必見必食! ときめきグルメ 観音寺市

必見必食! ときめきグルメ

  • line
一味違う!?ご当地讃岐うどん
香川旅に欠かせない讃岐うどん。シンプルな「かけうどん」や「ぶっかけうどん」も美味しいですが、今回は一味違う変わり種うどんを食べに、「本場かなくま餅福田」に行ってきました。
香川県の西に位置する観音寺市にあるこちらのお店は、もともとはお茶屋でした。4代目店主によれば、四国八十八ヶ所霊場の巡礼の途中の休憩所として、餅をはじめとしてところ天やうどんなどの軽食を提供してきたのだそうです。
この「本場かなくま餅福田」のうどんが、とっても変わっているんです。
一番の名物は「アン雑煮うどん」。驚愕のメニューですが、実はあん餅は香川県民にはなじみ深い味。香川のお正月では、白い丸餅だけでなく、あん入りの餅もつくります。そのあん餅を入れて白味噌で仕立てた「あん餅雑煮」が定番なのです。

風味豊かないりこ出汁には、お店の地元・観音寺市沖に浮かぶ伊吹島産のカタクチイワシを加工したいりこを使用。伊吹島は、讃岐うどんの出汁に欠かせないいりこの一大産地です。
なめらかな食感の麺は手打ち。時代に合わせて食感も変化させてきたのだそう。


「アン雑煮うどん」には粒あんの入った焼き立ての餅が乗ります。

あん餅は、いりこのしっかり効いた出汁、なめらかな食感の麺ともベストマッチ。麺をすすりつつ、合間に味わうあん餅の甘さが、なんとも言えない良いアクセントになっています。
旨味・甘味・塩味のバランスが取れた飽きない一杯で、最後までおいしくいただくことができました。「アン雑煮うどん」は白味噌の出汁も注文できる(冬季のみ)ほか、あん無しの餅が入った「雑煮うどん」もあります。

お店のもう一つの名物、おはぎはお土産にもぴったり。店内で食べることもできます。

きな粉、あん、青のり、黒ごまの4種はそれぞれに風味豊か。ごはんはふっくらもっちり。中のあんは後を引きすぎないさっぱりした甘さで、いくらでも食べられそうです。

4種類全部が入ったミニおはぎもあります。少しずついろんな味を楽しめると好評なのだとか。

お店は開店と同時に行列ができる人気店。うどんは売り切れ次第店じまいになります。おはぎも完売必至ですので、行く前には問い合わせを。

本場かなくま餅福田
営業時間 10:00-14:00頃(売り切れ次第終了・要確認)
定休日  月
住所   香川県観音寺市流岡町1436-2
電話番号 0875-25-3421

同じテーマの記事