enjoy!香川のアウトドア 東かがわ市

ベッセルおおちでグランピング&SUP体験

  • line
香川県の東部に位置する東かがわ市にある、海を望む複合温泉施設「ベッセルおおち」。その敷地内に2019年、「ベッセルおおち 瀬戸内グランピング」ができました。

グランピングとは、グラマラス(豪華な)とキャンピングを合わせた造語で、元々は海外で流行していた新しいキャンプスタイルのこと。アウトドアでありながら快適な設備や、食材・食事などが用意されているので、手ぶらで行ってゆったりとキャンプができます。さらに「ベッセルおおち 瀬戸内グランピング」では、目の前の海でSUP(サップ・Stand Up Paddleboardの略)も楽しめる特典付き。早速体験しに行ってみました。
ベッセルおおちへは、高松自動車道を津田東ICで降りてから車で約5分。グランピングのテントは「ベッセルおおちの湯」に隣接する広場に建てられています。テントのすぐ前に広がるのは小島が浮かぶ瀬戸内海。青い海に白いテントが映えるこの風景を見るだけで、ワクワクしてきます。
テントは真ん中に柱のあるベル型というタイプ。かなり大型で高さもあり、中で大人が立っても楽々。大人なら3人まで泊まれます。
テントの中に入ってまず目に入るのは、ゆったり眠れそうな広々としたベッド。室内にはソファーもあるため、ゆっくりくつろぐことができます。他にもかわいいインテリアが満載で、色んなところの写真を撮りたくなります。
今回はテントに泊まりますが、こちらでは併設されたロッジでのグランピングもできます。少しだけ覗かせていただきました。
今年2020年7月にリニューアルしたばかりのロッジは、ベッドやソファー、ダイニングテーブルが設置されていて、快適に過ごすことができます。テントよりさらに内装が豪華です。キッチンやトイレ、お風呂も完備していて、ベランダではバーベキューも楽しめます。こちらは一棟に最大大人6人まで宿泊OK。
またテントの前には丸く円を描くように配置されたソファーが。こちらでもゆっくりくつろげそうですが、このソファーが活躍するのはもう少し後。暗くなってからのお楽しみです。
 
一息ついたら、テント横にある階段を降りて海岸へ向かいます。グランピングの宿泊客はこのプライベートビーチのような海岸で、追加料金なしにSUP体験ができるのです。ちなみにSUPとはボードの上に乗ってパドルを漕いで進む水上スポーツ。波が穏やかな瀬戸内海は、SUPにもってこいの環境なのだそう。乗り方はスタッフが教えてくれるので、初めての人でも大丈夫。
必要な機材はボードとパドル、足首とボードを繋ぐリーシュ、そしてライフジャケットと水着。水着だけ持って行けば、あとは無料でレンタルできます。
まず浜でパドルの漕ぎ方などの基本操作を教えてもらい、注意事項を聞きます。その後、リーシュでボードと足を繋いで海へ。こちらで使用しているボードは空気で膨らませるタイプ。大きさの割にかなり軽いので女性でも簡単に持ち上げられます。
ボードに乗る時は、中央にある持ち手を持って正座するように乗るのがコツ。また立ち上がる時には、膝立ちのような姿勢から立つとうまく行きます。といっても立つのは結構難しいのですが、座ったまま漕いでも結構スピードが出て充分楽しめます。
操作に慣れてきたら、思い思いにSUPを楽しみます。海岸の目の前にある絹島を一周してくるお客さんも多いそう。また体験中は、ベテランスタッフが見守ってくれているので安心です。
(提供:ベッセルおおち)
 
海で遊んだ後は、ホテル内にある温泉「ベッセルおおちの湯」でのんびりリラックス。種類豊富なお風呂の中でも女性に人気なのが、マッサージと美容効果抜群という「白泡美人の湯」。また「露天風呂」からは船が行き交う瀬戸内海や夕陽を眺めることができます。お⾵呂には宿泊当⽇は営業終了の22 時まで(最終受け付けは21時)、翌日はお昼12時まで何度でも⼊ることができます。
お風呂に入ってさっぱりした後は、ホテルの1階ロビーにある売店を覗き見。新鮮な野菜や工芸品などの産直品が販売されていました。また22時までの営業時間内なら、飲み物やお菓子なども購入することができます。気になるものがあれば、バーベキューや晩酌のおともに買い揃えておきましょう。
いよいよ、待ちに待った夕食のバーベキュー。メニューは、野菜とお肉の盛り合わせ、アヒージョ、ジャーサラダ、バケットなどの「東かがわご当地BBQセット」。中でもアヒージョは、香川県特産のナシフグというフグと小豆島産のオリーブオイルを使った特製。柔らかく旨味の強いナシフグはアヒージョとの相性抜群です。カラフルな色が写真映えしそうなジャーサラダも人気。写真は2人前ですが、食べきれないほどボリュームもたっぷりでした。この「東かがわご当地BBQセット」も宿泊料金に含まれています。
食事が終わるとすっかり日が傾いてきました。灯りの灯ったテントサイトは、昼間とはまた違う雰囲気に。
20時を過ぎるとテント前に並んだソファーの中央にたき火が灯されます。キャンプに付きもののたき火ですが、座り心地のよいソファーに座ってたき火を囲むというのは、なかなか体験できないのでは。スタッフが配ってくれるマシュマロで作る焼きマシュマロも絶品です。また施設は街の光が少ない半島の先にあるので、天気が良ければ美しい星空を眺めることもできます。
翌朝はベッセルおおち2Fにあるレストランで朝食。瀬戸内海を眺めながらいただく洋食モーニングはまた格別の味でした。こちらも料金に含まれています。これでベッセルおおちでのグランピングは終了。
 
チェックアウト後も、昨日SUPをした海岸で海水浴を楽しむのもよし、また温泉に入るのもよし。ワンランク上のキャンプ体験ができるグランピングに、SUPやバーベキューも楽しめ、充実の一日を過ごすことができました。
 
-----------
ベッセルおおち 瀬戸内グランピング
※要予約(予約は公式サイトから、電話での予約不可)
営業時間 チェックイン14:00~チェックアウト翌10:00
定休日  毎月第2火・水曜日、冬季
住所   香川県東かがわ市馬篠1200
電話番号 080-5936-3747(平日9:30~18:30対応)
https://glampicks.jp/glamping/g269/
費用目安 手ぶらBBQ付プラン ベルテント客室9,800円/人~、グランピングロッジ・ログハウス10,400円/人~(曜日・シーズンにより値段の変動あり)
所要時間 SUP体験1時間
 

同じテーマの記事