栗林公園

例年の見ごろ:11月中旬~12月初旬頃

  • 南湖と紅葉のコントラストが美しい

    南湖と紅葉のコントラストが美しい

  • ライトアップされた夜は幻想的な雰囲気

    ライトアップされた夜は幻想的な雰囲気

江戸時代の歴代藩主が100年余りの年月をかけて完成させ、国の特別名勝に指定されている庭園の中で最大の広さを持ちます。
春のウメ・サクラ、夏のハナショウブ・ハス、秋のカエデ、そして冬のツバキと四季折々の風物に恵まれ、広大な敷地を散策しながら、一歩一景といわれる変化に富んだ美しさを堪能できます。
ライトアップされる夜の艶やかな紅葉も人気。
  • ライトアップされた紅葉を船上から眺めることができる

    ライトアップされた紅葉を船上から眺めることができる

歴代藩主は、池に舟を浮かべ移り行く庭の景色を楽しんだと伝えられています。船頭さんの解説を聞きながら公園内の南湖を一周する南湖周遊和船もおすすめ。舟から眺める庭園の美しさ、舟遊びならではの見どころを楽しみましょう。
秋のライトアップ期間中は夜も運船しており、昼間とは違った幻想的な雰囲気を味わえます。また、風がない日は湖面がまるで鏡のようになります。
ボランティアガイドを利用し、園内の見どころやエピソードを教えてもらうのもおすすめ。ボランティアガイドクラブのみなさんとのふれあいで、自然の美しさと人の温かさに癒される紅葉狩りが楽しめます。
  • 代々の藩主たちが愛してやまなかったと伝えられる掬月亭

    代々の藩主たちが愛してやまなかったと伝えられる掬月亭

公園内の茶室「掬月亭」では、抹茶(煎茶)(菓子付)を味わうことができ、紅葉狩りの合間のひとやすみも一興。
造形美、空間美、自然美の中で、秋を堪能しましょう!