エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
所要時間を選択
  • 2017年2月
         
           
  • 2017年3月
         
     
  • 2017年4月
               
               
  • 2017年5月
     
         
  • 2017年6月
           
     
  • 2017年7月
               
             
  • 2017年8月
       
       
  • 2017年9月
             
  • 2017年10月
           
  • 2017年11月
         
       
  • 2017年12月
             
               
  • 2018年1月
     
         
  • 円山応挙「虎之間」(水呑みの虎)

    円山応挙「虎之間」(水呑みの虎)

  •  円山応挙「虎之間」

    円山応挙「虎之間」

  • 書院外観

    書院外観

  • 円山応挙「虎之間」(水呑みの虎)
  •  円山応挙「虎之間」
  • 書院外観

金刀比羅宮・書院

ことひらぐう・しょいん
 
金刀比羅宮境内の文化ゾーンを代表するかつての客殿。萬治年間(1658~1660)の建築と伝えられる入母屋造、檜皮葺の表書院(重要文化財)をはじめ、同年代に建てられたとされる奥書院(重要文化財)、明治10年建造の白書院とある。表書院は、江戸時代の代表的な画家、円山応挙の障壁画(重要文化財)で知られる。奥書院には、近年特に評価が高まる伊藤若冲の「花丸図」や岸岱障壁画が残されている。普段一般公開は表書院のみ。

住所 香川県仲多度郡琴平町892-1
電話番号 0877-75-2121(金刀比羅宮)
営業時間 8:30~17:00(入館は16:30まで)
定休日 無休
料金 入館料 一般800円、高・大生400円、中学生以下無料
アクセスJR琴平駅より徒歩30分、琴電琴平駅より徒歩30分、善通寺ICより車で約15分
駐車場 町営駐車場あり
ウェブサイト 公式サイトを見る