エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
所要時間を選択
  • 2019年1月
       
       
  • 2019年2月
             
       
  • 2019年3月
             
               
  • 2019年4月
     
           
  • 2019年5月
         
     
  • 2019年6月
               
               
  • 2019年7月
     
         
  • 2019年8月
           
  • 2019年9月
             
  • 2019年10月
       
       
  • 2019年11月
             
  • 2019年12月
           
  • 富永謙太郎「芥川と菊池」(挿絵原稿)

    富永謙太郎「芥川と菊池」(挿絵原稿)

  • 展示の様子

    展示の様子

  • 展示の様子2

    展示の様子2

  • 主な展示資料

    主な展示資料

  • 富永謙太郎「芥川と菊池」(挿絵原稿)
  • 展示の様子
  • 展示の様子2
  • 主な展示資料

菊池寛記念館、展示替えのお知らせ

きくちかんきねんかん、てんじがえのおしらせ
 

菊池寛の生誕130年・没後70年を記念して、菊池寛記念館の常設展示室を一部、展示替えしました。普段公…

菊池寛の生誕130年・没後70年を記念して、菊池寛記念館の常設展示室を一部、展示替えしました。普段公開されない貴重な資料が、特別に展示されていて、特に直筆資料や写真資料が充実しています。また、芥川龍之介、直木三十五、久米正雄、吉川英治、川端康成など、菊池寛と関わりの深い作家の資料も展示しています。

《主な展示資料》
菊池寛「高松菊池氏に就きて」(原稿)
菊池寛「久米正雄宛て葉書」(大正4年12月30日、第四次新思潮の参加について)
菊池寛「夏目鏡子宛て葉書」(大正7年4月16日、松岡譲と夏目筆子の結婚式について、複製)
菊池寛「横光君逝く行く年や悲しき事の又一つ」(色紙)
成瀬正一「新思潮同人諸兄宛て書簡」(大正6年4月12日、第四次新思潮の存続について)
芥川龍之介「花ちるやまぶしさうなる菊池寛」(大正12年4月、書画帳の一部)
直木三十五「久米正雄宛て書簡」(昭和5年2月24日、少女歌劇の脚本の依頼)
吉川英治「但看花開落不言人是兆」(色紙)
川端康成「『真珠夫人』解説」(複製原稿)
富永謙太郎「芥川と菊池」(挿絵原稿)
※展示資料は一部変更になる場合があります

開催期間平成30年4月1日から平成31年3月31日までの予定
時 間:9~17時(入館は16時30分まで)
休館日:月曜日(ただし、月曜日が祝日の場合は、翌平日が休館)
開催場所菊池寛記念館 常設展示室
(高松市昭和町一丁目2-20 サンクリスタル高松3階)
お問い合わせ 087-861-4502
料金 一般200 円、大学生150 円 (20 人以上の団体は2 割引)
※高校生以下は無料。65 歳以上は長寿手帳等年齢を確認できるものの提示で観覧料免除。身体障害者手帳・療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳所持者は、手帳提示で観覧料免除。
アクセス◆JR高松駅から高徳線で3分、昭和町駅下車、徒歩3分
◆ことでんバス昭和町・市図書館前バス停下車すぐ
◆徒歩で高松駅から記念館まで約25分
駐車場 図書館・歴史資料館と共用の駐車場あり、最初の1時間まで無料(受付で駐車券を来館証明機に通す必要あり)、1時間を超えると25分ごとに100円ずつ加算されます
ウェブサイト 公式サイトを見る