2018.04.18 お知らせ 注目

コイヘルペスウイルス病発生のお知らせ

コイヘルペスウィルス病発生のお知らせ


4月13日に栗林公園内の北湖で採取した鯉について、国立研究開発法人水産研究・教育機構増養殖研究所(三重県)において確定診断を行った結果、コイヘルペス病(KHV病)が確認されました。
このKHV病は、真鯉や錦鯉特有の病気であり、真鯉や錦鯉にふれても人には感染いたしません。
また、鯉以外の魚や鳥などの動物にも感染いたしません。
平成28年度に、栗林公園のにぎわいづくりのために、クラウドファンディングで多くの方々からご寄付をいただき、これまで錦鯉の放流を行い、来園者の方々に好評でありましたが、このような事態となりましたことは非常に残念であり、ご支援いただいた方々には、大変申し訳なく思っています。
今後、まん延防止対策として、全ての鯉の処分を行ってまいります。
このような状況下ではありますが、当園は通常どおり開園しておりますので、皆様方におかれましては、ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。


データ
記者発表資料(4月18日付け) PDF