エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
所要時間を選択
現在の検索条件:
  • 2021年7月
           
  • 2021年8月
           
  • 2021年9月
         
       
  • 2021年10月
             
               
  • 2021年11月
     
           
  • 2021年12月
         
     
  • 2022年1月
               
             
  • 2022年2月
       
             
  • 2022年3月
       
       
  • 2022年4月
             
  • 2022年5月
           
  • 2022年6月
         
       
100ありました

ハンパなイリコダシではありません。ダシの鍋には煮干しが一杯沈んでいて、ひしゃくでかき混ぜて“煮干し入りダシ”をかける客もいるぞ。

ハンパなイリコダシではありません。ダシの鍋には煮干しが一杯沈んでいて、ひしゃくでかき混ぜて“煮干し入りダシ”をかける客もいるぞ。

揚げたて天ぷらをはじめ、トッピング類はすべて手作り。麺の量も多く食いしん坊にはうれしいセルフ店。席の間隔が広目でゆったり食事ができる。リニューアルで店内がより広くなった。

揚げたて天ぷらをはじめ、トッピング類はすべて手作り。麺の量も多く食いしん坊にはうれしいセルフ店。席の間隔が広目でゆったり食事ができる。リニューアルで店内がより広くなった。

珠玉の細めの“伸びるコシ”の麺は健在。ここの“ぶっかけうどん”は他では見られないスタイルだ。これに天ぷらがのった“ひや天”もぜひ。ゆったりくつろげる座敷席もある。

珠玉の細めの“伸びるコシ”の麺は健在。ここの“ぶっかけうどん”は他では見られないスタイルだ。これに天ぷらがのった“ひや天”もぜひ。ゆったりくつろげる座敷席もある。

昼時1時間のみという、恐らく県内で一番営業時間の短いうどん屋。これもお客さんに出来たての麺を味わって欲しいという店主の強いこだわりから。

昼時1時間のみという、恐らく県内で一番営業時間の短いうどん屋。これもお客さんに出来たての麺を味わって欲しいという店主の強いこだわりから。

古い店舗を改装した、まるでカフェのようなオシャレな出で立ち。うどんは“かけ”や“つけ”、天ぷらのセットなどシンプルだ。天ぷらはとりちく、げそちく、ちくたまから選べる。

古い店舗を改装した、まるでカフェのようなオシャレな出で立ち。うどんは“かけ”や“つけ”、天ぷらのセットなどシンプルだ。天ぷらはとりちく、げそちく、ちくたまから選べる。

丸亀の超人気店。「毎日が修業」と言う大将は、昔ながらの製法で個性ある伝統うどんを守る。大将の夢は「いろいろある」そうだ。(料金は変更になる場合あり)

丸亀の超人気店。「毎日が修業」と言う大将は、昔ながらの製法で個性ある伝統うどんを守る。大将の夢は「いろいろある」そうだ。(料金は変更になる場合あり)

