旅は別腹Art

アートを極めた男宮本 亜門(みやもと あもん)

1958年生まれ。ミュージカル、ストレートプレイ、オペラ、歌舞伎など、ジャンルを越える演出家として国内外で幅広い舞台づくりを精力的に手掛ける。朝日舞台芸術賞、手がけた作品が文化庁芸術祭賞、トニー賞4部門でノミネートされるなど、国際的にも高い評価を受けている。祖父が香川県坂出市出身。