知られざる絶景 まんのう町

満開のひまわり畑

  • line
全国的にも降雨が少なく、好天の日が多いことで知られる香川県。そんな香川県の気候を象徴するかのように、たくさんのひまわりが咲く地域があります。“ひまわりの里”として知られるまんのう町のひまわりが見頃だと聞き、訪れてみました。
高松市中心部から国道32号線を南西に1時間ほど車で走ると、まんのう町に到着します。ひまわり畑が広がるのは、JR土讃線塩入駅付近の帆山(ほのやま)地区。
 
仲南(ちゅうなん)郵便局手前の踏切付近の、帆山公民館が目印です。車は、集会場に隣接した駐車場に停めてください(路上駐車は禁止です)。
平日にもかかわらず、ひまわりを見に次々とお客さんがやってきます。
帆山地区のひまわりは取材時(2020年7月2日)の時点で、いくつかの畑を除いてはほぼ開花前。これから長い期間楽しめそうです。
中には満開の畑もあります。
背丈ほどまで伸びたひまわりは、間近で見ると迫力満点。小鳥やミツバチなど、多くの生きものも花に集まってきます。
地区内には展望台も設けられていました。
登ってみると…
まだまだ緑色のつぼみが多いですが、この先満開を迎えると、一面鮮やかな黄色に彩られることでしょう。のどかな農村の風景と風に揺れるひまわりの花々が、なんとも平和で心落ち着きます。
 
踏切を渡った仲南郵便局手前の畑も満開を迎えていました。こちらではひまわり畑の中を歩けるような迷路になっています(通路のないひまわり畑の中は立ち入り禁止です)。
間近にひまわりの写真を撮ることができますよ。
続いて向かったのは、帆山地区から車で約5分のところにある中山ひまわり団地。
帆山地区よりも標高の高い地域です。道路脇の駐車場から見えるひまわりの多さに期待が高まります。
満開を迎えたひまわりをカメラに収めようと、こちらにも多くの人が集まっていました。
山あいの地域で周囲に人工物や民家が少ないため、連なる山々とひまわりのコントラストをより楽しむことができます。
こちらの展望台にも登ってみました。
一面のひまわり畑です!香川県にこんな景色があったのかと、地元在住ながら改めて驚かされました。
青い空に讃岐の山並み、丘の向こうまで続くひまわり畑に、暑さを忘れてしばし見とれてしまいました。
中山ひまわり団地では、写真のエリア以外にもひまわり畑が広がっていて、農家さんが作業に励んでいました。

美しいひまわり畑の風景をこれからも楽しむためにも、各地区の駐車場や展望台を利用する際には、美化協力金のお支払いにご協力ください。



 
ひまわり畑の風景を楽しんだあとは、ひまわりに関するグルメを求めて少し足を伸ばしてみることにしました。訪れたのは塩入温泉。
入ってすぐのところには、地元の方が持ち寄る新鮮な野菜などがずらり。
特産品コーナーには、まんのう町の名産品であるいちじくのジャムやジュースなどご当地ならではのお土産もあります。
取材時には売り場に並んでいませんでしたが、先ほどのひまわり畑で採れた種を絞ってできる高品質なまんのうひまわりオイルも要チェックです。
(提供:グリーンパークまんのう)

まんのうひまわりオイルは、乾燥させたまんのう町産のひまわりの種を焙煎し、低温圧縮法で丁寧に搾油したオイル。ナッツのような香ばしい風味が特徴で、2018年度の「優良ふるさと食品中央コンクール」では農林水産大臣賞、「かがわ県産品コンクール」では食品部門の知事賞も受賞しました。
取材時には、町内だけで販売されるリーズナブルなタイプが置いてありました。
 
併設の食堂では、地元のお母さんたちがつくるおはぎやおこわといったお惣菜、手打ちのそばやうどんを食べられます。
この日の目当ては「ひまわり牛肉うどん」。ひまわり牛とは、まんのう町産のひまわりの種の搾りかすを飼料として与えた牛肉のこと。味付けには香川県で生産の研究が行われている希少糖を使っていて、まさにご当地ならではのローカルグルメです。
ひまわり牛は旨味が強いのに脂っぽくなく、さっぱりと食べやすいおいしいお肉でした。
甘めの味付けの出汁とベストマッチです。
食後のデザートにはフロント横で販売しているひまわりアイスを食べることに。
バニラ風味のアイスクリームに、香ばしいひまわりの種を混ぜ込んだアイスです。
塩入温泉と、仲南産直市でしか販売していない貴重な一品!
ひまわりの種のサクサクした食感が楽しく、満足感ある味わいでした。
 
塩入温泉は、とろっとした泉質のお湯。男女の浴場は第1木曜日に入れ替わります。
 
まんのう町によれば、ひまわり畑が満開になるのは例年6月下旬〜7月中旬とのこと。
大輪のひまわりの花になんだか元気をもらったようなひとときでした。
開花状況はまんのう町公式のひまわり特設サイトで随時発信しています。
見頃のうちに、ぜひもう一度訪れてみたくなりました。
 
---------------------
まんのう町のひまわり畑
 
帆山(ほのやま)地区
香川県仲多度郡まんのう町帆山144 帆山公民館
 
中山地区
香川県仲多度郡まんのう町後山 中山ひまわり団地
 
まんのう町公式 ひまわり特設サイト
https://www.town.manno.lg.jp/kanko/himawari/
 
※各地区に用意された駐車場を利用し、路上駐車はしないでください
※駐車場や展望台を利用する場合は、美化協力金のお支払いにご協力ください
---------------------
塩入温泉
営業時間 10:00-21:00(受付20:30まで)/食堂11:00-16:00
定休日  水曜日・12月31日・1月1日
住所   香川県仲多度郡まんのう町塩入718-140
電話番号 0877-78-3363
入場料  大人500円・小人(3~12歳まで)400円
 

同じテーマの記事