エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
所要時間を選択
現在の検索条件:
  • 2021年5月
               
             
  • 2021年6月
       
         
  • 2021年7月
           
  • 2021年8月
           
  • 2021年9月
         
       
  • 2021年10月
             
               
  • 2021年11月
     
           
  • 2021年12月
         
     
  • 2022年1月
               
             
  • 2022年2月
       
             
  • 2022年3月
       
       
  • 2022年4月
             
100ありました

朝早く7時から営業しているお店。関西修行を経験した店主の作る“麺八カレーうどん”は、関西の味を讃岐風にアレンジしたものでお勧めの逸品だ。

朝早く7時から営業しているお店。関西修行を経験した店主の作る“麺八カレーうどん”は、関西の味を讃岐風にアレンジしたものでお勧めの逸品だ。

元々は趣味だったうどん作り。知る人ぞ知る津田の名人のもとで修行を積むなど、味も確か。店内は木の香りがほのかに漂う純和風造りでゆっくりくつろげる。

元々は趣味だったうどん作り。知る人ぞ知る津田の名人のもとで修行を積むなど、味も確か。店内は木の香りがほのかに漂う純和風造りでゆっくりくつろげる。

季節によって麺とダシがよく絡むよう、麺の太さを微調整するという大将の細やかな心配りがうれしい。その微細な麺の違いを年間通して実感してみて。

季節によって麺とダシがよく絡むよう、麺の太さを微調整するという大将の細やかな心配りがうれしい。その微細な麺の違いを年間通して実感してみて。

マルナカ琴平店の隣にあるお店。“天ざるうどん”(748円)や、“かま天”(825円)、“カレーうどん”など、おすすめメニューは多数ある中、人気はやっぱり“ざるぶっかけ”。

マルナカ琴平店の隣にあるお店。“天ざるうどん”(748円)や、“かま天”(825円)、“カレーうどん”など、おすすめメニューは多数ある中、人気はやっぱり“ざるぶっかけ”。

昼時1時間のみという、恐らく県内で一番営業時間の短いうどん屋。これもお客さんに出来たての麺を味わって欲しいという店主の強いこだわりから。

昼時1時間のみという、恐らく県内で一番営業時間の短いうどん屋。これもお客さんに出来たての麺を味わって欲しいという店主の強いこだわりから。

絶品の“ひや天おろし”はここが元祖。夏季メニューの“肉冷し”、“梅冷し”、冬季限定の“鍋焼き”もお見逃しなく。お土産の半生麺はインターネットでも購入できる。

絶品の“ひや天おろし”はここが元祖。夏季メニューの“肉冷し”、“梅冷し”、冬季限定の“鍋焼き”もお見逃しなく。お土産の半生麺はインターネットでも購入できる。

香川の繁華街のうどん屋『五右衛門』。その名を轟かせた看板メニューが“カレーうどん”や“黒カレーうどん”だ。麺とスパイシーなカレーとの絶妙なコラボレーションを堪能しよう。

香川の繁華街のうどん屋『五右衛門』。その名を轟かせた看板メニューが“カレーうどん”や“黒カレーうどん”だ。麺とスパイシーなカレーとの絶妙なコラボレーションを堪能しよう。

のんびりとしたロケーションの中にたたずむこちら。丸亀の有名店『中村』で修行を積んだご主人が、手間暇をかけて仕上げるダシと喉ごしのいい細麺が特徴のお店だ。

のんびりとしたロケーションの中にたたずむこちら。丸亀の有名店『中村』で修行を積んだご主人が、手間暇をかけて仕上げるダシと喉ごしのいい細麺が特徴のお店だ。

老舗の醤油屋だけあって、自家製醤油と地元産の材料にこだわったうどんは絶品。醤油うどんにかける醤油や薬味を、好みで選べるのがうれしい。

老舗の醤油屋だけあって、自家製醤油と地元産の材料にこだわったうどんは絶品。醤油うどんにかける醤油や薬味を、好みで選べるのがうれしい。

香川県主催[さぬきの夢]うどん技能グランプリで、度々入賞する実力派。「美味しい」との噂が口コミで広がり、多くのお客で行列が出来る名店。旬の食材ともちもちのうどんを是非。

