エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
所要時間を選択
現在の検索条件:
  • 高松市周辺(栗林公園、屋島、直島など)×
  • 2021年7月
           
  • 2021年8月
           
  • 2021年9月
         
       
  • 2021年10月
             
               
  • 2021年11月
     
           
  • 2021年12月
         
     
  • 2022年1月
               
             
  • 2022年2月
       
             
  • 2022年3月
       
       
  • 2022年4月
             
  • 2022年5月
           
  • 2022年6月
         
       
41ありました

県庁裏の超人気老舗セルフ店。自分で麺を温め、ダシをかけ、自分でトッピングするセルフの典型スタイルが県外客にも大人気。60種の天ぷら類がずらりと並ぶ様は壮観だ。

県庁裏の超人気老舗セルフ店。自分で麺を温め、ダシをかけ、自分でトッピングするセルフの典型スタイルが県外客にも大人気。60種の天ぷら類がずらりと並ぶ様は壮観だ。

秘伝のダシで食べる恍惚の“釜揚げうどん”が有名。建物は江戸末期の古民家を移築したもので、ロケーションも抜群だ。おすすめは、たらいに入った名物の“家族うどん”。

秘伝のダシで食べる恍惚の“釜揚げうどん”が有名。建物は江戸末期の古民家を移築したもので、ロケーションも抜群だ。おすすめは、たらいに入った名物の“家族うどん”。

牟礼町の名所とも言うべき風格の、庭付きお屋敷型うどん店。広い店内の座敷席、テーブル席もいいけれど、天気のいい日には表の縁台で青空うどんをぜひ。

牟礼町の名所とも言うべき風格の、庭付きお屋敷型うどん店。広い店内の座敷席、テーブル席もいいけれど、天気のいい日には表の縁台で青空うどんをぜひ。

“実演天ぷら揚げ”の超人気セルフ。有名な半熟ゆで卵の天ぷらだけでなく、サクサクのコロモに包まれたちくわも各種野菜天も、どれも絶品だ。半玉は180円。

“実演天ぷら揚げ”の超人気セルフ。有名な半熟ゆで卵の天ぷらだけでなく、サクサクのコロモに包まれたちくわも各種野菜天も、どれも絶品だ。半玉は180円。

玉数を申告してうどんを受け取り、天カスやネギで自分流にアレンジする製麺所タイプの店。カウンター席のほか、倉庫を改造した立ち食いスペースもある。

玉数を申告してうどんを受け取り、天カスやネギで自分流にアレンジする製麺所タイプの店。カウンター席のほか、倉庫を改造した立ち食いスペースもある。

常に出来たてを食べてもらうため、茹でてから10分以上経ったうどんは出さないのだそう。“昨日よりも美味しいうどん”を作ることが大将のモットーだ。

常に出来たてを食べてもらうため、茹でてから10分以上経ったうどんは出さないのだそう。“昨日よりも美味しいうどん”を作ることが大将のモットーだ。

早朝から開いている老舗セルフ店。“カレー”や“肉うどん”は要チェックメニュー。広々とした店内でゆっくりと楽しく讃岐うどんを満喫出来る。

早朝から開いている老舗セルフ店。“カレー”や“肉うどん”は要チェックメニュー。広々とした店内でゆっくりと楽しく讃岐うどんを満喫出来る。

細長いカウンターは常に満席状態の人気店。「いつもお待たせしてすいません」とは、店主からのお詫びのメッセージ。自宅で『はりや』の味が楽しめるお土産うどんもオススメだ。

細長いカウンターは常に満席状態の人気店。「いつもお待たせしてすいません」とは、店主からのお詫びのメッセージ。自宅で『はりや』の味が楽しめるお土産うどんもオススメだ。

揚げたて天ぷらをはじめ、トッピング類はすべて手作り。麺の量も多く食いしん坊にはうれしいセルフ店。席の間隔が広目でゆったり食事ができる。リニューアルで店内がより広くなった。

揚げたて天ぷらをはじめ、トッピング類はすべて手作り。麺の量も多く食いしん坊にはうれしいセルフ店。席の間隔が広目でゆったり食事ができる。リニューアルで店内がより広くなった。

