芸術祭だけじゃない!香川のアート 高松市

芸術祭だけじゃない!香川のアート ジョージ ナカシマ記念館

  • line
世界的な家具デザイナーとして知られるジョージ・ナカシマの作品や、生き方、哲学などに触れられる場所が高松市牟礼町にあります。その名も「ジョージ ナカシマ記念館」。高松市中心部から車で30分ほどにあるこちらは、ジョージ・ナカシマのパートナーとして家具製作をしてきた同市の家具工房「桜製作所」により、2008年に設立されました。
中に入ると、ジョージ・ナカシマの木の彫像が迎えてくれます。
(ジョージ ナカシマ記念館 蔵)
 
ジョージ・ナカシマは1905年、日系2世としてアメリカに生まれ、ワシントン大学で森林学と建築を学び、マサチューセッツ工科大学に移籍。その後世界一周の旅に出ます。ロンドン、パリ、インド、中国…そして1934年、日本の帝国ホテル建設のためフランク・ロイド・ライトとともに来日した建築家、アントニン・レーモンドの事務所に入所しました。
1935年には、アントニン・レーモンド設計の軽井沢聖パウロカトリック教会と家具の設計に参加し、その時ナカシマが手がけたといわれる椅子が、館内2階の展示室にあります。現場で大工につくらせたというこの椅子は、ナカシマの携わった現存する最も古い作品の一つ。丸く加工された木材を使い、打ち抜きのほぞ(木材を接合するときに、一方の材にあけた穴にはめこむため、もう片方の材につくった突起)が表に見えているのが特徴です。座面は水辺に生えているガマで編んだもので、素朴ながら丈夫で美しい椅子です。
その後、1941年にアメリカに帰国し、自身が最初から最後まで統合できる仕事として家具の道へと転向。シアトルの小さな工房で家具づくりを始めるも、第二次世界大戦が開戦し、日系人であったことからアイダホ州のミニドカ強制収容所へ送られてしまいます。収容所での制限された生活の中ではありましたが、ナカシマは日本で伝統技術を修得した日系大工と出会い、基本的な木工技術を身につけます。展示室ではそんなジョージ・ナカシマの、知られざる系譜にも触れることができます。
収容所から解放されたナカシマは、レイモンドを頼ってアメリカのニューホープで家具制作をはじめ、その才能を開花させます。こちらは代表作の「コノイドチェア」。脚が二本しかなく、片持ち梁(1点でしか支えられていない梁のこと)という建築の構造を使った斬新なデザインで、一見不安定に見えますが、実際には破損率が低いという名品です。特別に座らせていただきましたが、安定感があり木に包まれているような心地よさがありました。
1階にはナカシマの精神を受け継いだ桜製作所が、ナカシマとともに制作した家具や、オリジナル家具を置いたカフェスペースがあり、実際に触れたり座ったりしながら、木の家具のぬくもりや使い心地を体験できます。
カフェスペースの一角には、木製の小物や雑貨を販売するコーナーもあります。
こちらはペンケース。なめらかな木肌とカーブが美しく、手になじむ感じがします。
こちらは干支シリーズ。木のぬくもりと優しさに、ほっこり。思わず手に取りたくなります。年始だけでなく、オブジェとしてもずっと飾れそうなデザイン。コレクションするのも楽しいかもれしません。
さらに、実はここにはすごい宝物があるんです。それはカフェスペースの天井部分にある、長い梁。よく見てみると、たくさんの人のサインが残されています。イサム・ノグチ、猪熊弦一郎、和田邦坊…いずれも名だたるメンバーです。
ナカシマは1963年に流政之が発起人となって始まった活動「讃岐民具連」の一員としても活動しました。「讃岐民具連」は地方に伝わる民具を見直し、時代に合う形にデザインし、世界に向けて発信するというプロジェクト。発足の翌年、流の誘いで来日し、高松へやってきたナカシマは、サクラ製作所(現:桜製作所)で家具をつくり「ミングレン」と名前を付けました(右上写真:右から2番目が流、3番目がナカシマ)。
当時の金子香川県知事をはじめ、香川県庁舎を手掛けた丹下健三など著名な建築家や職人、デザイナーが集っていたことが伺えます。「ミングレン」シリーズは50年経った今も、ロングセラーとして多くの人に愛されています。
 
香川県に集い、新しい時代を創ろうとしていた、その息吹を「ジョージ ナカシマ記念館」で感じることができました。

-----------
ジョージ ナカシマ記念館
休館日  日曜日・祝日・お盆・年末年始
住所   高松市牟礼町大町1132-1
電話番号 087-870-2829
 

同じテーマの記事