『 二十四の瞳』に憧れて~ 教師から 子供たちへ宛てた メッセージ

『にじゅうしのひとみ』にあこがれて~きょうしからこどもたちへあてためっせーじ
 

小説『二十四の瞳』の舞台とも言われる小豆島・岬の分教場。ここは“教育の原点”として、今でも多くの学校…

小説『二十四の瞳』の舞台とも言われる小豆島・岬の分教場。ここは“教育の原点”として、今でも多くの学校の先生達がこの地を訪れます。『二十四の瞳』を理想に懸命に子供達と向き合おうと奮闘する教師達、そして教師OBたち。この地を訪れた先生から子ども達にあてたメッセージを岬の分教場のボードに書き残してもらおうと2013年9月15日からボードの掲示を始め、現在までの9枚のメッセージボードになりました。今回、一挙に公開展示されています。

開催期間令和2年12月1日(火)~ 令和3月11日17日(水)
※展示期間は変更となる場合がございます。
開催場所岬の分教場 教室(3番目)
お問い合わせ 0879-82-5711
イベント内容~子ども達・教師・教員をめざす方に宛てた~教師・教師OBからのメッセージを公開
■メッセージ一部
1. 将来の日本を担う子供たちを育てる尊い仕事に就けた事に感謝 。教育の原点に立ち返る事が出来、新たなエ
ネルギーが湧き上がりました。この感動を胸に日本を担う子供達を教える若い教師達へエールを送ります。
(奈良県教員)
2. 何人の子供達と会っただろう…。ど れだけ気持ちを伝えただろうか…。今、 77才にて思う事。君たちに会い
たい。恩師のあとを追って 40年の教師生活!子供達の心を瞳をいつまでも忘れない先生になって。
(M・ F)
3. 教員は情熱 !!!生徒の輝く瞳が全ての原動力、もう 30 年以上も経ちますが、卒業生に出会うと、若き日の自
分に戻る事ができます。我が息子も教壇にたちました。情熱に満ちた教師になってほしいものです。頑張れ!
未来を導くのは君たちの若い力です。
(M ・ Y)
4. 教育は「共育」
共に育っていきたいと思いながら
29 年間教師をさせて貰い ました。今も教え子たち から育ててもらうこと
が多々あり…。子供達が伸びていく力は素晴らしいです。
(大阪府教員)
営業時間 9:00~17:00
定休日 年中無休
料金 鑑賞無料
※但し、岬の分教場入場料が別途必要
ウェブサイト 公式サイトを見る