに楽しむ“釜あげ”は、表面はとろけそうに滑らかなのにしっかりとしたコシに驚かされる。麺、ダシともにじっくりと味わいたいお店だ。

徳利に入れられた香り高いダシとともに楽しむ“釜あげ”は、表面はとろけそうに滑らかなのにしっかりとしたコシに驚かされる。麺、ダシともにじっくりと味わいたいお店だ。

餅のように練り上げる技法と、地下水・ミネラル塩を使った超多加水麺は、口当たりが良く強いコシともちもち感が味わえる。名物の“釜抜きうどん”はまさにうどんのカルボナーラだ。

餅のように練り上げる技法と、地下水・ミネラル塩を使った超多加水麺は、口当たりが良く強いコシともちもち感が味わえる。名物の“釜抜きうどん”はまさにうどんのカルボナーラだ。

朝3時までという深夜の名店は健在。全メニュー、ダシのうまさは飲み帰りでなくとも、わざわざ食べに行く価値あり。売り切れ次第閉店となるのでお早めに。

朝3時までという深夜の名店は健在。全メニュー、ダシのうまさは飲み帰りでなくとも、わざわざ食べに行く価値あり。売り切れ次第閉店となるのでお早めに。

“七宝亭だけの おいしい!”をモットーとする店。天ぷらはいつも揚げたてで、うどん以外にもオリジナルメニューがたくさん。“鶏の唐揚げ”と“天丼”はオンリーワンのおいしさだ。

“七宝亭だけの おいしい!”をモットーとする店。天ぷらはいつも揚げたてで、うどん以外にもオリジナルメニューがたくさん。“鶏の唐揚げ”と“天丼”はオンリーワンのおいしさだ。

香川の繁華街のうどん屋『五右衛門』。その名を轟かせた看板メニューが“カレーうどん”や“黒カレーうどん”だ。麺とスパイシーなカレーとのコラボレーションは絶妙。

香川の繁華街のうどん屋『五右衛門』。その名を轟かせた看板メニューが“カレーうどん”や“黒カレーうどん”だ。麺とスパイシーなカレーとのコラボレーションは絶妙。

高松西インターから東へ50メートル。107席のゆったりした店内。客席からはガラス張りになった厨房も覗けて、讃岐うどん初心者の旅行者にも好評。

高松西インターから東へ50メートル。107席のゆったりした店内。客席からはガラス張りになった厨房も覗けて、讃岐うどん初心者の旅行者にも好評。

マルナカ琴平店の隣にあるお店。“天ざるうどん”(680円)や、“かま天”(750円)、“カレーうどん”など、おすすめメニューは多数ある中、人気はやっぱり“ざるぶっかけ”。

マルナカ琴平店の隣にあるお店。“天ざるうどん”(680円)や、“かま天”(750円)、“カレーうどん”など、おすすめメニューは多数ある中、人気はやっぱり“ざるぶっかけ”。

季節によって麺とダシがよく絡むよう、麺の太さを微調整するという大将の細やかな心配り! その微細な麺の違いを年間通して実感してみて。

季節によって麺とダシがよく絡むよう、麺の太さを微調整するという大将の細やかな心配り! その微細な麺の違いを年間通して実感してみて。

「さぬきの夢」こだわり店に認証されているこちら。手打ちの味を語り受け継いだ麺業三代90年の技と、「さぬきの夢」が出会って生まれる艶やかな麺を堪能してほしい。

「さぬきの夢」こだわり店に認証されているこちら。手打ちの味を語り受け継いだ麺業三代90年の技と、「さぬきの夢」が出会って生まれる艶やかな麺を堪能してほしい。

お客が注文してから麺を茹でたり天ぷらを揚げたりするので、常に出来立てを賞味できる。だから混んでいれば少し待つことも。草壁港の正面にある店だ。

お客が注文してから麺を茹でたり天ぷらを揚げたりするので、常に出来立てを賞味できる。だから混んでいれば少し待つことも。草壁港の正面にある店だ。

丼に入りきらないくらい大きなオリジナル・木の葉型の天ぷらが乗った“天ぷらうどん”、麺が見えない巨大アゲ入りの“きつねうどん”。そのご本家がこちらだ。

丼に入りきらないくらい大きなオリジナル・木の葉型の天ぷらが乗った“天ぷらうどん”、麺が見えない巨大アゲ入りの“きつねうどん”。そのご本家がこちらだ。

斬新なローマ字の店名が、いい意味でらしくないうどん屋。独特の食感が楽しめる“たこちくわ”や“えびちくわ”を使ったうどんが特におすすめ。気まぐれメニューもあり、Twitterも必見。

