エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
所要時間を選択
現在の検索条件:
  • 一般店×
  • 2023年6月
           
     
  • 2023年7月
               
             
  • 2023年8月
       
       
  • 2023年9月
             
  • 2023年10月
           
  • 2023年11月
         
       
  • 2023年12月
             
               
  • 2024年1月
     
         
  • 2024年2月
           
       
  • 2024年3月
             
               
  • 2024年4月
     
           
  • 2024年5月
         
     
38ありました

牟礼町の名所とも言うべき風格の、庭付きお屋敷型うどん店。広い店内の座敷席、テーブル席もいいけれど、天気のいい日には表の縁台で青空うどんをぜひ。

牟礼町の名所とも言うべき風格の、庭付きお屋敷型うどん店。広い店内の座敷席、テーブル席もいいけれど、天気のいい日には表の縁台で青空うどんをぜひ。

徳利に入れられた香り高いダシとともに楽しむ“釜あげ”は、表面はとろけそうに滑らかなのにしっかりとしたコシに驚かされる。麺、ダシともにじっくりと味わいたいお店だ。

徳利に入れられた香り高いダシとともに楽しむ“釜あげ”は、表面はとろけそうに滑らかなのにしっかりとしたコシに驚かされる。麺、ダシともにじっくりと味わいたいお店だ。

秘伝のダシで食べる恍惚の“釜揚げうどん”が有名。建物は江戸末期の古民家を移築したもので、ロケーションも抜群だ。おすすめは、たらいに入った名物の“家族うどん”。

秘伝のダシで食べる恍惚の“釜揚げうどん”が有名。建物は江戸末期の古民家を移築したもので、ロケーションも抜群だ。おすすめは、たらいに入った名物の“家族うどん”。

絶品の“ひや天おろし”はここが元祖。夏季メニューの“肉冷し”、“梅冷し”もお見逃しなく。お土産の半生麺はインターネットでも購入できる。

絶品の“ひや天おろし”はここが元祖。夏季メニューの“肉冷し”、“梅冷し”もお見逃しなく。お土産の半生麺はインターネットでも購入できる。

うどん屋らしからぬメルヘンな空間を醸し出すお店。おすすめメニューは、もちもちした食感とコシの強さ、そして滑らかさが印象的な麺が一番よく分かる“ぶっかけ”だ。

うどん屋らしからぬメルヘンな空間を醸し出すお店。おすすめメニューは、もちもちした食感とコシの強さ、そして滑らかさが印象的な麺が一番よく分かる“ぶっかけ”だ。

細長いカウンターは常に満席状態の人気店。「いつもお待たせしてすいません」とは、店主からのお詫びのメッセージ。自宅で『はりや』の味が楽しめるお土産うどんもオススメだ。

細長いカウンターは常に満席状態の人気店。「いつもお待たせしてすいません」とは、店主からのお詫びのメッセージ。自宅で『はりや』の味が楽しめるお土産うどんもオススメだ。

珠玉の細めの“伸びるコシ”の麺はそのままに、大阪店で培った技を融合して讃岐うどんの新境地を開拓。おすすめの"オリーブ豚讃岐つけ麺"は、つけダシを釜湯で割ると2度美味しい逸品だ。

珠玉の細めの“伸びるコシ”の麺はそのままに、大阪店で培った技を融合して讃岐うどんの新境地を開拓。おすすめの"オリーブ豚讃岐つけ麺"は、つけダシを釜湯で割ると2度美味しい逸品だ。

香川の繁華街のうどん屋『五右衛門』。その名を轟かせた看板メニューが“カレーうどん”や“黒カレーうどん”だ。麺とスパイシーなカレーとの絶妙なコラボレーションを堪能しよう。

香川の繁華街のうどん屋『五右衛門』。その名を轟かせた看板メニューが“カレーうどん”や“黒カレーうどん”だ。麺とスパイシーなカレーとの絶妙なコラボレーションを堪能しよう。

明治より創業百余年。自家製のアン餅が入った“アン雑煮”は看板メニューの一つだ。寒期限定の白味噌仕立ても人気。きつねずしや赤飯、エビおこわもお忘れなく。

明治より創業百余年。自家製のアン餅が入った“アン雑煮”は看板メニューの一つだ。寒期限定の白味噌仕立ても人気。きつねずしや赤飯、エビおこわもお忘れなく。

しなやかさと適度な弾力を兼ね備えた麺は、気付くと丼が空になっているほど抜群ののど越し。じわりと後から旨みが効いてくる上品なダシも秀逸。お供には"はも天"をぜひどうぞ。

