エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
所要時間を選択
現在の検索条件:
  • 2019年6月
               
               
  • 2019年7月
     
         
  • 2019年8月
           
  • 2019年9月
             
  • 2019年10月
       
       
  • 2019年11月
             
  • 2019年12月
           
  • 2020年1月
         
     
  • 2020年2月
               
  • 2020年3月
           
  • 2020年4月
         
       
  • 2020年5月
             
               
99ありました

昼時1時間のみという、恐らく県内で一番営業時間の短いうどん屋。これもお客さんに出来たての麺を味わって欲しいという店主の強いこだわりから。

昼時1時間のみという、恐らく県内で一番営業時間の短いうどん屋。これもお客さんに出来たての麺を味わって欲しいという店主の強いこだわりから。

細長いカウンターは常に満席状態の人気店。「いつもお待たせしてすいません」とは、店主からのお詫びのメッセージ。自宅で『はりや』の味が楽しめるお土産うどんもオススメだ。

細長いカウンターは常に満席状態の人気店。「いつもお待たせしてすいません」とは、店主からのお詫びのメッセージ。自宅で『はりや』の味が楽しめるお土産うどんもオススメだ。

かけダシは、イリコベースとカツオベースの2種類から選ぶことができる。太目でコシが強く、もちもちした麺はどちらも相性良し。麦味噌と豚肉が乗った“味噌豚”はクセになる味だ。

かけダシは、イリコベースとカツオベースの2種類から選ぶことができる。太目でコシが強く、もちもちした麺はどちらも相性良し。麦味噌と豚肉が乗った“味噌豚”はクセになる味だ。

“冷”はもちろん“温”でも歯ごたえを充分に楽しめる麺のコシが魅力。一般店ならではの豊富なメニューも見逃せない! 空港近くで20時まで開いているのもうれしい。

“冷”はもちろん“温”でも歯ごたえを充分に楽しめる麺のコシが魅力。一般店ならではの豊富なメニューも見逃せない! 空港近くで20時まで開いているのもうれしい。

30年以上続く製麺所のセルフ店。麺にはもちもち感とさぬきうどんならではのコシとツルツル感が特徴の[さぬきの夢]を使用。話題の長命草など、地元食材にこだわったメニューも。

30年以上続く製麺所のセルフ店。麺にはもちもち感とさぬきうどんならではのコシとツルツル感が特徴の[さぬきの夢]を使用。話題の長命草など、地元食材にこだわったメニューも。

丸亀の超人気店。「毎日が修業」と言う大将は、昔ながらの製法で個性ある伝統うどんを守る。大将の夢は「いろいろある」そうだ。(料金は変更になる場合あり)

丸亀の超人気店。「毎日が修業」と言う大将は、昔ながらの製法で個性ある伝統うどんを守る。大将の夢は「いろいろある」そうだ。(料金は変更になる場合あり)

マルナカ琴平店の隣にあるお店。“天ざるうどん”(680円)や、“かま天”(750円)、“カレーうどん”など、おすすめメニューは多数ある中、人気はやっぱり“ざるぶっかけ”。

マルナカ琴平店の隣にあるお店。“天ざるうどん”(680円)や、“かま天”(750円)、“カレーうどん”など、おすすめメニューは多数ある中、人気はやっぱり“ざるぶっかけ”。

季節によって麺とダシがよく絡むよう、麺の太さを微調整するという大将の細やかな心配り! その微細な麺の違いを年間通して実感してみて。

季節によって麺とダシがよく絡むよう、麺の太さを微調整するという大将の細やかな心配り! その微細な麺の違いを年間通して実感してみて。

のんびりとしたロケーションの中にたたずむこちら。有名店・丸亀の『中村』で修行を積んだご主人が手間暇をかけて仕上げるダシ、喉越しのいい細麺が特 徴。

のんびりとしたロケーションの中にたたずむこちら。有名店・丸亀の『中村』で修行を積んだご主人が手間暇をかけて仕上げるダシ、喉越しのいい細麺が特 徴。

珠玉の細めの“伸びるコシ”の麺は健在。ここの“ぶっかけうどん”は他では見られないスタイルだ。これに天ぷらがのった“ひや天”もぜひ。ゆったりくつろげる座敷席もある。

珠玉の細めの“伸びるコシ”の麺は健在。ここの“ぶっかけうどん”は他では見られないスタイルだ。これに天ぷらがのった“ひや天”もぜひ。ゆったりくつろげる座敷席もある。

