ジオで巡る大野原のため池

じおでめぐるおおのはらのためいけ
 

古墳もレタスもジオ目線で解き明かす

江戸時代以前、大野原は「月夜にも焼ける」と言われるほどの高燥の原野でしたが、今では全国有数のレタス産地になっています。大野原で何が起こったのでしょうか?大地の成り立ちから謎を解きます。

《コース概要》
①萩原寺駐車場→②井関池堰堤→③井関池洪水吐→④香川用水→⑤萩原寺駐車場→⑥大谷池堰堤→⑦大谷池湖岸の砂岩泥岩互層→⑧大谷池湖岸の三豊層群礫層とシルト層→⑤萩原寺駐車場

希望者には「レタス焼」(地元レタスのたくさん入ったおこのみ焼き)が食べられる場所を紹介します。

開催期間開催日:5月28日(土)
集合/出発時間:8:20/8:30
開催場所集合場所:萩原寺駐車場
お申し込み 讃岐ジオパーク構想推進準備委員会 E-mail sanukigeo@gmail.com
料金 500円(保険料・資料代)
備考 定員:10名程度(最少催行人数4名)
目安:2.5時間/6㎞

歩きやすい服装・靴、帽子、タオル、水筒、リュック、雨具などをご用意ください。雨天中止の場合は、前日18:00までに連絡します。【応募方法】参加者の氏名、年齢、電話番号を記入の上、メールでお申し込みください。