ぶらり、街さんぽ 高松市

  • line
海の近くで大満喫! 高松観光のおすすめ 朝から昼編
目と鼻の先に、青々ときらめく瀬戸内海を望めるJR高松駅周辺。風光明媚な玉藻公園、お洒落なスポット・北浜アリー、そして1,000軒以上のお店が連なるアーケード街へ、気軽にアクセスできます。
今回は、JR高松駅周辺を思いっきり満喫したいあなたへ、徒歩で回ることのできる観光・グルメ・ショッピングスポットをご紹介します!

JR高松駅からすぐ、ホテルや公共施設、広場などが整備された一帯です。
151.3mの高層ビル「高松シンボルタワー」では、最上階30階に展望スペースがあり(※)、瀬戸内海や高松市街地の絶景を贅沢に見下ろすことができます。海と山に囲まれたコンパクトシティー・高松の街並みを、ぐるりと見渡してみてくださいね。
せっかく高松駅を起点に観光をするなら、この周辺のホテルに滞在するのがオススメです。
※利用できる時間はALICE IN TAKAMATSUに御確認ください。(087-823-6088)
サンポート高松を港方面へ。高松港の海風を感じながら歩いていると、海へと伸びる防波堤の先端に赤い灯台が見えます。
こちらは、世界で初めてのガラス張りの灯台「せとしるべ」です。1600個ものガラスのブロックで作られており、離れたところからでも、きらめく海と空と赤いブロックとのコントラストに目を奪われます。目の前には瀬戸内の島々が見え、潮風と波の音の心地よいリズムに癒されます。
目の前を船が行き交っている、この雄大な景色をぜひ写真に収めたいものです。
 
 
 
 

「せとしるべ」から約15分。「史跡高松城跡 玉藻公園」へやって来ました。
玉藻公園は、讃岐国領主・生駒家、高松藩主・松平家が居を構えていた、高松城跡を整備した公園です。にぎやかなJR高松駅のほど近くにありながら、風光明媚な公園として地元民に愛されている場所です。
高松城は日本三大水城(みずじろ)の1つとして知られており、瀬戸内海の海水を引き込んだお堀にはなんと、鯛が優雅に泳いでいます。 “鯛願城就”(たいがんじょうじゅ)といわれる餌やり体験ができる楽しみも。お堀では、城跡を見上げながら小舟でお堀を進む城舟体験もできます。
公園内で見逃せないのは、国の重要文化財に指定されている披雲閣庭園。披雲閣は香川を訪れる賓客をもてなす迎賓館として使われていた歴史があり、庭園を歩いていると、建設された大正時代当時の雰囲気を感じられます。
玉藻公園は早朝から開門しています。朝の空気は気持ちいいので、早い時間にホテルを出て、のどかに散歩してみるのも良いですね。
玉藻城から瀬戸内海の海岸沿いをレグザムホール(香川県県民ホール)方面へ歩いていくと、ランチにオススメのハンバーガー専門カフェ「MUG’S CAFE(マグズカフェ)」があります。
定番メニューは、一番人気の「アボカドベーコンチーズバーガー」、ソフトドリンクをセットにできるほか、女性にうれしいスムージー付きのセットなどもあります。
 バンズ、パティとも注文してから丁寧に焼かれるため、時間はかかりますが、店内に漂う香ばしいにおいに食欲をかき立てられます。そしていざ、提供されたハンバーガーは…
写真の通り特大サイズ! バンズにこんがり焼き目がついていて、生地を噛むたびに香ばしさが口いっぱいに。パティは余分な油がほどよく落とされており、フレッシュな野菜と相まって素材本来の味がしっかりと感じられます。
窓辺の席をゲットできれば、通りを1本挟んで瀬戸内海の景色が。絶好のロケーションで海辺の陽気を感じながら、口いっぱいハンバーガーをほおばってくださいね。
 
