エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
所要時間を選択
現在の検索条件:
  • 観光施設×
  • 2019年3月
             
               
  • 2019年4月
     
           
  • 2019年5月
         
     
  • 2019年6月
               
               
  • 2019年7月
     
         
  • 2019年8月
           
  • 2019年9月
             
  • 2019年10月
       
       
  • 2019年11月
             
  • 2019年12月
           
  • 2020年1月
         
     
  • 2020年2月
               
13ありました

開催期間:平成31年5月11日(土曜日)

新緑の中を中寺廃寺跡から登る大川山とお昼は大鍋付き!

春は中寺廃寺跡経由で大川山(標高1,043m)を目指します。中寺廃寺跡にある展望台からの見晴らしは最高で、讃岐平野が一望できます。途中からは阿讃山脈縦走路の尾根道を歩き山頂へ。到着後に食べる大鍋も最高です。 【…

開催期間:平成31年5月19日(日)

新緑の大川山で外ヨガ体験とお昼ごはん♪

香川県立自然公園内の大川山(だいせんざん)標高1,043m、新緑に包まれた自然の空気に触れながらヨガを楽しみます。初心者でもできる簡単ヨガです。ヨガの後は毎回好評な食事タイム!今回はどんなメニューかお楽しみに♪ …

開催期間:平成31年6月15日(土曜日)

満濃池ゆる抜きの一日

日本最大級の規模を誇る「満濃池」で、「ゆる」を抜き池の水を放水する「ゆる抜き」が行われます。 当日は、轟音とともに放水される水を見ながら満濃池周辺をガイド付きでご案内します。昼食はうどん定食をご用意しております…

開催期間:平成31年4月6日(土)

阿讃山脈の峠道、三頭越えから三頭山へ♪

道の駅ことなみより徒歩で三頭越えを登ります。沢のせせらぎを聞きながらこの地特有の野草を観察します。峠には古き時代の金毘羅街道の跡を見ることができ、そこから平坦な道を歩くと三頭山。頂上からは天気が良ければ徳島市内ま…

開催期間:平成31年5月12日(日)

伊予街道を歩いて金倉寺春まつりへ行こう

明治大正時代の建物を見ながらのまち歩き、こんぴら街道とへんろ道を歩いて干ばつの時にも枯れることなく良田郷の人たちの生活を支えてきた湧水めぐり、大正から昭和のはじめにかけて活気のある派手な町であった金蔵寺界隈と智証…

開催期間:平成31年4月27日(土 )

お昼は乃木うどんをいただきます

乃木将軍と戦没者を祀った讃岐の宮を訪ねます。乃木資料館では乃木将軍執務室を見学したり、自衛隊の今昔についても見学できます。締めくくりに、乃木将軍が考案した乃木うどんを食べます。 【ガイド】丸橋 眞由美

開催期間:平成31年5月18日(土)

道中の意外な発見と春風を切る体感がワクワク=サイクリング最高!

春の花々に彩られたロードを楽しみ、願いを叶える御利益パワースポット(寺・神社)をサイクリングで駆け巡りましょう。ハイライトの善通寺の花公園ではフラワーフェスティバルを楽しみます。道中の小休止で食べる絶品ケーキも楽…

開催期間:平成31年5月4日(土・祝)、5月25日(土)、6月15日(土)、7月14日(日)、7月27日(土)、8月11日(日・祝)、8月24日(土)

歌舞伎の世界を楽しく学んでまちあるき

歌舞伎についてKotori店内で学んだあと、仮面を持って、歴史ある表参道を、クイズをしながらガイド。大正時代から続く、建物すべてが有形文化財の老舗和菓子店へんこつ屋の「落書き部屋」や、地元人おすすめのグルメやお土…

開催期間:随時(応相談)

―自然と生活と産業が一体化した癒される街あるき―

山・海の自然と焼杉の板壁、漆喰、瓦屋根の古い醤油工場や佃煮屋さんが散在する「醤の郷」。日本初・唯一の国産オーガニックエキストラバージンオリーブオイル(小豆島産)とご当地グルメの「ひしお丼」が美味です。是非「醤の郷…

開催期間:随時

高杉晋作、琴平滞在と幕吏の追手からの危機一髪の脱出

琴平の勤王家日柳燕石を頼ってきた高杉晋作。滞在1カ月頃、幕吏の追手が迫りますが、いち早く情報を得た燕石達の手で無事に長州に帰り、その後の活躍につながります。その劇的な場所から金毘羅を抜けるまでの道を辿ります。少し…

開催期間:随時

勤王奇傑と称された日柳燕石の生まれた榎井の町をめぐります。

日柳燕石は幕末の勤王家です。長州の人との交流も盛んで、桂小五郎、伊藤博文とも交流しましたが、何と言っても高杉晋作が琴平に逃避行した時世話を焼き高松藩に投獄された事が一番よく知られています。彼等と会合した呑象楼をご…