ジオで巡る“塩土と肥土の郷”

ジオでめぐる“しおつちとひとのさと”
 

塩作りと稲作で栄えた小豆島の故郷散歩

小豆島の伝法川河口部には花崗岩由来の粗粒の砂である塩土(しおつち)を利用した塩田が、下流域には安山岩由来の細粒の肥土(ひと)を利用した“肥土荘”と呼ばれる荘園がありました。製塩文化と稲作文化の郷を巡ります。

開催期間6月19日(土)
開催場所土庄町渕崎オリーブタウン(東洋紡績渕崎工場跡)
お申し込み 讃岐ジオパーク構想推進準備委員会 sanukigeo@gmail.com
料金 500円(保険料+資料代)
備考 定員         15名程度(最低履行人数は4名)
集合時刻/出発時刻  9:25 / 9:30
           参考:バス西浦線:9:15 土庄港 発 - 9:22 東洋紡績渕崎工場跡(オリーブタウン)着
所要時間/コース距離 約2.5時間
           オリーブタウン→土渕海峡→土庄町役場→宮の下海岸(エンゼルロード)→富丘八幡宮
          →舟繋ぎの松跡→宝生院→喜多山本覚寺跡→平木馬頭観音堂→赤穂屋行者堂→赤穂屋周辺
          →旧渕崎小学校→渕崎・八代田邸→オリーブタウン