思い出もっと、 とっておき体験 さぬき市

日本ドルフィンセンターでイルカとふれ合う

  • line
頭が良く人なつこいことで知られるイルカ。水族館のショーの人気者で身近に感じられる動物ですが、普段直接ふれ合う機会はほぼありません。

しかし、そんなイルカと間近でふれ合える貴重な体験ができる施設が、香川県さぬき市にあるんです。今回はその「日本ドルフィンセンター」に行ってみました。
施設の場所は、香川県でも人気の海水浴場「津田の松原」のすぐ近く。「津田の松原」の東側にある鵜部(うのべ)半島の岬にあります。高松自動車道を津田東ICで降りて国道11号線を高松方面へ進むと、鶴羽(つるわ)幼稚園南交差点に案内看板があるので右折。後は案内表示に従って進めば、約5分で到着します。
駐車場に車を停めてエントランスへ。奥に見えているのはマリンレスト。貝殻をモチーフにしている建物はまるで海の上に建っているように見えます。
ウッドデッキを進んで、マリンレスト下の屋外受付へ。こちらで体験したいイルカプログラムの受付けをして、入場料とプログラムの料金を支払います。体験コースは「エサやり体験」「トレーナー体験」「ドルフィンスイム」「ふれあいビーチ体験」など様々。当日受付で参加OKですが、人数制限があるため事前予約が確実だそう。見学だけの方もこちらで受付けと入場料が必要です。
受付けが終わったらマリンレストの2階でイルカプログラムの説明を受けます。ドルフィンスイム等の着替えが必要なプログラムの場合はこのフロアにある更衣室で着替えます。シャワーもあるので、体験で海に入っても安心です。またプログラムはそれぞれ開始時間が決まっているので、待ち時間をゆっくりと過ごすこともできます。
説明が終わったら足下をチェック。イルカたちは、海上にあるいけすのようなプールの中にいます。イルカプールの周りにあるカラフルな足場は「フロート」と呼ばれる強化プラスチックで、水に浮いているためゆらゆら揺れます。そのためヒールなど不安定な靴を履いている方は、ここでサンダルを借りて履き替えましょう。
さあ準備が終わったらいよいよイルカたちのところへ。プールに近づくとバンドウイルカの「メイ」と「サンゴ」がつぶらな瞳でこちらを見つめてきて、否応なしにテンションが上がります。
まずは「エサやり体験」に挑戦。イルカがフロートギリギリのところに顔を出してくれるので、水に濡れることもなく小さなお子さんでもエサをあげることができます。エサは鯖などの魚。またエサやりだけでなくイルカに触れることができるのもポイントで、手触りは濡れた茄子やゴムのような感じでした。
続いては「トレーナー体験」。イルカと友だちになれる「ハンドサイン」を教えてもらい、実際にイルカにサインを出します。自分が出したサインでイルカがジャンプしてくれるので、本当にドルフィントレーナーになったよう。目の前で水から飛び出すイルカも迫力満点です。
 
「トレーナー体験」と「エサやり体験」は同時に行われるので、エサやりをした後にハンドサインなどのトレーナー体験を行うことができます。「エサやり体験」だけの申し込みの方も、「トレーナー体験」の様子を間近に見学することができますよ。
次は、施設1番人気の「ドルフィンスイム」。自分も海の中に入って、イルカと一緒に泳ぐことができるプログラムです。海の中へ入ると、好奇心旺盛なイルカたちが向こうから遊びに来てくれて、より濃厚にふれ合うことができます。最後にはイルカの背びれにつかまって一緒にスイム。水に浮くウエットスーツを着るので、泳げなくでも大丈夫です。
最後は「ふれあいビーチ体験」。ドルフィンスイムはプールの中でしたが、このプログラムが行われるのはドルフィンセンターに隣接する砂浜。イルカが外の海に出ていかないようにネットで囲われていますが、プールの中より自然に近い環境でイルカとふれ合うことができます。
胸まで繋がっている防水長靴を履いて、腰あたりまである海の中へ入っていくと、イルカがこちらへやってきます。エサをあげたり、撫でたり、サインを出すなど内容も盛りだくさん。担当してくれたのはカマイルカの「ハーツ」。先ほどのバンドウイルカより一回り小さい種類です。
イルカ体験の後は、再びマリンレストへ。実はこちらのお土産コーナー、イルカグッズの品揃えはイルカ好きなら涙ものの充実ぶり。ドルフィンセンターオリジナルグッズも多数あって、ゆるーいイルカのキャラや学習帳風メモ帳が人気だそう。
また自分で色を塗って仕上げる「イルカ木ホルダー」や陶器の置物、オリジナルコルクボードなどの手作り体験もできるそうです。
 
今回の体験で印象的だったのが、訪れていた人たちがみんな素晴らしい笑顔になっていたこと。年齢は子どもからお年寄りまで、家族でもカップルでもグループでも楽しめること間違いありません。
人懐っこいイルカとふれあい、一緒に遊んだり泳いだりすることができ、とても癒される体験でした。
 
-----------
日本ドルフィンセンター
営業時間 10:00~17:00(夏季は~18:00)
定休日  4月~9月:無休、10月~3月:水曜日
住所   香川県さぬき市津田町鶴羽1520-130
電話番号 0879-23-7623
公式サイトhttps://www.j-dc2.net
料金
見学料:大人500円(中学生以上)、小人400円(4歳~小学生)、3歳以下無料
プログラム:エサやり体験600円/トレーナー体験2,000円/ドルフィンスイム9,000円(中学生以上)、7,500円(5歳~小学生)/ふれあいビーチ体験5,500円(中学生以上)、5,000円(5歳~小学生)
所要時間
エサやり体験・トレーナー体験 約30分(レクチャー時間15分を含む)/ドルフィンスイム 約40分/ふれあいビーチ体験 約20分
※プログラムは天候により中止されることがあります。季節によっても内容が変わるので、詳しくは公式サイトをご確認の上、お問い合わせください

同じテーマの記事