志々島

ししじま
 

島のシンボルは樹齢1200年以上といわれる大楠

島の人口は約20人。島の周囲は3.8km、面積は0.74km。島のシンボルは樹齢1200年以上といわれる大楠で、県指定の天然記念物です。島の名前は、十握(とつか)剣を納めているため「神霊島」、京都の紫宸殿に似ているので「紫宸島」、西行法師が「獅々に似たる島、獅々島」と名付けたなど諸説あります。
映画「男はつらいよ寅次郎の縁談」「機関車先生」のロケ地にもなりました。
【みどころ】大楠、大楠の近くに咲くウバユリ(7月~8月頃が見頃)、横尾の辻、利益(りやく)院、十握(とつか)神社

※志々島は坂道や階段が多く、お店がないので歩きやすい靴で、飲み物を準備してお出かけください。夏は、蚊が発生しますので、長袖・長ズボンで虫よけスプレーをお忘れなく。

住所 香川県三豊市詫間町志々島
電話番号 0875-56-5880(三豊市観光協会)
アクセス三豊市詫間町 宮の下港より約20分
粟島汽船:0875-83-3204
ウェブサイト 公式サイトを見る