オンリーワンな宿に泊まりたい! 高松市

個性豊かなゲストハウス

  • line
旅の宿泊先として、ホテルや旅館以外にゲストハウスという選択肢もあります。ゲストハウスとは、一般的にはドミトリー(相部屋)タイプのベッドルームに、洗面所やシャワーなどの水回り・キッチンやラウンジなどの共有スペースを備えた素泊まりの宿泊施設のこと(※宿によって異なる場合もあります)。高松市内にも個性豊かなゲストハウスが何軒もあり、それぞれに特長があって楽しめます。今回は、そんなゲストハウスに探訪してみました。
最初に訪れたのは、JR高松駅のすぐ近くにある「Art Setouchi Triennale Hotel」。2019年秋に開業したばかりのゲストハウスです。
 
オーナーの小笠原正一さんは、もともとご自宅で海外の方向けにホームステイや民泊を行っていたのだそう。最初は自宅に知らない人を泊めることに不安があったそうですが、「実際に受け入れてみると皆さんとても優しい方ばかりで、良い国際交流ができて、思い出になったんです」と小笠原さん。この日はご家族の皆さんも出迎えてくれました。
その後、より多くの人を受け入れていきたい、と古いビルを改装してゲストハウスを開業しました。
小笠原さん曰く、長年空きビルになっていたというこの建物は、今では夜になると窓から灯りが漏れ、通りの雰囲気も明るく見えるようになったそうです。
宿泊客が自由に弾けるピアノもあり、自宅にいる気分でくつろぐことができます。大画面のテレビでは瀬戸内国際芸術祭のPRムービーが流れていて、島旅の思い出を振り返るのにもぴったり。次回芸術祭への期待感を高めてくれます。
 
コンセプトが「アートを感じるゲストハウス」ということで、島にアート鑑賞に出かけて帰ってきた後も、引き続きアートを体感しているような気分になれるような空間づくりをしているそう。
そんなこだわりのひとつが表れているのが照明。各部屋に本格的なシャンデリアが飾られていて、ゲストハウスに泊まっているとは思えないような非日常空間になっています!
また、宿泊客どうしの交流を促すような空間づくりにも気を配っています。例えばこちらの女性専用ドミトリー。通常は二段ベッドにカーテンを設置して、プライベートな空間にすることが多いですが、このゲストハウスではあえてカーテンをつけていません。
真ん中に座卓を置き、宿泊客どうしがお互いに顔を合わせて言葉を交わせるようなきっかけ作りをしています。
個室の和室には、伊勢神宮で使われているものと同じ御簾(みす・宮殿や社寺で使用するすだれ)や高知県産イグサで作られた畳などを使用し、本格的な和の空間を再現しています。ゲストハウスにはめずらしく浴衣(他の部屋はガウン)の用意もあり、旅館に泊まっているような気分を味わえます。
和室の天井は格子状。将来的に、宿泊客の方に絵を描いてもらい、ここに飾っていくという構想もあるそう。
畳縁はカラフルな水玉模様。スリッパのデザインは部屋ごとに違い、どれもユニークなので要チェックです。
 
小笠原さんに、「アート」をコンセプトにした理由を伺いました。
ホームステイや民泊を受け入れていたときに、宿泊客の多くが島々にある美術館やアート作品、高松市内の美術館などを旅の目的にしていたことに驚いたのがきっかけだったそう。
宿泊客と共にアートをめぐる中で、地元の魅力を改めて知ることができ、より発信していきたいと思うようになったそうです。
 
今後は共有スペースでカフェ営業もし、讃岐うどんを食べられるようにしたり、アート・盆栽などのワークショップに力を入れたりしていきたいとのこと。館内や各部屋も少しずつ改装したりベッドを増やしたりして、さらにアート空間を究めていくそうです。
 
次に訪ねたのはゲストハウス若葉屋。
琴電長尾線花園駅から徒歩5分のところにあります。無料の駐車場もあります(空き状況は要確認)。
民家のような佇まいで、友人の家に遊びに来たかのようなアットホームな雰囲気。
それもそのはず、若葉屋にはオーナーの若宮武さんのご自宅が隣接しているのです。息子さんが共有スペースに遊びに来ることもあります。青年海外協力隊で活動していたときに、「家族と一緒にいられる仕事をしたい」と考えるようになったという若宮さん。その後、2014年に自宅と隣接したゲストハウスを開業することにしました。
 
ゲストハウスを運営する上で大切にしていることは「自分があったらいいなと思うものを用意すること」。実際に世界各地のゲストハウスで宿泊した経験のある若宮さんだからこそ気づく、旅人ならではの視点です。
天井の高いドミトリーにはベッドが8つ。随所に若宮さんのこだわりが詰まっています。
丈夫でしっかりとした造りのベッドは大工さんに作ってもらったというオリジナル。若宮さん曰く「絶対に揺れないんです!」というベッドで、快適に休むことができます。
上段にある照明除けのカーテンや側面のカーテンも若宮さんのお手製。市販のカーテンレールは、意外に騒音がして、ゲストが寝静まった夜には室内に響いてしまうことに気づいたのだそう。夜遅く到着したゲストが他の宿泊客に気兼ねなく過ごせるように、とできる限り音の少ないカーテンレールの素材の組み合わせを試し、今の形に行き着いたのだそうです。
各ベッドの枕元には鍵をかけられる引き戸付きの棚があり、貴重品の管理にとても便利。
ちょっとした洗濯物をプライベートスペースで干せるように、とベッド内に物干し竿を設けたり、歯磨き用のコップを用意したりと「ゲストの動きを観察して、少しずつ改善している」という若宮さん。
さりげないけれど、快適に過ごせる小さな工夫がいくつもあって感激です。
個室の和室はシングルとツインの2種あり、ファミリー連れの利用も多いとか。押し入れの下半分がなくスペースにゆとりがあるのもうれしいポイントです。
共有スペースにはミニキッチンとランドリーコーナー、周辺の観光情報を一覧できるパンフレットコーナーもあります。
旅の行先に困ったら、若宮さんが親身に相談に乗ってくださいます。
 
ここで紹介した以外にも高松市内にはゲストハウスがいくつもあり、それぞれに個性豊かです。旅のスタイルや好みに合わせて宿泊先を選んでみると、旅がより思い出深いものになること間違いなしです!

-----------
Art Setouchi Triennale Hotel(2020年4月にSetouchi Triennale Hotelから改称)
チェックイン  15:00-22:00
チェックアウト 6:00-11:00
定休日  不定休
住所   香川県高松市西の丸町12-15
電話番号 087-813-1851
-----------
ゲストハウス若葉屋
チェックイン  16:00-22:30
チェックアウト -10:00
定休日  不定休
住所   香川県高松市観光町603-1
電話番号 070-5683-5335
http://wakabaya.main.jp
 
※キャンセル規定等その他のルールは、各ゲストハウスのHPをご確認ください