エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
所要時間を選択
現在の検索条件:
  • 香川県中部(瀬戸大橋、丸亀城、金刀比羅宮など)×
  • 2021年7月
           
  • 2021年8月
           
  • 2021年9月
         
       
  • 2021年10月
             
               
  • 2021年11月
     
           
  • 2021年12月
         
     
  • 2022年1月
               
             
  • 2022年2月
       
             
  • 2022年3月
       
       
  • 2022年4月
             
  • 2022年5月
           
  • 2022年6月
         
       
39ありました

まさに「山に入っていく!」というアプローチに驚かされる、[宮武ファミリー]の一軒。薪で焚き、おいしい水で締めるうどんと、特製のイリコダシが絶品だ。

まさに「山に入っていく!」というアプローチに驚かされる、[宮武ファミリー]の一軒。薪で焚き、おいしい水で締めるうどんと、特製のイリコダシが絶品だ。

2010年に旧店舗から南へ約800m移転したぶっかけの名店『山下うどん』。“ぶっかけの冷”は、まさに恐るべきコシ。口の中で跳ねる麺が楽しめる。

2010年に旧店舗から南へ約800m移転したぶっかけの名店『山下うどん』。“ぶっかけの冷”は、まさに恐るべきコシ。口の中で跳ねる麺が楽しめる。

今や製麺所型うどん店の最有名店。“釜玉”は言わずと知れた名物だが(ダシを少しかけるのが美味しい)、山芋をかけた“月見山”も絶品だ。色々試してみよう。

今や製麺所型うどん店の最有名店。“釜玉”は言わずと知れた名物だが(ダシを少しかけるのが美味しい)、山芋をかけた“月見山”も絶品だ。色々試してみよう。

畑からネギを取ってくる(現在は切ったネギを用意している)ことで知られる『なかむら』。グミのようと称されるうどんはソフトな口当たりと伸びるようなコシを兼ね備えた麺だ。

畑からネギを取ってくる(現在は切ったネギを用意している)ことで知られる『なかむら』。グミのようと称されるうどんはソフトな口当たりと伸びるようなコシを兼ね備えた麺だ。

琴南の山奥の、今や“小さな観光地”とも言うべき名店。ダシはなく、醤油と酢とネギ、これに自家製青唐辛子漬けをアレンジして食べるうどんだ。

琴南の山奥の、今や“小さな観光地”とも言うべき名店。ダシはなく、醤油と酢とネギ、これに自家製青唐辛子漬けをアレンジして食べるうどんだ。

徳利に入れられた香り高いダシとともに楽しむ“釜あげ”は、表面はとろけそうに滑らかなのにしっかりとしたコシに驚かされる。麺、ダシともにじっくりと味わいたいお店だ。

徳利に入れられた香り高いダシとともに楽しむ“釜あげ”は、表面はとろけそうに滑らかなのにしっかりとしたコシに驚かされる。麺、ダシともにじっくりと味わいたいお店だ。

“しょうゆうどん”を立派なメニューに仕上げた元祖がここ。大きな大根を客が自分でおろし金でおろすというスタイルが、県外から来る人にも大人気だ。

“しょうゆうどん”を立派なメニューに仕上げた元祖がここ。大きな大根を客が自分でおろし金でおろすというスタイルが、県外から来る人にも大人気だ。

"ブラタモリ"の香川ロケで、タモリさんが訪れた店。全行程を機械に一切頼らず仕上げるうどんは、細目なのにしっかりしたコシがある。麺が程良く捻れているのもポイントだ。

"ブラタモリ"の香川ロケで、タモリさんが訪れた店。全行程を機械に一切頼らず仕上げるうどんは、細目なのにしっかりしたコシがある。麺が程良く捻れているのもポイントだ。

