ペットの移動手段について

ペットと一緒にマイカー、電車、飛行機で移動する際に知っておきたいポイントを紹介。
マイカーでの移動の場合は、事前の確認事項、車内での過ごし方、車から降りる際の注意点を解説。
公共交通機関となる、電車や航空機の移動に関してはペットの大きさ(サイズ)や乗る際のマナーはチェックしておいたほうがいい!
車から降りる際は、いきなりの飛び出しに注意!
車で移動する場合、途中の休憩場所や、水を飲ませることができる場所があるかなど、事前に確認しておくことをおすすめします。車内では後部座席で抱いて乗るのが理想です。また、こまめに車内の空気の入れ替えを行ってください。車から降りる時は、いきなりの飛び出しを防ぐためにも、リードをつけて、しっかりと握ってからドアを開けるように心がけてください。
ペットは「手回り品きっぷ」で乗車(条件あり)
JRの場合、ペットは手回り品と言う扱いになります。長さ70センチ以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が90センチ程度のケースに入れたもの、およびケースとペットを合わせた重さが10キロ以内のものという条件があります。駅の改札口などでケースを見せて、迷惑にならないと判断された場合、手回り品きっぷ(有料)を購入して乗車できます。
(※手回り品きっぷの料金などに関しては各窓口でお問い合わせください。)
 
会社ごとに料金、条件が異なるので事前確認は必須
ANAの場合「ペットお預けの事前予約サービス」、JALの場合「ペットとおでかけサービス」など、それぞれの航空会社によってサービス内容、料金等が異なっているため、事前にチェックしてお申し込みください。

ANAのペットサービスの詳細はこちら >
JALのペットサービスの詳細はこちら >