エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
所要時間を選択
現在の検索条件:
  • 高松市周辺(栗林公園、屋島、直島など)×
  • 2021年12月
         
     
  • 2022年1月
               
             
  • 2022年2月
       
             
  • 2022年3月
       
       
  • 2022年4月
             
  • 2022年5月
           
  • 2022年6月
         
       
  • 2022年7月
             
               
  • 2022年8月
     
         
  • 2022年9月
           
     
  • 2022年10月
               
             
  • 2022年11月
       
         
41ありました

県庁裏の超人気老舗セルフ店。自分で麺を温め、ダシをかけ、自分でトッピングするセルフの典型スタイルが県外客にも大人気。60種の天ぷら類がずらりと並ぶ様は壮観だ。

県庁裏の超人気老舗セルフ店。自分で麺を温め、ダシをかけ、自分でトッピングするセルフの典型スタイルが県外客にも大人気。60種の天ぷら類がずらりと並ぶ様は壮観だ。

秘伝のダシで食べる恍惚の“釜揚げうどん”が有名。建物は江戸末期の古民家を移築したもので、ロケーションも抜群だ。おすすめは、たらいに入った名物の“家族うどん”。

秘伝のダシで食べる恍惚の“釜揚げうどん”が有名。建物は江戸末期の古民家を移築したもので、ロケーションも抜群だ。おすすめは、たらいに入った名物の“家族うどん”。

営業は朝3時までという深夜の名店。ダシのうまさは出色で、全てのメニューが飲んだ帰りでなくとも、わざわざ食べに行く価値あり。売り切れ次第閉店となるのでお早めに。

営業は朝3時までという深夜の名店。ダシのうまさは出色で、全てのメニューが飲んだ帰りでなくとも、わざわざ食べに行く価値あり。売り切れ次第閉店となるのでお早めに。

牟礼町の名所とも言うべき風格の、庭付きお屋敷型うどん店。広い店内の座敷席、テーブル席もいいけれど、天気のいい日には表の縁台で青空うどんをぜひ。

牟礼町の名所とも言うべき風格の、庭付きお屋敷型うどん店。広い店内の座敷席、テーブル席もいいけれど、天気のいい日には表の縁台で青空うどんをぜひ。

“実演天ぷら揚げ”の超人気セルフ。有名な半熟ゆで卵の天ぷらだけでなく、サクサクのコロモに包まれたちくわも各種野菜天も、どれも絶品だ。半玉は180円。

“実演天ぷら揚げ”の超人気セルフ。有名な半熟ゆで卵の天ぷらだけでなく、サクサクのコロモに包まれたちくわも各種野菜天も、どれも絶品だ。半玉は180円。

常に出来たてを食べてもらうため、茹でてから10分以上経ったうどんは出さないのだそう。“昨日よりも美味しいうどん”を作ることが大将のモットーだ。

常に出来たてを食べてもらうため、茹でてから10分以上経ったうどんは出さないのだそう。“昨日よりも美味しいうどん”を作ることが大将のモットーだ。

揚げたて天ぷらをはじめ、トッピング類はすべて手作り。麺の量も多く食いしん坊にはうれしいセルフ店。席の間隔が広目でゆったり食事ができる。リニューアルで店内がより広くなった。

揚げたて天ぷらをはじめ、トッピング類はすべて手作り。麺の量も多く食いしん坊にはうれしいセルフ店。席の間隔が広目でゆったり食事ができる。リニューアルで店内がより広くなった。

「なんといっても素材が一番」という言葉に裏付けされたうどんは、ムチムチッとした食感と、なめらかな喉ごしが自慢。“野菜天ざる”(550円)は見逃せないメニューだ。

「なんといっても素材が一番」という言葉に裏付けされたうどんは、ムチムチッとした食感と、なめらかな喉ごしが自慢。“野菜天ざる”(550円)は見逃せないメニューだ。

細長いカウンターは常に満席状態の人気店。「いつもお待たせしてすいません」とは、店主からのお詫びのメッセージ。自宅で『はりや』の味が楽しめるお土産うどんもオススメだ。

細長いカウンターは常に満席状態の人気店。「いつもお待たせしてすいません」とは、店主からのお詫びのメッセージ。自宅で『はりや』の味が楽しめるお土産うどんもオススメだ。

