エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
所要時間を選択
現在の検索条件:
  • 2022年8月
     
         
  • 2022年9月
           
     
  • 2022年10月
               
             
  • 2022年11月
       
         
  • 2022年12月
           
  • 2023年1月
           
  • 2023年2月
         
           
  • 2023年3月
         
     
  • 2023年4月
               
               
  • 2023年5月
     
         
  • 2023年6月
           
     
  • 2023年7月
               
             
100ありました

創業当時より厳選された材料で秘伝のだしを作り、また極上の小麦粉と昔ながらの製法で、熟練した職人がこだわりぬいた釜あげうどんを作り続けています。建物は江戸末期の古民家を移築したもので、ロケーションも抜群です。おすす…

創業当時より厳選された材料で秘伝のだしを作り、また極上の小麦粉と昔ながらの製法で、熟練した職人がこだわりぬいた釜あげうどんを作り続けています。建物は江戸末期の古民家を移築したもので、ロケーションも抜群です。おすす…

細長いカウンターは常に満席状態の人気店。「いつもお待たせしてすいません」とは、店主からのお詫びのメッセージ。自宅で『はりや』の味が楽しめるお土産うどんもオススメだ。

細長いカウンターは常に満席状態の人気店。「いつもお待たせしてすいません」とは、店主からのお詫びのメッセージ。自宅で『はりや』の味が楽しめるお土産うどんもオススメだ。

玉数を申告してうどんを受け取り、天カスやネギで自分流にアレンジする製麺所タイプの店。カウンター席のほか、倉庫を改造した立ち食いスペースもある。

玉数を申告してうどんを受け取り、天カスやネギで自分流にアレンジする製麺所タイプの店。カウンター席のほか、倉庫を改造した立ち食いスペースもある。

"ブラタモリ"の香川ロケで、タモリさんが訪れた店。全行程を機械に一切頼らず仕上げるうどんは、細目なのにしっかりしたコシがある。麺が程良く捻れているのもポイントだ。

"ブラタモリ"の香川ロケで、タモリさんが訪れた店。全行程を機械に一切頼らず仕上げるうどんは、細目なのにしっかりしたコシがある。麺が程良く捻れているのもポイントだ。

季節によって麺とダシがよく絡むよう、麺の太さを微調整するという大将の細やかな心配りがうれしい。その微細な麺の違いを年間通して実感してみて。

季節によって麺とダシがよく絡むよう、麺の太さを微調整するという大将の細やかな心配りがうれしい。その微細な麺の違いを年間通して実感してみて。

昼時1時間のみという、恐らく県内で一番営業時間の短いうどん屋。これもお客さんに出来たての麺を味わって欲しいという店主の強いこだわりから。

昼時1時間のみという、恐らく県内で一番営業時間の短いうどん屋。これもお客さんに出来たての麺を味わって欲しいという店主の強いこだわりから。

これぞ究極の製麺所うどん。看板もない、まんま製麺場の中で醤油だけをかけて食べるうどんはたまらない美味しさ。車で行く場合は、近所迷惑にならないよう注意しよう。

これぞ究極の製麺所うどん。看板もない、まんま製麺場の中で醤油だけをかけて食べるうどんはたまらない美味しさ。車で行く場合は、近所迷惑にならないよう注意しよう。

揚げたて天ぷらをはじめ、トッピング類はすべて手作り。麺の量も多く食いしん坊にはうれしいセルフ店。席の間隔が広目でゆったり食事ができる。リニューアルで店内がより広くなった。

揚げたて天ぷらをはじめ、トッピング類はすべて手作り。麺の量も多く食いしん坊にはうれしいセルフ店。席の間隔が広目でゆったり食事ができる。リニューアルで店内がより広くなった。

斬新なローマ字の店名が、いい意味でらしくないうどん屋。独特の食感が楽しめる“たこちくわ”や“えびちくわ”を使ったうどんが特におすすめ。不定期で登場する気まぐれメニューも。

斬新なローマ字の店名が、いい意味でらしくないうどん屋。独特の食感が楽しめる“たこちくわ”や“えびちくわ”を使ったうどんが特におすすめ。不定期で登場する気まぐれメニューも。