MUG’S CAFE(マグズカフェ)からさらに先へ約1分歩くと、「北浜アリー」に着きます。飲食店やセレクトショップ、ギャラリーなどが集まる、お洒落な一角です。
もともとは港湾の古い倉庫街を改築したもので、まるで映画のセットに迷い込んだような、レトロでクリエイティブな雰囲気が魅力です。密集したエリアのなかにも個性的なお店が揃っており、散策するだけでも時間を忘れてしまいます。
建物をバックに写真を撮って、香川観光の記念に残すのもいいですね。
もう一つ、おすすめのランチのお店を紹介します。
隠れ家的なスポットでひと息つきたいなら、カフェ「さろんぶるー」へ。
閑静なビルの5階にあり、窓辺からは瀬戸内海やそこに浮かぶ島々、行き交うフェリーなどを目にすることができ、海辺の絶景に癒されます。
立ち込めるコーヒーの香りにリラックスしながら、「これからどんな旅にしていこうかな」と思いを巡らせてみてはいかがでしょうか。
お食事を楽しむなら、ピザやおにぎりをはじめ、県産食材をふんだんに使った料理が充実。食べ物からも香川のよさを感じられるのが、うれしいところですね。夜19時以降は予約制で、とっておきの空間を自分たちだけで独り占めすることもできます。コースのなかには、讃岐和三盆を木型から抜いて作る貴重な体験も。
時間とともに刻一刻と変わる空と海を見ながら、香川旅の期待が高まるひとときを、「さろんぶるー」でぜひ味わってください。
続いて、高松の中央商店街まで足をのばしてみましょう!高松中央商店街は、「兵庫町」、「片原町」、「丸亀町」など8つの商店街の総称です。
「さろんぶるー」からフェリー通りを通り、片原町商店街を丸亀町壱番街前ドーム広場方面へ15分ほど歩き、兵庫町商店街にある「カフェルルド」にやってきました。こちらのお店はフランス・ルルド地方の世界観が表現された、異国情緒あふれるカフェです。店内いっぱいが青と白のツートーンで統一され、扉を開けた瞬間、癒しを感じさせてくれます。
「カフェルルド」でぜひ味わいたい絶品スイーツが、リコッタチーズを使った「リコッタパンケーキ」です。表面はカリカリ、中身はフワッフワ! 3枚入りと見た目はボリュームたっぷりですが、軽い食感とほんのり漂うリコッタチーズの酸味のおかげで、ペロリと食べられてしまいます。
そのままでも素朴で美味しいですが、メープルシロップや生クリームで味を変えることも。特製のハチミツバターはわずかに塩気を感じる大人の味で、これまた上品なアクセントになって飽きを感じさせません。
 
スイーツ以外に食事メニューも充実しており、「黒毛和牛100%ハンバーグの特製デミグラスシチュー」などが人気です。時間をかけて煮込まれたシチューは舌触りがとってもなめらかで、濃厚なうま味のなかにもやさしい酸味が効いており、余韻がさわやかです。噛むほどに歯ごたえのあるハンバーグも絶品。
アーケード街に面しながら2階にお店を構え、隠れ家的に利用できる「カフェルルド」。青と白でまとめられた店の内装に心を和ませながら、コーヒーや紅茶とともに、午後の優雅なひとときを。
カフェルルドから南へ約5分。中央商店街の一つで再開発されて賑わっている丸亀町商店街にある「まちのシューレ963」は香川県内をはじめとして、四国の食材・工芸品・雑貨などが取り揃えられたショップ&カフェです。地元民でも「こんなものあったんだ!」と行くたびに発見のある、おしゃれなアイテムが集められています。
香川の特産品を手に入れたいなら、入口を入ってすぐのコーナーへ。小豆島産のオリーブオイルや醤油、幻の唐辛子といわれる香川本鷹など地産の食材は、手に取るとどれもが気になって目移りします。
品のある空間で選ぶ、特別なプレゼントや自分へのご褒美。手仕事のぬくもりにこだわりたいあなたなら、惚れ惚れすること請け合いです!
店内にはカフェも併設。香川の旬の食材を使ったランチや、自家製のスイーツが評判です。野菜がふんだんに使われていて体にやさしく、健康を気づかう人にはうれしいですね。
いかがだったでしょうか?
史跡にショッピングにグルメに、歩いて行けるエリアに見どころがいっぱい詰まったJR高松駅周辺。美しい瀬戸内海と活気ある商店街で、高松を思いっきり大満喫してくださいね。
 
 
【アクセス】
MUG’S CAFÉ /JR高松駅から徒歩約12分
香川県高松市北浜町2-22 村川ビル1F
087-813-1543 火曜日~土曜日 11:00~22:00  日曜日 11:00~19:00 定休日:月曜日
 
北浜アリー/JR高松駅から徒歩約13分 香川県高松市北浜町4-14 087-834-4335
 
さろんぶるー/JR高松駅から徒歩約13分
高松市北浜町5-5 5F 北浜alley内  TEL.087-813-0204 昼の営業 11:00-19:00(L.O. 18:30) 夜の営業 19:00-21:00(L.O. 20:30)要予約 定休日/火曜日定休
 
CAFE LOURDES(カフェルルド)/JR高松駅から徒歩約10分
香川県高松市兵庫町1-15 富貴ビル2F
087-887-7778
営業時間 11:00~21:00  ※商品完売の際は早期閉店の場合あり
※ランチメニュー 11:00~15:00 (日曜日・祝日・年末年始は除く)
定休日 毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
 
まちのシューレ963/JR高松駅から徒歩約15分
香川県高松市丸亀町13-3 高松丸亀町参番街東館2F
087-800-7888
営業時間
物販
<月曜日~木曜日> 11:00 - 18:30
<金曜日~日曜日・祝日> 11:00 - 19:00
カフェ
<月曜日~木曜日> 11:30 - 18:00(L.O 17:30)
<金曜日~日曜日> 11:30 - 18:00
夜カフェ 17:30 - 21:00(お食事 L.O 20:00/ドリンク L.O 20:30)は予約のみ
毎週金曜日・土曜日・日曜日のみ
※状況により営業時間が変更になる場合があります。

同じテーマの記事