営業は朝3時までという深夜の名店。ダシのうまさは出色で、全てのメニューが飲んだ帰りでなくとも、わざわざ食べに行く価値あり。売り切れ次第閉店となるのでお早めに。

営業は朝3時までという深夜の名店。ダシのうまさは出色で、全てのメニューが飲んだ帰りでなくとも、わざわざ食べに行く価値あり。売り切れ次第閉店となるのでお早めに。

うどん屋らしからぬメルヘンな空間を醸し出すお店。おすすめメニューは、もちもちした食感とコシの強さ、そして滑らかさが印象的な麺が一番よく分かる“ぶっかけ”だ。

うどん屋らしからぬメルヘンな空間を醸し出すお店。おすすめメニューは、もちもちした食感とコシの強さ、そして滑らかさが印象的な麺が一番よく分かる“ぶっかけ”だ。

老舗の醤油屋だけあって、自家製醤油と地元産の材料にこだわったうどんは絶品。醤油うどんにかける醤油や薬味を、好みで選べるのがうれしい。

老舗の醤油屋だけあって、自家製醤油と地元産の材料にこだわったうどんは絶品。醤油うどんにかける醤油や薬味を、好みで選べるのがうれしい。

看板メニューは、具だくさんで体が温もる“鍋焼うどん”や“牛鍋うどん”。車椅子専用トイレやベビーシートを完備した、幅広い層に親しまれているお店だ。

看板メニューは、具だくさんで体が温もる“鍋焼うどん”や“牛鍋うどん”。車椅子専用トイレやベビーシートを完備した、幅広い層に親しまれているお店だ。

“釜あげうどん”や大きな芝エビのかき揚げが人気メニュー。製麺場にどんと構える、薪で炊く年季の入った釜は、一見の価値ありだ。

“釜あげうどん”や大きな芝エビのかき揚げが人気メニュー。製麺場にどんと構える、薪で炊く年季の入った釜は、一見の価値ありだ。

朝早く7時から営業しているお店。関西修行を経験した店主の作る“麺八カレーうどん”は、関西の味を讃岐風にアレンジしたものでお勧めの逸品だ。

朝早く7時から営業しているお店。関西修行を経験した店主の作る“麺八カレーうどん”は、関西の味を讃岐風にアレンジしたものでお勧めの逸品だ。

餅のように練り上げる技法と、地下水・ミネラル塩を使った超多加水麺は、口当たりが良く強いコシともちもち感が味わえる。名物の“釜抜きうどん”はまさにうどんのカルボナーラだ。

餅のように練り上げる技法と、地下水・ミネラル塩を使った超多加水麺は、口当たりが良く強いコシともちもち感が味わえる。名物の“釜抜きうどん”はまさにうどんのカルボナーラだ。

足で踏まずに手で折って折ってつくっている“手織り”の麺が食べられるお店。“毎日でも行きたい店”をコンセプトに「玉が大きい、味も値段もあきが来ない」を目指しているそう。

足で踏まずに手で折って折ってつくっている“手織り”の麺が食べられるお店。“毎日でも行きたい店”をコンセプトに「玉が大きい、味も値段もあきが来ない」を目指しているそう。

香川県主催[さぬきの夢]うどん技能グランプリで、度々入賞する実力派。「美味しい」との噂が口コミで広がり、多くのお客で行列が出来る名店。旬の食材ともちもちのうどんを是非。

香川県主催[さぬきの夢]うどん技能グランプリで、度々入賞する実力派。「美味しい」との噂が口コミで広がり、多くのお客で行列が出来る名店。旬の食材ともちもちのうどんを是非。

定番はもちろん“中華風ピリカラうどん”や“山かけ鉄火しょうゆうどん”など創作うどんも多数スタンバイ。粉や塩、水などは常に最良の厳選素材を使っている。

定番はもちろん“中華風ピリカラうどん”や“山かけ鉄火しょうゆうどん”など創作うどんも多数スタンバイ。粉や塩、水などは常に最良の厳選素材を使っている。

季節によって麺とダシがよく絡むよう、麺の太さを微調整するという大将の細やかな心配りがうれしい。その微細な麺の違いを年間通して実感してみて。

季節によって麺とダシがよく絡むよう、麺の太さを微調整するという大将の細やかな心配りがうれしい。その微細な麺の違いを年間通して実感してみて。

マルナカ琴平店の隣にあるお店。“天ざるうどん”(748円)や、“かま天”(825円)、“カレーうどん”など、おすすめメニューは多数ある中、人気はやっぱり“ざるぶっかけ”。

マルナカ琴平店の隣にあるお店。“天ざるうどん”(748円)や、“かま天”(825円)、“カレーうどん”など、おすすめメニューは多数ある中、人気はやっぱり“ざるぶっかけ”。

足でしっかり踏まれたうどんは弾力抜群。うどん玉を買いに来る人も多く「ここのうどんでないと子どもが食べん」とか「次の日でもコシがある」と地元の常連さんたちのお墨付き。

足でしっかり踏まれたうどんは弾力抜群。うどん玉を買いに来る人も多く「ここのうどんでないと子どもが食べん」とか「次の日でもコシがある」と地元の常連さんたちのお墨付き。

香川の繁華街のうどん屋『五右衛門』。その名を轟かせた看板メニューが“カレーうどん”や“黒カレーうどん”だ。麺とスパイシーなカレーとの絶妙なコラボレーションを堪能しよう。

香川の繁華街のうどん屋『五右衛門』。その名を轟かせた看板メニューが“カレーうどん”や“黒カレーうどん”だ。麺とスパイシーなカレーとの絶妙なコラボレーションを堪能しよう。