営業は朝3時までという深夜の名店。ダシのうまさは出色で、全てのメニューが飲んだ帰りでなくとも、わざわざ食べに行く価値あり。売り切れ次第閉店となるのでお早めに。

営業は朝3時までという深夜の名店。ダシのうまさは出色で、全てのメニューが飲んだ帰りでなくとも、わざわざ食べに行く価値あり。売り切れ次第閉店となるのでお早めに。

珠玉の細めの“伸びるコシ”の麺は健在。ここの“ぶっかけうどん”は他では見られないスタイルだ。これに天ぷらがのった“ひや天”もぜひ。ゆったりくつろげる座敷席もある。

珠玉の細めの“伸びるコシ”の麺は健在。ここの“ぶっかけうどん”は他では見られないスタイルだ。これに天ぷらがのった“ひや天”もぜひ。ゆったりくつろげる座敷席もある。

季節によって麺とダシがよく絡むよう、麺の太さを微調整するという大将の細やかな心配りがうれしい。その微細な麺の違いを年間通して実感してみて。

季節によって麺とダシがよく絡むよう、麺の太さを微調整するという大将の細やかな心配りがうれしい。その微細な麺の違いを年間通して実感してみて。

朝早く7時から営業しているお店。関西修行を経験した店主の作る“麺八カレーうどん”は、関西の味を讃岐風にアレンジしたものでお勧めの逸品だ。

朝早く7時から営業しているお店。関西修行を経験した店主の作る“麺八カレーうどん”は、関西の味を讃岐風にアレンジしたものでお勧めの逸品だ。

看板メニューは、具だくさんで体が温もる“鍋焼うどん”や“牛鍋うどん”。車椅子専用トイレやベビーシートを完備した、幅広い層に親しまれているお店だ。

看板メニューは、具だくさんで体が温もる“鍋焼うどん”や“牛鍋うどん”。車椅子専用トイレやベビーシートを完備した、幅広い層に親しまれているお店だ。

定番はもちろん“中華風ピリカラうどん”や“山かけ鉄火しょうゆうどん”など創作うどんも多数スタンバイ。粉や塩、水などは常に最良の厳選素材を使っている。

定番はもちろん“中華風ピリカラうどん”や“山かけ鉄火しょうゆうどん”など創作うどんも多数スタンバイ。粉や塩、水などは常に最良の厳選素材を使っている。

“うどんとダシ”そのどちらにも店主のおいしさへの追求が。3種類の粉や山水を用いていることもうまさの秘訣だ。ダントツ人気は“角煮うどん”。

“うどんとダシ”そのどちらにも店主のおいしさへの追求が。3種類の粉や山水を用いていることもうまさの秘訣だ。ダントツ人気は“角煮うどん”。

しなやかさと適度な弾力を兼ね備えた麺は、気付くと丼が空になっているほど抜群ののど越し。じわりと後から旨みが効いてくる上品なダシも秀逸。お供には"はも天"をぜひどうぞ。

しなやかさと適度な弾力を兼ね備えた麺は、気付くと丼が空になっているほど抜群ののど越し。じわりと後から旨みが効いてくる上品なダシも秀逸。お供には"はも天"をぜひどうぞ。

香川の繁華街のうどん屋『五右衛門』。その名を轟かせた看板メニューが“カレーうどん”や“黒カレーうどん”だ。麺とスパイシーなカレーとの絶妙なコラボレーションを堪能しよう。

香川の繁華街のうどん屋『五右衛門』。その名を轟かせた看板メニューが“カレーうどん”や“黒カレーうどん”だ。麺とスパイシーなカレーとの絶妙なコラボレーションを堪能しよう。

かなり余裕を残したレイアウトにバリアフリーを考えた店内は、車椅子のお客さんもゆったりとうどんを満喫できる。麺もダシも主張しすぎず控え目で上品な一杯を広い店内でいただこう。

かなり余裕を残したレイアウトにバリアフリーを考えた店内は、車椅子のお客さんもゆったりとうどんを満喫できる。麺もダシも主張しすぎず控え目で上品な一杯を広い店内でいただこう。

“夢のかたち黒麺”(商標登録)は、地下207mの岩盤深層水に県産[さぬきの夢]と小麦胚芽をブレンドし、風味を加えたもの。1玉のサイズは高松随一のボリューム。ミニサイズもある。

“夢のかたち黒麺”(商標登録)は、地下207mの岩盤深層水に県産[さぬきの夢]と小麦胚芽をブレンドし、風味を加えたもの。1玉のサイズは高松随一のボリューム。ミニサイズもある。