定番はもちろん“中華風ピリカラうどん”や“山かけ鉄火しょうゆうどん”など創作うどんも多数スタンバイ。粉や塩、水などは常に最良の厳選素材を使っている。

定番はもちろん“中華風ピリカラうどん”や“山かけ鉄火しょうゆうどん”など創作うどんも多数スタンバイ。粉や塩、水などは常に最良の厳選素材を使っている。

香川の繁華街のうどん屋『五右衛門』。その名を轟かせた看板メニューが“カレーうどん”や“黒カレーうどん”だ。麺とスパイシーなカレーとの絶妙なコラボレーションを堪能しよう。

香川の繁華街のうどん屋『五右衛門』。その名を轟かせた看板メニューが“カレーうどん”や“黒カレーうどん”だ。麺とスパイシーなカレーとの絶妙なコラボレーションを堪能しよう。

[さぬきの夢]こだわり店に認証されているこちら。手打ちの味を語り受け継いだ麺業三代90年の技と、[さぬきの夢]が出会って生まれる艶やかな麺を堪能してほしい。

[さぬきの夢]こだわり店に認証されているこちら。手打ちの味を語り受け継いだ麺業三代90年の技と、[さぬきの夢]が出会って生まれる艶やかな麺を堪能してほしい。

韓国ドラマ『フルハウス TAKE2』のロケ地。本物の味を求め、多くの通が通う。野菜たっぷり“スタミナうどん”(550円)や“ミックス天ぶっかけうどん”(530円)をぜひ。

韓国ドラマ『フルハウス TAKE2』のロケ地。本物の味を求め、多くの通が通う。野菜たっぷり“スタミナうどん”(550円)や“ミックス天ぶっかけうどん”(530円)をぜひ。

リーズナブルなうどんを気軽に楽しめる店。一晩熟成させた太麺は、温かいかけや釜揚げでも食感が失われない逸品だ。爽やかで上品な後口のダシも好印象。

リーズナブルなうどんを気軽に楽しめる店。一晩熟成させた太麺は、温かいかけや釜揚げでも食感が失われない逸品だ。爽やかで上品な後口のダシも好印象。

季節によって麺とダシがよく絡むよう、麺の太さを微調整するという大将の細やかな心配りがうれしい。その微細な麺の違いを年間通して実感してみて。

季節によって麺とダシがよく絡むよう、麺の太さを微調整するという大将の細やかな心配りがうれしい。その微細な麺の違いを年間通して実感してみて。

店自慢の“宮崎県産地鶏の天ぷら”は、鶏も衣もうどんとの相性にこだわり抜いた逸品。食べる人が感じる「おいしい」を大切に、ダシに使うカツオや昆布も吟味している。

店自慢の“宮崎県産地鶏の天ぷら”は、鶏も衣もうどんとの相性にこだわり抜いた逸品。食べる人が感じる「おいしい」を大切に、ダシに使うカツオや昆布も吟味している。

早朝から開いている老舗セルフ店。“カレー”や“肉うどん”は要チェックメニュー。広々とした店内でゆっくりと楽しく讃岐うどんを満喫出来る。

早朝から開いている老舗セルフ店。“カレー”や“肉うどん”は要チェックメニュー。広々とした店内でゆっくりと楽しく讃岐うどんを満喫出来る。

しなやかさと適度な弾力を兼ね備えた麺は、気付くと丼が空になっているほど抜群ののど越し。じわりと後から旨みが効いてくる上品なダシも秀逸。お供には"はも天"をぜひどうぞ。

しなやかさと適度な弾力を兼ね備えた麺は、気付くと丼が空になっているほど抜群ののど越し。じわりと後から旨みが効いてくる上品なダシも秀逸。お供には"はも天"をぜひどうぞ。

冬は“とりなんば”、夏は各種ぶっかけうどんが人気メニュー。少し変わった“親子うどん”もおすすめの一品だ。お店は久米池の横なので、店名は土地にちなんで命名したのだそう。

冬は“とりなんば”、夏は各種ぶっかけうどんが人気メニュー。少し変わった“親子うどん”もおすすめの一品だ。お店は久米池の横なので、店名は土地にちなんで命名したのだそう。