エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
所要時間を選択
現在の検索条件:
  • 歴史・伝統行事×
  • 2018年10月
     
         
  • 2018年11月
           
     
  • 2018年12月
               
             
  • 2019年1月
       
       
  • 2019年2月
             
       
  • 2019年3月
             
               
  • 2019年4月
     
           
  • 2019年5月
         
     
  • 2019年6月
               
               
  • 2019年7月
     
         
  • 2019年8月
           
  • 2019年9月
             
11ありました

開催期間:【平成30年度開催日時】 ・10月11日(木) 10時~  福田葺田八幡神社(小豆島町福田) ・10月13日(土)  伊喜末八幡神社(土庄町伊喜末) ・10月14日(日)  土庄八幡神社(土庄町大木戸) ・10月15日(月) 8時30分~  内海八幡神社(小豆島町馬木) ・10月15日(月)  富丘八幡神社(土庄町渕崎) ・10月16日(火) 8時30分~  池田亀山八幡宮(小豆島町池田) ・10月18日(木)  家浦八幡神社(土庄町豊島) ・10月21日(日)  唐櫃八幡神社(土庄町豊島)

小豆島の秋まつりは勇壮で力強く、祭りの醍醐味を味わえます。地域ごとの特色も楽しんで!

「小豆島の秋祭り太鼓台奉納」は、豊作を感謝する秋のお祭りで、この時期の小豆島はお祭り一色に染まります。小豆島にある各八幡神社で行われ、太鼓台と呼ばれる重さ1~2トンほどもある山車を約100人ほどで担ぎます。大きな…

開催期間:平成30年10月19日(金)〜21日(日)

町を練り歩く豪華絢爛な「ちょうさ」の競演を楽しめます

大きいものは高さ約5メートル、重さ約3トンの金糸銀糸の刺繍を施した勇壮で迫力満点な9台の「ちょうさ」が華々しく市内を練り歩きます。夜の花火とライトアップされたちょうさとの競演も見どころです。

開催期間:平成30年10月20日(土)、21日(日)

高松の秋の風物詩「高松秋のまつり・仏生山大名行列」

平成5年(1993年)から、高松市南部地域の活性化と門前町の歴史を伝えるべく始まった「高松秋のまつり・仏生山大名行列」。古くから続く町屋造りの旧家が並び、今もなお門前町の面影を残す「お成り街道」において行われるの…

開催期間:平成30年10月20日(土)、21日(日)10時~21時

高松総鎮守の絢爛豪華な御神輿行列をお楽しみください

20日、21日両日とも八幡通りには縁日が軒を並べ、たいへん賑やかになります。21日はその中を、八幡大神様が鎮まります御神輿と、1,000人からなる獅子や屋形船の行列が進みます。石清尾八幡宮の御神輿は下をくぐれるこ…

開催期間:平成30年10月27日(土)、28日(日)

古街の中を太鼓台が練り歩く様子は迫力満点!

例年10月下旬に開催。町家が連なる古街(こまち)の中を、軒先と電柱をかすめて十数基の太鼓台が通る様は迫力満点。家のひさしすれすれに太鼓台の白い房が舞い、掛け声が町中に響くと祭りは最高潮に達します。太鼓台祭が連なる…

開催期間:平成30年10月27日(土) 13:00~16:20         28日(日) 10:00~16:10

県内外の農村歌舞伎保存団体6団体による歌舞伎の公演

現存する芝居小屋としては日本最古の旧金毘羅大芝居(金丸座)を舞台に、県内外の各団体がそれぞれの地域で受け継いできた演目を公演します。プロが演じる大歌舞伎とは異なり、地芝居(じしばい)とも呼ばれる農村歌舞伎は、地域…

開催期間:平成30年11月3日(土・祝)

弘法大師のふる里で行われる秋季大祭

弘法大師空海の父佐伯善通公を偲ぶ「佐伯祖廟御法楽法要」が開かれ、お大師さまの座像を乗せた輿を中心とした行列により市中練供養が行われます。また、境内特設ステージにて県内最大級ののど自慢大会や郷土芸能の披露が行われる…

開催期間:平成30年10月20日(土)17時30分~20時

勇壮な姿のかきくらべは見ごたえたっぷり!

まんのう町かりんまつり太鼓台かきくらべは、かりんまつりの一環として、平成5年から毎年開催されています。平成24年度から祓川河川敷公園にて開催しており、本年度は六台の太鼓台の参加で開催致します。

近世初期の女歌舞伎踊の面影を色濃く伝える雨乞い踊り

国指定重要無形民俗文化財。仲南地区佐文の加茂神社の境内で隔年で公開されている「雨乞い踊り」で、近世初期の女歌舞伎踊の面影を色濃く伝え、日本の芸能歌謡史を研究する上で貴重なものとされている。昭和51年に国の重要無形…

例年2月下旬~3月上旬に開催。 かつて引田では女児が誕生すると初節句に、この地域独特の「引田飾り」と呼ばれるかざりつけを親族や近所に披露する風習がありました。この風習を引田まちなみ保存会により現代によみがえ…

例年2月下旬~3月上旬に開催。 かつて引田では女児が誕生すると初節句に、この地域独特の「引田飾り」と呼ばれるかざりつけを親族や近所に披露する風習がありました。この風習を引田まちなみ保存会により現代によみがえ…