うどん県の秋まつり

うどん県の秋を彩る個性豊かなお祭りを紹介します。華麗な太鼓台(ちょうさ)が練り歩くちょうさ祭りから、子どもの成長を願った人形祭り、江戸の町が再現された大名行列、島の人が約300年伝える奉納歌舞伎など、どれも一度は見てみたいお祭りばかりです。開催日をチェックして、家族や友人と出かけてみませんか。
巨大な太鼓台(ちょうさ)が乱舞し、男たちの活気ある掛け声が響く!勇壮華麗に繰り広げられる、秋の風物詩として有名な「さぬき豊浜ちょうさ祭り」を紹介します。
子どもの成長を願って、歴史上の人物やおとぎ話の名場面を箱庭風の舞台に再現して披露する「仁尾八朔人形祭り」を紹介します。
高松の秋を盛り上げる!絢爛豪華な歴史絵巻の雰囲気がたっぷりと味わえる「仏生山大名行列」を紹介します。
約300年前から小豆島の人々が伝え続ける伝統芸能、「中山春日神社奉納農村歌舞伎」を紹介します。
まだまだ、うどん県の秋を楽しむお祭りが県内各地で開催されています。地元の人たちと触れ合いながら、町の伝統文化が感じられる秋まつりを訪れてみてください。