エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
所要時間を選択
  • 2019年8月
           
  • 2019年9月
             
  • 2019年10月
       
       
  • 2019年11月
             
  • 2019年12月
           
  • 2020年1月
         
     
  • 2020年2月
               
  • 2020年3月
           
  • 2020年4月
         
       
  • 2020年5月
             
               
  • 2020年6月
     
           
  • 2020年7月
         
     

企画展「水と生きる―水を活かす道具たち―」【香南歴史民俗郷土館】

きかくてん「みずといきる―みずをいかすどうぐたち―」【こうなんれきしみんぞくきょうどかん】
 

水を得るための先人たちの知恵

昔から水に苦労してきた香川県。地域の人々は水不足のなか、特に香南町を中心とした昔の農業用水はどのように工夫をしていたのか、水とのかかわりについて紹介します。地域の人々が長い歴史のなかで生活をするために必要な水をどのように得ていたのか、田や畑に利用するもの、また川の水を利用するものなど水に関わる道具を取り上げ、その役割や知恵とともに水利関係資料を展示します。
あわせて、企画展関連事業として、講演会や水にまつわる昔話のよみきかせ会などを行います。

開催期間令和元年7月20日(土)から9月16日(月・祝)
開催場所高松市香南歴史民俗郷土館
〒761-1402 高松市香南町由佐253番地1
お問い合わせ 087-879-0717(高松市香南歴史民俗郷土館)
イベント内容≪講演会≫ 
 ①「香箱(こうばこ)のはなし」
  内容:線香が燃えている間は水路から水をひくことができるという昔の水の配分方法についてのお話です
  日時:7月27日(土) 午前10時から11時30分まで
  講師:富田 甫 氏(香川県内場池土地改良区総代)
 ②「讃岐の水車のはなし」
  内容:精米・製粉などに活躍した水車についてのお話です
  日時:9月16日(月・祝) 午前10時から11時30分まで
  講師:田井 静明 氏(瀬戸内海歴史民俗資料館長)
 ①②ともに、場所は第1研修室、定員は先着30名、参加は無料、申込みは香南歴史民俗郷土館(電話:087-879-0717)まで
 
≪イベント「よみきかせ会~水にまつわる伝説・昔話~」≫
 内容:香南町や香川町の川や池に伝わる昔話などをよみきかせします
 日時:8月3日(土) ①午後1時30分から ②午後2時から (各回約30分)
 読み手:香南読み聞かせ隊
 場所:ロビー
 参加費:無料
 
≪ワークショップ「水車のぬりえ」≫
 期間:会期中(7月20日(土)から9月16日(月・祝)まで)
 場所:ロビー
 参加費:無料
 
≪体験「踏み車をふんでみよう!」≫
 内容:水路から田んぼへ水をかきあげて入れるための踏み車を実際に踏んでまわします
 日時:7月21日(日)・25日(木)・27日(土)・28日(日)
     8月4日(日)・10日(土)・18日(日)・24日(土)
     9月8日(日)・15日(日)・16日(月・祝)
     いずれも正午から午後3時まで
 対象:小学生以上
 場所:中庭
 参加費:無料
営業時間 午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
定休日 月曜日(祝日の場合は翌平日)
料金 無料
アクセス◆車
・高松空港から約10分
・高松駅から国道193号線バイパスを走り約30分
・高松西インターから県道円座香南線経由で約15分
◆ことでんバス経由
・「高松築港」から「高松空港・由佐・池西行き線」利用約40分、「由佐バス停」下車東へ徒歩2分
◆コミュニティバス経由(※日曜日、祝日は運休)
・ことでん「仏生山駅」下車、駅前から香川町シャトルバス約25分、「香南歴史民俗郷土館バス停」下車
駐車場 駐車場有り(普通10台・大型車3台)
ウェブサイト 香南歴史民俗郷土館公式ホームページ
備考 主催:高松市香南歴史民俗郷土館
協力:香川県立ミュージアム、香南こども園、香南町音谷池水利組合、香南読み聞かせ隊