撮影に準備するものは!?

用意はしっかりと!

カメラ(スマホOK)、タオル、必要な方は長靴も!
干潟を渡るので、裸足になる場合は足ふきタオルが必要です。長靴や防水シューズでもOK。 同行者がモデルになる場合は、傘や花、楽器などの小物を準備しておくと変化のある写真が撮れます。自転車や、わんちゃんも絵になります。貴方の独創的なアイデアでインスタ映えする写真を撮ろう!
風のない、干潮時がオススメ!  
満潮の前後3時間は干潟が現れないので、鏡のような写真が撮れません。 また昼間は光が反射しないので夕方がお奨めです。 つまり夕方が干潮の時がベスト。
干潮になると現れる干潟を利用!
たくさんある水たまりの中で、波が無い場所を選ぶのがポイントです。
日の入り前後、約30分間のマジックアワーがオススメ!
日没後もすぐ帰らずに30分程、待ってみよう。 綺麗に空が焼ける日もあります。