もちもちとコシのある麺が絶品。プレミアムオリーブ牛とオリーブ玉子の乗った“オリーブ牛しゃぶしゃぶ風かけうどん”には、女将手作りのゆず胡椒がよく合う。また骨付鳥もオススメだ。

もちもちとコシのある麺が絶品。プレミアムオリーブ牛とオリーブ玉子の乗った“オリーブ牛しゃぶしゃぶ風かけうどん”には、女将手作りのゆず胡椒がよく合う。また骨付鳥もオススメだ。

“黄金うどん”とは釜玉のこと。生卵を銭形に例えて「お金が貯まるように」という意味を込めたメニューだ。とろっとしたルーが麺に絡む絶品の“カレーうどん”も人気。

“黄金うどん”とは釜玉のこと。生卵を銭形に例えて「お金が貯まるように」という意味を込めたメニューだ。とろっとしたルーが麺に絡む絶品の“カレーうどん”も人気。

足でしっかり踏まれたうどんは弾力抜群。うどん玉を買いに来る人も多く「ここのうどんでないと子どもが食べん」とか「次の日でもコシがある」と地元の常連さんたちのお墨付き。

足でしっかり踏まれたうどんは弾力抜群。うどん玉を買いに来る人も多く「ここのうどんでないと子どもが食べん」とか「次の日でもコシがある」と地元の常連さんたちのお墨付き。

きちんと発酵・熟成された調味料と、自然素材をふんだんに使ったダシを大切にしているお店。うどんは北海道産小麦100%の手打ち麺。日本料理職人の手による季節限定メニューも豊富。

きちんと発酵・熟成された調味料と、自然素材をふんだんに使ったダシを大切にしているお店。うどんは北海道産小麦100%の手打ち麺。日本料理職人の手による季節限定メニューも豊富。

丼に入りきらないくらい大きなオリジナル・木の葉型の天ぷらが乗った“天ぷらうどん”、麺が見えない巨大アゲ入りの“きつねうどん”。そのご本家がこちらだ。

丼に入りきらないくらい大きなオリジナル・木の葉型の天ぷらが乗った“天ぷらうどん”、麺が見えない巨大アゲ入りの“きつねうどん”。そのご本家がこちらだ。

“ひやあつ”“ひやひや”など琴平町で長年親しまれてきた『宮武うどん』の味を大将の愛弟子が継承。手切りでちぢれ、ねじれた麺にイリコのきいたダシ、昔ながらの味わいを楽しもう。

“ひやあつ”“ひやひや”など琴平町で長年親しまれてきた『宮武うどん』の味を大将の愛弟子が継承。手切りでちぢれ、ねじれた麺にイリコのきいたダシ、昔ながらの味わいを楽しもう。

斬新なローマ字の店名が、いい意味でらしくないうどん屋。独特の食感が楽しめる“たこちくわ”や“えびちくわ”を使ったうどんが特におすすめ。気まぐれメニューもあり、Twitterも必見。

斬新なローマ字の店名が、いい意味でらしくないうどん屋。独特の食感が楽しめる“たこちくわ”や“えびちくわ”を使ったうどんが特におすすめ。気まぐれメニューもあり、Twitterも必見。

北海道産の粉を含む5種類の小麦粉を独自にブレンドし、味わいよくコシもある“つるっとした”うどんになっている。夜は簡単なおつまみメニューもあるぞ。

北海道産の粉を含む5種類の小麦粉を独自にブレンドし、味わいよくコシもある“つるっとした”うどんになっている。夜は簡単なおつまみメニューもあるぞ。

古い店舗を改装した、まるでカフェのようなオシャレな出で立ち。うどんは“かけ”や“つけ”、天ぷらのセットなどシンプルだ。天ぷらはとりちく、げそちく、ちくたまから選べる。

古い店舗を改装した、まるでカフェのようなオシャレな出で立ち。うどんは“かけ”や“つけ”、天ぷらのセットなどシンプルだ。天ぷらはとりちく、げそちく、ちくたまから選べる。

田舎風釜揚げうどんの元祖とも言うべき老舗。麺もさることながら、つけダシは讃岐の釜揚げダシの原点とも言うべきうまさで、飲んでしまう人も多い。

田舎風釜揚げうどんの元祖とも言うべき老舗。麺もさることながら、つけダシは讃岐の釜揚げダシの原点とも言うべきうまさで、飲んでしまう人も多い。