必見必食! ときめきグルメ 三豊市

香川県育ちの絶品フルーツ

  • line
香川県の西、三豊市の山合いの地域「財田(さいた)」には三豊グルメや自然を楽しむスポットが盛りだくさん。また、三豊市では様々な種類のフルーツが生産されています。瀬戸内海の温暖な気候に恵まれ、日照時間が長く雨が少ないことから果物の栽培にとても適した地域なのです。
 
そんな三豊フルーツを味わうべく最初に訪れたのは、近年注目を集めているのがマンゴーなどの香川県産トロピカルフルーツが味わえる「annfarm(アンファーム)」。こちらは、安藤果樹園直営の2020年に10周年を迎えたカフェ&ショップです。高松から国道32号線を高知県方面へ進むと左手にあります。
入り口に掲げられたのぼりにあった通り、取材時には収穫期真っ只中のマンゴーがイチオシでした。
「香川県でマンゴー?」と思いお聞きしました。オーナーの安藤ご夫妻は、気候に恵まれた三豊で「日本一おいしいマンゴーを作りたい」と、農業の経験もないところからスタートをして今に至るそうです。
最初は苗木を求め、マンゴーの産地である九州へ。何度も失敗を重ね知識を得ながら、ひとつひとつていねいにマンゴー作りに取り組んだそうです。こうして、土・肥料にこだわり、農薬不使用で安心しておいしく食べられる「annfarm(アンファーム)」のマンゴーが生まれました。糖度15度以上のもののみが出荷され、そのマンゴーには、浦島太郎伝説の残る三豊市にある農園らしく「乙姫」という名前がつけられています。
 
店内に入ると、すぐにフレッシュな「乙姫」がお出迎えをしてくれました。
入り口を入ってすぐのスペースには、採れたての旬のトロピカルフルーツが並びます。これから夏にかけてはマンゴーだけでなく、パッションフルーツやドラゴンフルーツが収穫時期を迎え、販売もはじまるそうです。もちろん、安藤果樹園で育ったものです。
ショップスペースでは、フレッシュな果実だけでなく、ドライフルーツや焼き菓子、ジャムやゼリーなども並んでいます。お土産用だけでなく自分用にも買って帰りたくなる彩り豊かな数々の商品。
詰め合わせセットを販売していたので、何を買おうか悩んだときはセットでの購入も良さそうです。
香川県産の珍しいトロピカルフルーツを使った商品はどれを選んでも喜ばれること間違いなしです。
また、ギフトボックスは、生産者の顔と農園が描かれたあたたかいイラストの包装紙で包まれます。
奥にはカフェスペースがあり、平日にもかかわらずオープンと同時にお客さんが来店していました。
やはりこちらでいただきたいのは、フレッシュマンゴーがふんだんに使われたパフェ。グラスいっぱいに入ったダイス状にカットしたマンゴーの上にヨーグルトクリーム、マンゴーシャーベット、スライスマンゴーがのっています。
フレッシュマンゴーは、香り高くジューシで濃厚な甘さ。そこに加わるヨーグルトクリームで、ほんのり酸味がきいて最後までおいしくマンゴーを堪能することができます。とにかく、贅沢な一品でした。こちらでは、夏場のトロピカルフルーツを始め、一年中様々な種類のフルーツを使ったデザートが味わえるそうです。
帰りには、これもまた安藤果樹園で栽培している完熟アボカドを使ったスムージーをテイクアウトしました。アボガドの風味がしっかり香る濃厚な味わいでした。
続いて向かったのは、アンファームから車で10分ほど西に向かったところにある道の駅「たからだの里さいた」です。
こちらは、産直のある物産館、日帰りで利用できる温泉施設、家族で楽しめるパークゴルフ場など、食べる・買う・くつろぐ・泊まる・遊ぶ・学ぶが一度に楽しめる場所です。スタッフの方によれば、物産館の建物は、県境に連なる阿讃山脈をイメージしたものだそうです。
産直には約190軒の生産者が登録しているそうで、旬のフルーツや野菜が朝8時から並びます。8時〜10時ごろまでは地元の方がぞくぞく新鮮な野菜を買い求めに訪れます。土日は、県外の方も多いそうです。物産館は2021年4月に、パン工房を併設した道の駅にリニューアル予定だそうです。
財田の特産品である桃は、夏にかけて旬を迎えます。多くのお客さんは、箱ごとどんどん購入をしていました。また、こちらでは冬から春は苺、夏は桃やブルーベリー、夏から秋にかけてはぶどう、秋にはいちじく、柿、みかん、レモンなどと年中旬の果実が並びます。
続いて立ち寄ったのは、物産館に併設の直営アイスクリーム店「フレスコ」。ベースとなるミルクアイスから手作りで、産直で販売している旬のフルーツや野菜を使ったアイスクリームを味わうことができます。先ほど見かけた財田の桃を使ったアイスもあります。また、初夏が旬の梅アイスは、三豊産の青梅を使い、果実のさわやかな風味が暑い時期にぴったりです。
  • 提供:環の湯

    提供:環の湯

最後に向かったのは温泉施設「環(たまき)の湯」。小高い丘に建てられており、四季を通じて阿讃山脈を一望しながらくつろぐことができます。湯は、鉄分を多く含むさっぱりとした「黄金の湯」と、ナトリウムを含みとろっとした「白銀の湯」がありました。
  • 提供:環の湯

    提供:環の湯

露天風呂では、檜の香りと自然豊かな景色に森林浴気分でリラックスできます。
  • 提供:環の湯

    提供:環の湯

アンファームのマンゴーから財田の旬のフルーツをつかったアイスクリームまでとっておきのグルメを味わいながら、お土産を購入し、温泉浴でリフレッシュと、お腹も心も満たされた日帰り旅になりました。
-----------
annfarm アンファーム
営業時間 4月-9月/9:00-17:30 10月-3月/10:00-17:00
定休日  4月-9月/水曜日  10月-3月/水曜日・木曜日
住所   香川県三豊市財田町財田上6476-1
電話番号 0875-67-2336
http://www.fl-annfarm.com/
-----------
道の駅 たからだの里さいた
https://takaradanosato.co.jp/event_cate/
[物産館]
営業時間 8:00-18:00
定休日  月曜日(祝日の場合営業)
住所   香川県三豊市財田町財田上180ー6
電話番号 0875-67-3883
[環の湯]
営業時間 9:00-21:00
入場料金 大人520円 5-12歳まで310円 70歳以上420円
定休日  月曜日(祝日の場合営業、翌火曜日休み)
住所   香川県三豊市財田町財田上1110-8
電話番号 0875-67-2614

同じテーマの記事