絶品の“ひや天おろし”はここが元祖。夏季メニューの“肉冷し”、“梅冷し”、冬季限定の“鍋焼き”もお見逃しなく。お土産の半生麺はインターネットでも購入できる。

絶品の“ひや天おろし”はここが元祖。夏季メニューの“肉冷し”、“梅冷し”、冬季限定の“鍋焼き”もお見逃しなく。お土産の半生麺はインターネットでも購入できる。

県産小麦を自家配合した素朴な田舎うどんが、ぷりぷりのコシとツヤで大人気。ピーク時は長蛇の列になるけれど、この味を堪能せずしてさぬきうどんは語れないぞ。

県産小麦を自家配合した素朴な田舎うどんが、ぷりぷりのコシとツヤで大人気。ピーク時は長蛇の列になるけれど、この味を堪能せずしてさぬきうどんは語れないぞ。

これぞ究極の製麺所うどん。看板もない、まんま製麺場の中で醤油だけをかけて食べるうどんはたまらない美味しさ。車で行く場合は、近所迷惑にならないよう注意しよう。

これぞ究極の製麺所うどん。看板もない、まんま製麺場の中で醤油だけをかけて食べるうどんはたまらない美味しさ。車で行く場合は、近所迷惑にならないよう注意しよう。

ハンパなイリコダシではありません。ダシの鍋には煮干しが一杯沈んでいて、ひしゃくでかき混ぜて“煮干し入りダシ”をかける客もいるぞ。

ハンパなイリコダシではありません。ダシの鍋には煮干しが一杯沈んでいて、ひしゃくでかき混ぜて“煮干し入りダシ”をかける客もいるぞ。

昼時1時間のみという、恐らく県内で一番営業時間の短いうどん屋。これもお客さんに出来たての麺を味わって欲しいという店主の強いこだわりから。

昼時1時間のみという、恐らく県内で一番営業時間の短いうどん屋。これもお客さんに出来たての麺を味わって欲しいという店主の強いこだわりから。

丸亀の超人気店。「毎日が修業」と言う大将は、昔ながらの製法で個性ある伝統うどんを守る。大将の夢は「いろいろある」そうだ。(料金は変更になる場合あり)

丸亀の超人気店。「毎日が修業」と言う大将は、昔ながらの製法で個性ある伝統うどんを守る。大将の夢は「いろいろある」そうだ。(料金は変更になる場合あり)

“釜あげうどん”や大きな芝エビのかき揚げが人気メニュー。製麺場にどんと構える、薪で炊く年季の入った釜は、一見の価値ありだ。

“釜あげうどん”や大きな芝エビのかき揚げが人気メニュー。製麺場にどんと構える、薪で炊く年季の入った釜は、一見の価値ありだ。

マルナカ琴平店の隣にあるお店。“天ざるうどん”(748円)や、“かま天”(825円)、“カレーうどん”など、おすすめメニューは多数ある中、人気はやっぱり“ざるぶっかけ”。

マルナカ琴平店の隣にあるお店。“天ざるうどん”(748円)や、“かま天”(825円)、“カレーうどん”など、おすすめメニューは多数ある中、人気はやっぱり“ざるぶっかけ”。

足でしっかり踏まれたうどんは弾力抜群。うどん玉を買いに来る人も多く「ここのうどんでないと子どもが食べん」とか「次の日でもコシがある」と地元の常連さんたちのお墨付き。

足でしっかり踏まれたうどんは弾力抜群。うどん玉を買いに来る人も多く「ここのうどんでないと子どもが食べん」とか「次の日でもコシがある」と地元の常連さんたちのお墨付き。

大将のイチオシは“しょうゆ”。国産小麦を使った、コシが強くツヤツヤの麺と特製ダシ醤油の組み合わせが抜群だ。店は綾川町のかなり山の中だが、わざわざ来て良かったと思わせる味。

大将のイチオシは“しょうゆ”。国産小麦を使った、コシが強くツヤツヤの麺と特製ダシ醤油の組み合わせが抜群だ。店は綾川町のかなり山の中だが、わざわざ来て良かったと思わせる味。