ゆがきたてを食べたい時は、遠慮無く頼めばいつでもゆがきたてのうどんを出してくれる。漬け物のサービスも存続していてサービス満点のお店だ。

ゆがきたてを食べたい時は、遠慮無く頼めばいつでもゆがきたてのうどんを出してくれる。漬け物のサービスも存続していてサービス満点のお店だ。

店自慢の“宮崎県産地鶏の天ぷら”は、鶏も衣もうどんとの相性にこだわり抜いた逸品。食べる人が感じる「おいしい」を大切に、ダシに使うカツオや昆布も吟味している。

店自慢の“宮崎県産地鶏の天ぷら”は、鶏も衣もうどんとの相性にこだわり抜いた逸品。食べる人が感じる「おいしい」を大切に、ダシに使うカツオや昆布も吟味している。

“釜あげうどん”や大きな芝エビのかき揚げが人気メニュー。製麺場にどんと構える、薪で炊く年季の入った釜は、一見の価値ありだ。

“釜あげうどん”や大きな芝エビのかき揚げが人気メニュー。製麺場にどんと構える、薪で炊く年季の入った釜は、一見の価値ありだ。

珠玉の細めの“伸びるコシ”の麺は健在。ここの“ぶっかけうどん”は他では見られないスタイルだ。これに天ぷらがのった“ひや天”もぜひ。ゆったりくつろげる座敷席もある。

珠玉の細めの“伸びるコシ”の麺は健在。ここの“ぶっかけうどん”は他では見られないスタイルだ。これに天ぷらがのった“ひや天”もぜひ。ゆったりくつろげる座敷席もある。

ハンパなイリコダシではありません。ダシの鍋には煮干しが一杯沈んでいて、ひしゃくでかき混ぜて“煮干し入りダシ”をかける客もいるぞ。

ハンパなイリコダシではありません。ダシの鍋には煮干しが一杯沈んでいて、ひしゃくでかき混ぜて“煮干し入りダシ”をかける客もいるぞ。

飾り気のないうどん本来の旨さを、麺とダシだけで堪能できる。厳選した素材を使用したサイドメニューの“御寿司”や“おにぎり”、“おでん”も人気だ。

飾り気のないうどん本来の旨さを、麺とダシだけで堪能できる。厳選した素材を使用したサイドメニューの“御寿司”や“おにぎり”、“おでん”も人気だ。

餅のように練り上げる技法と、地下水・ミネラル塩を使った超多加水麺は、口当たりが良く強いコシともちもち感が味わえる。名物の“釜抜きうどん”はまさにうどんのカルボナーラだ。

餅のように練り上げる技法と、地下水・ミネラル塩を使った超多加水麺は、口当たりが良く強いコシともちもち感が味わえる。名物の“釜抜きうどん”はまさにうどんのカルボナーラだ。

古い店舗を改装した、まるでカフェのようなオシャレな出で立ち。うどんは“かけ”や“つけ”、天ぷらのセットなどシンプルだ。天ぷらはとりちく、げそちく、ちくたまから選べる。

古い店舗を改装した、まるでカフェのようなオシャレな出で立ち。うどんは“かけ”や“つけ”、天ぷらのセットなどシンプルだ。天ぷらはとりちく、げそちく、ちくたまから選べる。

飯山街道を丸亀方面に向いて走ったことのある人なら、一度は看板を目にしたことがあるはず。41種類のうどんや炊き込みご飯など、メニューも豊富だ。

飯山街道を丸亀方面に向いて走ったことのある人なら、一度は看板を目にしたことがあるはず。41種類のうどんや炊き込みご飯など、メニューも豊富だ。

香川の繁華街のうどん屋『五右衛門』。その名を轟かせた看板メニューが“カレーうどん”や“黒カレーうどん”だ。麺とスパイシーなカレーとの絶妙なコラボレーションを堪能しよう。

香川の繁華街のうどん屋『五右衛門』。その名を轟かせた看板メニューが“カレーうどん”や“黒カレーうどん”だ。麺とスパイシーなカレーとの絶妙なコラボレーションを堪能しよう。

北海道産の粉を含む5種類の小麦粉を独自にブレンドし、味わいよくコシもある“つるっとした”うどんになっている。夜は簡単なおつまみメニューもあるぞ。

北海道産の粉を含む5種類の小麦粉を独自にブレンドし、味わいよくコシもある“つるっとした”うどんになっている。夜は簡単なおつまみメニューもあるぞ。

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。

同意する