しなやかさと適度な弾力を兼ね備えた麺は、気付くと丼が空になっているほど抜群ののど越し。じわりと後から旨みが効いてくる上品なダシも秀逸。お供には"はも天"をぜひどうぞ。

うどん作りはすべて手作業。北海道産の粉を含む5種類の小麦粉を独自にブレンドし、味わいよくコシもある“つるっとした”うどんになっている。

うどん作りはすべて手作業。北海道産の粉を含む5種類の小麦粉を独自にブレンドし、味わいよくコシもある“つるっとした”うどんになっている。

季節によって麺とダシがよく絡むよう、麺の太さを微調整するという大将の細やかな心配りがうれしい。その微細な麺の違いを年間通して実感してみて。

季節によって麺とダシがよく絡むよう、麺の太さを微調整するという大将の細やかな心配りがうれしい。その微細な麺の違いを年間通して実感してみて。

飾り気のないうどん本来の旨さを、麺とダシだけで堪能できる。厳選した素材を使用したサイドメニューの“御寿司”や“おにぎり”、“おでん”も人気だ。

飾り気のないうどん本来の旨さを、麺とダシだけで堪能できる。厳選した素材を使用したサイドメニューの“御寿司”や“おにぎり”、“おでん”も人気だ。

香川県主催[さぬきの夢]うどん技能グランプリで、度々入賞する実力派。「美味しい」との噂が口コミで広がり、多くのお客で行列が出来る名店。旬の食材ともちもちのうどんを是非。

香川県主催[さぬきの夢]うどん技能グランプリで、度々入賞する実力派。「美味しい」との噂が口コミで広がり、多くのお客で行列が出来る名店。旬の食材ともちもちのうどんを是非。

麺は茹でたてモチモチ。伊吹イリコと関西風の2種類から選べる”かけ”や”きつね”のダシは、どちらも無添加。平日の”天ぷら定食”も人気だ。

麺は茹でたてモチモチ。伊吹イリコと関西風の2種類から選べる”かけ”や”きつね”のダシは、どちらも無添加。平日の”天ぷら定食”も人気だ。

丼に入りきらないくらい大きなオリジナル・木の葉型の天ぷらがのった“天ぷらうどん”、麺が見えない巨大アゲ入りの“きつねうどん”。そのご本家がこちらだ。

丼に入りきらないくらい大きなオリジナル・木の葉型の天ぷらがのった“天ぷらうどん”、麺が見えない巨大アゲ入りの“きつねうどん”。そのご本家がこちらだ。

“黄金うどん”とは釜玉のこと。生卵を銭形に例えて「お金が貯まるように」という意味を込めたメニューだ。とろっとしたルーが麺に絡む絶品の“カレーうどん”も人気。

“黄金うどん”とは釜玉のこと。生卵を銭形に例えて「お金が貯まるように」という意味を込めたメニューだ。とろっとしたルーが麺に絡む絶品の“カレーうどん”も人気。

観音寺の下町のうどん屋がそのまま残ったようなたたずまい。細めのうどんとまろやかなダシのバランスは、とっても体に優しそうだ。

観音寺の下町のうどん屋がそのまま残ったようなたたずまい。細めのうどんとまろやかなダシのバランスは、とっても体に優しそうだ。

路地の奥にある隠れ家のようなお店。常に出来立てが食べられるうどんは、ぐんとのびる細麺。カツオと昆布から取った香り高いダシとの組み合わせを、様々なメニューで味わってみたい。

路地の奥にある隠れ家のようなお店。常に出来立てが食べられるうどんは、ぐんとのびる細麺。カツオと昆布から取った香り高いダシとの組み合わせを、様々なメニューで味わってみたい。

「なんといっても素材が一番」という言葉に裏付けされたうどんは、ムチムチッとした食感と、なめらかな喉ごしが自慢。“野菜天ざる”(550円)は見逃せないメニューだ。

「なんといっても素材が一番」という言葉に裏付けされたうどんは、ムチムチッとした食感と、なめらかな喉ごしが自慢。“野菜天ざる”(550円)は見逃せないメニューだ。

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。

同意する