斬新なローマ字の店名が、いい意味でらしくないうどん屋。独特の食感が楽しめる“たこちくわ”や“えびちくわ”を使ったうどんが特におすすめ。気まぐれメニューもあり、Twitterも必見。

秘伝のダシで食べる恍惚の“釜揚げうどん”が有名。江戸末期の民家を復原した建物で、ロケーションも抜群だ。たらいに入った名物“家族うどん”がおすすめ。

秘伝のダシで食べる恍惚の“釜揚げうどん”が有名。江戸末期の民家を復原した建物で、ロケーションも抜群だ。たらいに入った名物“家族うどん”がおすすめ。

車椅子専用トイレやベビーシートが完備され、幅広い層に親しまれている。看板メニューは、具だくさんで体が温もる“鍋焼うどん”や“牛鍋うどん”だ。

車椅子専用トイレやベビーシートが完備され、幅広い層に親しまれている。看板メニューは、具だくさんで体が温もる“鍋焼うどん”や“牛鍋うどん”だ。

昔ながらの丸みを帯びたもちもちのうどんは、カツオダシと相性抜群。揚げたてアツアツの天ぷらが食べられるのも魅力的だ。おすすめの“鳥天”を一度味わってみて。

昔ながらの丸みを帯びたもちもちのうどんは、カツオダシと相性抜群。揚げたてアツアツの天ぷらが食べられるのも魅力的だ。おすすめの“鳥天”を一度味わってみて。

田舎風釜揚げうどんの元祖とも言うべき老舗。麺もさることながら、つけダシは讃岐の釜揚げダシの原点とも言うべきうまさで、飲んでしまう人も多い。

田舎風釜揚げうどんの元祖とも言うべき老舗。麺もさることながら、つけダシは讃岐の釜揚げダシの原点とも言うべきうまさで、飲んでしまう人も多い。

玉子、梅干、鳴門の漁師から仕入れるわかめなど、どんな食材もトッピングしてくれる懐の深さが人気の店。“松茸うどん”といった季節メニューもあります。

玉子、梅干、鳴門の漁師から仕入れるわかめなど、どんな食材もトッピングしてくれる懐の深さが人気の店。“松茸うどん”といった季節メニューもあります。

“冷”はもちろん“温”でも歯ごたえを充分に楽しめる麺のコシが魅力。一般店ならではの豊富なメニューも見逃せない! 空港近くで20時まで開いているのもうれしい。

“冷”はもちろん“温”でも歯ごたえを充分に楽しめる麺のコシが魅力。一般店ならではの豊富なメニューも見逃せない! 空港近くで20時まで開いているのもうれしい。

ゆがきたてを食べたい時は、遠慮無く頼めばいつでもゆがきたてのうどんを出してくれる。漬け物のサービスも存続していてサービス満点のお店だ。

ゆがきたてを食べたい時は、遠慮無く頼めばいつでもゆがきたてのうどんを出してくれる。漬け物のサービスも存続していてサービス満点のお店だ。

古い店舗を改装した、まるでカフェのようなオシャレな出で立ち。うどんは“かけ”や“つけ”、天ぷらのセットなどシンプルだ。天ぷらはとりちく、げそちく、ちくたまから選べる。

古い店舗を改装した、まるでカフェのようなオシャレな出で立ち。うどんは“かけ”や“つけ”、天ぷらのセットなどシンプルだ。天ぷらはとりちく、げそちく、ちくたまから選べる。