思い出もっと、 とっておき体験 東かがわ市

人形劇のテーマパーク とらまるパペットランド

  • line
香川県の東部・東かがわ市の「とらまるパペットランド」は、国内唯一の人形劇のテーマパーク。人形劇を観るのはもちろん、自分で人形を動かしたり作ったりもできる、舞台鑑賞と実演体験が同時にできる複合施設です。
 
とらまるパペットランドがある「とらまる公園」へは、高松自動車道の白鳥大内ICから車で約5分。またすぐ横に高速バスの大内バス停が隣接しているので、そちらを利用するのもおすすめです。
とらまるパペットランドには、「人形劇場とらまる座」「ミニチュア児遊館」「とらまる人形劇ミュージアム」の3つの施設があります。まずは入口正面にある、とらまる人形劇ミュージアムへ行ってみました。
 
1階展示室は、人形劇の人形を自分で動かしたり作ったりできる体験コーナー。入口で迎えてくれるのは、とらまるパペットランドの公式キャラクター・チムジャグの巨大マリオネット(糸あやつり人形)。大人より大きな人形の手足を動かすことができます。
その横にあったのはマリオネットの舞台。色々なマリオネットを実際に操ることができます。糸だけで様々な動きができるマリオネットにびっくり。
こちらは下から手を入れる手使い人形の舞台。手で直接操るので難易度は低め。口をパクパクさせるユーモラスな動きに心が和みます。
お隣の部屋にあったのは、たくさん窓のついた大きな箱「おはなしのぞき窓」。窓を開けて中を覗くと、そこには小さな人形で再現された物語のジオラマがありました。物語毎に違う作り手によって細やかに作り上げられたジオラマは、大人でも見応えたっぷりです。
 
1階の一番奥は、ピノキオを作ったゼペットじいさんの工房をイメージしたワークショップルーム。人形劇ミュージアムオリジナルの人形工作が体験できます。
1階で様々な体験をした後は2階へ。階段を上って部屋に入ると、そこに広がる光景にびっくり。なんと部屋中に人形がぎっしり展示されていました。その数1000体。全て実際に人形劇で使われていたもので、素材も仕組みも大きさも様々なのだそう。
次の部屋は、テレビの人形劇番組と四国の伝統人形劇、アジアの人形劇の人形の展示室。テレビで観たことがある有名な人形に出会えてテンションが上がります。
四国各地の人形劇は、かつて人々の娯楽のひとつであった人形芝居や人形浄瑠璃の貴重な人形を見ることができます。四国は、古くから人形劇が盛んで、各地でそれぞれ独自の発展を遂げ、現代まで受け継がれているものも数多くあるそうです。
こちらは中国、韓国、インドネシア、インドなど、アジア各地の人形。国毎に造型や色使いに特色があります。
体験コーナーは2階にもありました。これはテレビのスタジオを模した舞台。足下のモニターを見ながら、テレビの人形劇番組さながらに人形を操ることが可能です。
この男女は淡路人形浄瑠璃の人形。ここでは3人かがりでの操演を体験できます。人形浄瑠璃を観られる劇場はあっても、操演が体験できる場所はかなり貴重ですね。
カラフルな家から顔を出しているのは、ヨーロッパの人形たち。それぞれサーカスのピエロのような衣装をまとっていました。
またミュージアム入口のショップでは、色々な人形劇の人形が販売されていました。ワークショップで使われる製作キットも購入できます。
ミュージアムを出て階段を上った先には「人形劇場とらまる座」と「ミニチュア児遊館」があります。「人形劇場とらまる座」は、西日本唯一の人形劇専門劇場。全国から訪れるプロの人形劇団の公演を、年間100回以上開催しています。
 
玄関ロビーには数多くの人形が展示されていました。
上演される人形劇は、子どもから大人まで楽しめる定期公演の他に、海外劇団や大人向けの作品などの特別講演も開催。上演の予定は公式ホームページでお確かめ下さい。
最後に訪れたのは「ミニチュア児遊館」。
施設の中には、中世ヨーロッパの街並みが約2分の1のサイズで再現されていて、大人なら巨人になったような、子どもは人形遊びの家に迷い込んだような不思議な感じを持つはず。
建物の部屋と部屋は入り組んだ通路と階段で繋がっていて、まるで迷路のようです。
 
ごっこ遊び用の食器などは、消毒したものを1人分ずつ貸し出してもらえるので安心。
2階は絵本や紙芝居、ブロックや積み木を備えたプレイルーム。遊び疲れた時にここで休憩するのもいいですね。
 
「とらまるパペットランド」は観て、体験もできるまさに人形劇のテーマパーク。
小さなお子さんのいる家族連れにはもちろんのこと、多くの人形劇団がこの地を訪れる「パペットフェスタ」など、人形劇ファンにはたまらないイベントも開催しています。
次の機会には、ぜひ人形劇も見てみたいと思います。
 
-----------
とらまるパペットランド
営業時間 人形劇場とらまる座 上演スケジュールによる、とらまる人形劇ミュージアム 10:00-16:00、ミニチュア児遊館 9:00-17:00
定休日  月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、他不定休(主に第2・4火曜日)
住所   香川県東かがわ市西村1155
電話番号 0879-25-0055(一般社団法人パペットナビゲート)
https://www.toramaru.jp
料金   人形劇とらまる座期公演観劇料650円、人形劇ミュージアム入館料650円、ミニチュア児遊館入館料300円(セット券・団体割引あり、2歳以下の子どもは無料※保護者同伴)
所要時間 ワークショップ約20-40分
アクセス JR三本松駅より車で約10分、白鳥大内ICより車で約10分

同じテーマの記事