香川県主催[さぬきの夢]うどん技能グランプリで、度々入賞する実力派。「美味しい」との噂が口コミで広がり、多くのお客で行列が出来る名店。旬の食材ともちもちのうどんを是非。

餅のように練り上げる技法と、地下水・ミネラル塩を使った超多加水麺は、口当たりが良く強いコシともちもち感が味わえる。名物の“釜抜きうどん”はまさにうどんのカルボナーラだ。

餅のように練り上げる技法と、地下水・ミネラル塩を使った超多加水麺は、口当たりが良く強いコシともちもち感が味わえる。名物の“釜抜きうどん”はまさにうどんのカルボナーラだ。

“古き良き昭和”に浸れる雰囲気の店内で、明るい店主の奥さんが、“いいコシ”のうどんを出してくれる。入れ放題のうずらの卵は1~3個がベスト。自家製いなりもうまい。

“古き良き昭和”に浸れる雰囲気の店内で、明るい店主の奥さんが、“いいコシ”のうどんを出してくれる。入れ放題のうずらの卵は1~3個がベスト。自家製いなりもうまい。

丼に入りきらないくらい大きなオリジナル・木の葉型の天ぷらがのった“天ぷらうどん”、麺が見えない巨大アゲ入りの“きつねうどん”。そのご本家がこちらだ。

丼に入りきらないくらい大きなオリジナル・木の葉型の天ぷらがのった“天ぷらうどん”、麺が見えない巨大アゲ入りの“きつねうどん”。そのご本家がこちらだ。

“しょうゆうどん”を立派なメニューに仕上げた元祖がここ。大きな大根を客が自分でおろし金でおろすというスタイルが、県外から来る人にも大人気だ。

“しょうゆうどん”を立派なメニューに仕上げた元祖がここ。大きな大根を客が自分でおろし金でおろすというスタイルが、県外から来る人にも大人気だ。

細長いカウンターは常に満席状態の人気店。「いつもお待たせしてすいません」とは、店主からのお詫びのメッセージ。自宅で『はりや』の味が楽しめるお土産うどんもオススメだ。

細長いカウンターは常に満席状態の人気店。「いつもお待たせしてすいません」とは、店主からのお詫びのメッセージ。自宅で『はりや』の味が楽しめるお土産うどんもオススメだ。

足で踏まずに手で折って折ってつくっている“手織り”の麺が食べられるお店。“毎日でも行きたい店”をコンセプトに「玉が大きい、味も値段もあきが来ない」を目指しているそう。

足で踏まずに手で折って折ってつくっている“手織り”の麺が食べられるお店。“毎日でも行きたい店”をコンセプトに「玉が大きい、味も値段もあきが来ない」を目指しているそう。

冬は“とりなんば”、夏は各種ぶっかけうどんが人気メニュー。少し変わった“親子うどん”もおすすめの一品だ。お店は久米池の横なので、店名は土地にちなんで命名したのだそう。

冬は“とりなんば”、夏は各種ぶっかけうどんが人気メニュー。少し変わった“親子うどん”もおすすめの一品だ。お店は久米池の横なので、店名は土地にちなんで命名したのだそう。

かなり余裕を残したレイアウトにバリアフリーを考えた店内は、車椅子のお客さんもゆったりとうどんを満喫できる。麺もダシも主張しすぎず控え目で上品な一杯を広い店内でいただこう。

かなり余裕を残したレイアウトにバリアフリーを考えた店内は、車椅子のお客さんもゆったりとうどんを満喫できる。麺もダシも主張しすぎず控え目で上品な一杯を広い店内でいただこう。

太田駅横にある完全セルフ店。無料トッピングは、天かす、ネギ、ショウガに加え、旬の時期はスダチもあり。力強い麺は満足度抜群だ。店舗新築で席が増え、店前に駐車場もできたぞ。

太田駅横にある完全セルフ店。無料トッピングは、天かす、ネギ、ショウガに加え、旬の時期はスダチもあり。力強い麺は満足度抜群だ。店舗新築で席が増え、店前に駐車場もできたぞ。

学生食堂風の広い店内と、トッピングの天ぷらが30種類もあるのには驚きだ。近くにある大学から昼食や晩ご飯にと学生たちが集まってくる。

学生食堂風の広い店内と、トッピングの天ぷらが30種類もあるのには驚きだ。近くにある大学から昼食や晩ご飯にと学生たちが集まってくる。