エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
所要時間を選択
現在の検索条件:
  • ロケ地めぐり×
  • 2018年11月
           
     
  • 2018年12月
               
             
  • 2019年1月
       
       
  • 2019年2月
             
       
  • 2019年3月
             
               
  • 2019年4月
     
           
  • 2019年5月
         
     
  • 2019年6月
               
               
  • 2019年7月
     
         
  • 2019年8月
           
  • 2019年9月
             
  • 2019年10月
       
       
8ありました

初めて香川に来る方に、おすすめなのがこのコース。全国的にも有名な、屋島・栗林公園・こんぴらさんは、一度は訪れたい観光地です。いずれも周辺に食事や休憩のための施設が充実しているので、旅行者に優しいスポットと言えるで…

初めて香川に来る方に、おすすめなのがこのコース。全国的にも有名な、屋島・栗林公園・こんぴらさんは、一度は訪れたい観光地です。いずれも周辺に食事や休憩のための施設が充実しているので、旅行者に優しいスポットと言えるで…

うどん県香川の有名観光スポットを2泊3日で回ります。瀬戸内海の船旅から始まり、懐かしい街並みの探索やローカルグルメ、アートも満喫。さらには温泉まで楽しめる、充実のプランです。

うどん県香川の有名観光スポットを2泊3日で回ります。瀬戸内海の船旅から始まり、懐かしい街並みの探索やローカルグルメ、アートも満喫。さらには温泉まで楽しめる、充実のプランです。

小豆島は、温暖な気候にめぐまれ「日本の地中海」と呼ばれる瀬戸内海に浮かぶ美しい島。二十四の瞳映画村、小豆島オリーブ公園などのほか、日本三大渓谷美のひとつに数えられる日本屈指の渓谷「寒霞渓(かんかけい)」の絶景も楽…

小豆島は、温暖な気候にめぐまれ「日本の地中海」と呼ばれる瀬戸内海に浮かぶ美しい島。二十四の瞳映画村、小豆島オリーブ公園などのほか、日本三大渓谷美のひとつに数えられる日本屈指の渓谷「寒霞渓(かんかけい)」の絶景も楽…

『八日目の蝉』は、女性の生きる哀しみと強さを描いた、角田光代原作の映画・ドラマ作品。映画版はアカデミー賞を受賞したことでも話題です。このコースでは、物語の後半で舞台となった小豆島の各所をめぐります。映画版・TVド…

『八日目の蝉』は、女性の生きる哀しみと強さを描いた、角田光代原作の映画・ドラマ作品。映画版はアカデミー賞を受賞したことでも話題です。このコースでは、物語の後半で舞台となった小豆島の各所をめぐります。映画版・TVド…

香川出身の本広克行監督がメガホンをとり、実在するうどん店を多数登場させた映画『UDON』。映画を見た讃岐うどんファンなら「○○のシーン!」と思わず嬉しくなる名店の数々を、5軒ぐるっとめぐってみよう。

香川出身の本広克行監督がメガホンをとり、実在するうどん店を多数登場させた映画『UDON』。映画を見た讃岐うどんファンなら「○○のシーン!」と思わず嬉しくなる名店の数々を、5軒ぐるっとめぐってみよう。

源平「屋島の合戦」でお馴染み、屋島からほど近い牟礼・庵治エリアは、日本有数の石材産地。美しい景色をバックに石のモニュメントが並びます。また、大ヒット映画『世界の中心で、愛をさけぶ』のロケ地でもあります。石の作品を…

源平「屋島の合戦」でお馴染み、屋島からほど近い牟礼・庵治エリアは、日本有数の石材産地。美しい景色をバックに石のモニュメントが並びます。また、大ヒット映画『世界の中心で、愛をさけぶ』のロケ地でもあります。石の作品を…

三豊市詫間沖に浮かぶ小さな島々は、充電のための気ままな時間を過ごすのにぴったりな場所。映画『機関車先生』で一躍脚光を浴びた志々島や、北前船が出入りするなど海運業の拠点として栄えた粟島を訪ねれば、そこはもう別世界。…

三豊市詫間沖に浮かぶ小さな島々は、充電のための気ままな時間を過ごすのにぴったりな場所。映画『機関車先生』で一躍脚光を浴びた志々島や、北前船が出入りするなど海運業の拠点として栄えた粟島を訪ねれば、そこはもう別世界。…

実在するラブラドール・リトリーバーの「きな子」は、おっちょこちょいですが、どこか憎めないキャラクター。映画で一躍人気者になりました。訓練士との絆を描いたシーンの数々は、愛犬家なら共感する部分も少なからずあることで…

実在するラブラドール・リトリーバーの「きな子」は、おっちょこちょいですが、どこか憎めないキャラクター。映画で一躍人気者になりました。訓練士との絆を描いたシーンの数々は、愛犬家なら共感する部分も少なからずあることで…