enjoy!香川のアウトドア 三豊市

備讃瀬戸の景色と波の音に癒される! 荘内半島オートキャンプ場 浦島

  • line
大小の島々が点在する瀬戸内海に突き出た、香川県北西部にある荘内半島。浦島太郎の伝説が残るこの場所は、かつては、目の前に見える粟島・志々島とあわせて「浦島」と呼ばれていたそうです。波の音を聞きながらのんびりリフレッシュするため、半島の東側にある「荘内半島オートキャンプ場 浦島」に行ってきました。
高松方面から出発して高松自動車道の三豊鳥坂ICを降りてから車で約30分。気持ちのいい海沿いの景色を楽しみながら県道232号線をしばらく走ると、「荘内半島オートキャンプ場 浦島」の看板が見えてきます。
※三豊鳥坂ICは愛媛県側からは降りられません。手前のさぬき豊中ICをご利用ください。
坂を下って海の方に降りていくと、右手にキャンプ場の入り口があります。受付で予約しておいた名前を伝えると、キャンプサイトと設備を案内してくれます。車のままキャンプサイトに乗り入れることができるので、荷物が多くても大丈夫です。
瀬戸内海と島々が広がる景色は開放感抜群! 海の向こうに見えているのは、瀬戸内国際芸術祭の舞台になっている粟島です。晴れた日には、瀬戸大橋や岡山県の笠岡諸島まで見渡せます。
(提供:荘内半島オートキャンプ場 浦島)
キャンプ場の山側には「フラワーパーク浦島」の花畑が広がっていて、4月頃にはキンセンカ、5月頃からはマーガレットやポピーの花が見頃を迎えます。※今年は、4月24日(土)から5月30日(日)まで、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、園内への立入り及び駐車場の利用が禁止となっています。ご理解とご協力をお願いします。
海側のサイトは、すぐ目の前が海!海に近いキャンプ場は高松市の女木島や庵治町、観音寺市、東かがわ市引田、小豆島など県内にはいくつかありますが、ここもそのひとつ。
夏にはキャンプ場のすぐ下にある浜で泳ぐ人もいるそうです。カヤックの貸し出しもしているので、本格的に海を楽しみたい人にもおすすめです。
キャンプ場内には炊事場や自動販売機もあり、事前に予約すればテントやバーベキューコンロなどを借りることもできます。
シャワールーム(3室のうち女性専用1室)や温水洗浄便座付きのトイレまで完備されているので、アウトドア初心者でも安心です。電源もあるので、夜でも、寒い日でも快適に過ごせそうです。(電源の利用には別途料金が必要です。)
テントの設営がひと段落したら、キャンプ場のすぐ隣にあるカフェ「CLASSICO セトウチ珈琲」でひと休みしませんか?
地中海風のおしゃれな店内に一歩足を踏み入れただけで、テンションが上がります。そして、窓一面に広がる海!
「この海の眺めが、ここに店をつくることを決めた理由でした」というオーナーの廣瀬憲雄さん。長年コーヒーの卸会社に勤めていた廣瀬さんは、その経験をいかして2018年にこのカフェをオープンしました。
おすすめは厳選した豆で一杯一杯ていねいに淹れる、コーヒーとカフェラテ。ランチメニューや季節ごとに変わるケーキもあります。
一息ついたら、キャンプ場に戻ってランチの準備に取りかかります。海を見ながらのバーベキューはいかがですか? 食材の販売はしていないので、事前に食材を調達しておきましょう。
日が沈むまで、たまに通る船を眺めたり、本を読んだり、焚き火を囲んだり。波の音をBGMに、のんびりと贅沢な時間を過ごすことができます。
(提供:荘内半島オートキャンプ場 浦島)
 
運がよければ、夜には満点の星や満月の光が海を照らす「月の道」が見られることも。そして、東に面しているこのキャンプ場の魅力はなんといっても日の出! 早起きして、ぜひ見たい景色です。
チェックアウト後に立ち寄りたいのが、「荘内半島オートキャンプ場 浦島」から車で15分ほどのところにある紫雲出山。瀬戸内海が一望できる、桜や紫陽花の名所です。

荘内半島の自然をゆったりと満喫できる「荘内半島オートキャンプ場 浦島」では、身も心もほぐれてリフレッシュすることができました。設備も充実しているので、アウトドア初心者やファミリーにもぴったりのキャンプ場です。四季折々の魅力を発見しに、ぜひ足を運んでみてください。
 

ーーーーーーーーーーー
荘内半島オートキャンプ場 浦島
営業時間 宿泊 チェックイン 10:00~(連休の場合は13:00〜)/チェックアウト 翌12:00まで、デイキャンプ(平日のみ)チェックイン 10:00~/チェックアウト 15:00まで
定休日 無休
住所 香川県三豊市詫間町積560
電話番号 0875-82-6631
メール info@urashima-camp.jp
https://urashima-camp.jp/
費用目安 宿泊|サイト利用料:海側オートサイト(平日) 2,500円(土・日・祝)3,500円、オートサイト2,000円、フリーサイト テント1,500円 タープ500円 施設利用料:大人500円 /人 子ども300円/人
デイキャンプ(平日のみ)|サイト利用料:海側オートサイト1,500円、オートサイト1,000円 施設利用料:(夏季)大人・子ども500円/人 (春・秋・冬季)大人・子ども300円/人
※宿泊、デイキャンプともにゴミ処理代(1サイト)300円(持ち帰りは無料)
※テントやバーベキューコンロなどのレンタル代は公式サイトを確認
※要予約。予約はホームページ、もしくは電話にて受付
ーーーーーーーーーーー
CLASSICO セトウチ珈琲
営業時間 10:00〜18:00(17:30LO)
定休日  水曜日
住所   香川県三豊市詫間町積583
電話番号 0875-82-9045
https://classico-setouchi.com
 
 
 

同じテーマの記事