2021.11.08 栗林公園 重要

新型コロナウイルス感染症対策について(令和3年11月8日~)

栗林公園における新型コロナウイルス感染症の対策について、
11月8日(月)から下記のとおりその一部を変更します。
引き続き、感染症対策にご理解・ご協力をお願いいたします。

※令和3年秋のライトアップ時の対策内容については
 →【秋ライトアップ】新型コロナウイルス感染症の感染防止対策について をご確認ください。

1 入園時の対策 

 ①東門及び北門にて、全ての来園者にサーマルカメラによる検温や手指消毒を実施します。
  (入園時に、消毒液による手指の消毒をお願いするとともに、検温の際、
   37.5度以上の方につきましては、入園をご遠慮いただきます。)

 ②マスクの着用を確認し、お持ちでない方にはマスクを配付します。
  (園内では、マスクの着用をお願いします。

 ③イベント実施時は、イベント参加者(複数人の場合は代表者)の連絡先(電話番号)を確認します。
  (「秋のライトアップ」では連絡先を確認いたします。)
 

2 入園後の対策

 ①園内飲食店以外での飲食
  園内飲食店以外での飲食について、飲食する者同士の間隔を1m以上確保できる場合のみ可能とします。
  ※なお、園内の飲食店については、外食業のガイドラインを順守し、感染防止対策を徹底します。

 ②一方通行の鑑賞ルートの設定
  一方通行の鑑賞ルートを設定し、チラシの配付や看板の設置(芙蓉峰と飛来峰付近)により、
  人の交錯をできるだけ少なくします。

 ③園内での巡回、声掛けの実施等
  職員による巡回(園内飲食店を含む)を実施し、来園者が密集・密接しないよう声掛けを行います。
  また、看板や園内放送によるマスクの着用・密集回避の注意喚起のほか、園内各所に消毒液を配置します。