【本島】塩飽水軍の島・本島でサイクリング。瀬戸大橋の眺め、アートと歴史を楽しむ盛りだくさん旅

自転車を相棒に、塩飽水軍の歴史とアートをめぐる

戦国時代から江戸時代にかけて、巧みな操船と造船の技術で、信長、秀吉、家康に自治を認められた塩飽水軍。
本島はそんな塩飽水軍の本拠地としても有名です。幕末には咸臨丸の乗組員としても活躍。
島は広く、道によってはアップダウンもあるので、おすすめは電動機付自転車。(台数が少ないので注意)
帆を上げ宙に浮く船の彫刻を設置。咸臨丸にちなんだ作品。

住所/丸亀市本島町泊

【アクセス・移動時間】
↓↓↓
丸亀港発10:40乗船/本島泊港11:15分着
徒歩で移動
11:25
↓↓↓
次のスポットへ

丸亀港から本島へのアクセス
  • Vertrek「出航」/石井章 撮影:高橋公人

    Vertrek「出航」/石井章 撮影:高橋公人

本島港のそばにある「本島港待合所」で電動機付き自転車をレンタルしたら、日本武尊の水先案内人をつとめた1羽のカラスを祀ったといわれている神社へ。境内には寛永4年(1672年)に年寄宮本半右衛門が寄進した石鳥居、勤番所からのお触れを掲げた制札所、文久2年(1862年)建造の芝居小屋「千歳座」があります。

住所/丸亀市本島町泊670

【前スポットからのアクセス・移動時間】
↓↓↓
電動機付き自転車で移動5分
11:50
↓↓↓
次のスポットへ
  • 日本武尊に縁のある烏を祀る神社

    日本武尊に縁のある烏を祀る神社

  • 塩飽大工が建てた芝居小屋

    塩飽大工が建てた芝居小屋

魚料理からうどんまで
本島パークセンター内にある食事処。魚介類を使った定食はもちろん、うどんも人気。カレーライスや丼物などもあります。
※瀬戸内国際芸術祭会期中は麺類のみの提供になります。

営業時間/9:00~16:30
定休日/木曜・金曜
※瀬戸内国際芸術祭会期中は木曜のみ定休

住所/丸亀市本島町泊494-16
電話番号/0877-27-3728

【前スポットからのアクセス・移動時間】
↓↓↓
電動機付き自転車で移動5分
12:05
↓↓↓
次のスポットへ
  • 本島パークセンター内にある

    本島パークセンター内にある

  • 新鮮な魚を使った定食

    新鮮な魚を使った定食

島の人から昔話や言い伝え、島に活気があった時代のエピソードなどを聞きとって、その様子を絵看板に。家の軒先や商店前などいろいろな場所にあるので探すのも楽しい。

住所/丸亀市本島町泊

【前スポットからのアクセス・移動時間】
↓↓↓
電動機付き自転車で移動5分
13:15
↓↓↓
次のスポットへ
  • 漆喰・鏝絵かんばんプロジェクト/村尾かずこ 撮影:高橋公人

    漆喰・鏝絵かんばんプロジェクト/村尾かずこ 撮影:高橋公人

小阪港から阿弥陀寺のある細道へ。瀬戸大橋のダイナミックな風景が待つ、屋釜海水浴場までの近道です。途中、大山神社の大きな鳥居に寄り道。近道は少しアップダウンがあるけれど、電動機付き自転車なら大丈夫。風を感じながら、スイスイ。

住所/丸亀市本島町小阪

【前スポットからのアクセス・移動時間】
↓↓↓
電動機付き自転車で移動10分
13:25
↓↓↓
次のスポットへ
  • 阿弥陀寺から見える風景

    阿弥陀寺から見える風景

  • 思わず見上げる大きな鳥居

    思わず見上げる大きな鳥居

海と景色をひとり占め
島の北側にある海水浴場。夏の海水浴場はもちろん、遠くに見える水島コンビナートや鷲羽山の風景が美しい。自転車を降りて、ひと休み。

住所/丸亀市本島町

【前スポットからのアクセス・移動時間】
↓↓↓
電動機付き自転車で移動20分
13:45
↓↓↓
次のスポットへ
  • 自転車を降りて海を眺めて

    自転車を降りて海を眺めて

  • 自転車を降りて海を眺めて

    自転車を降りて海を眺めて

国指定伝統的建築物群保存地区

江戸末期から昭和初期に建てられた漆喰塗りの白壁やなまこ壁のある町並みは、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されています。現在、笠島まち並保存センター「真木邸」、ふれあいの館、文書館「藤井邸」の3軒が公開されています。自転車を降りて、のんびり散策がおすすめ。

 住所/丸亀市本島町笠島

 【前スポットからのアクセス・移動時間】
↓↓↓
電動機付き自転車で移動10分
14:00
 ↓↓↓
次のスポットへ
  • 看板が目印

    看板が目印

年寄を務めた真木家の邸宅
江戸時代後期に建てられた商家。なまこ壁と2階造りの土蔵が特徴。入場者には観光案内もしてくれます。

住所/丸亀市本島町笠島256
電話番号/0877-27-3828

【前スポットからのアクセス・移動時間】
↓↓↓
徒歩で移動 5分
14:05
↓↓↓
次のスポットへ
  • 笠島めぐりはここからスタート

    笠島めぐりはここからスタート

廻船問屋の建物
笠島まち並保存センターの向かいにあります。

住所/丸亀市本島町笠島

【前スポットからのアクセス・移動時間】
↓↓↓
徒歩で移動1分
14:30
↓↓↓
次のスポットへ
  • 江戸期の建物

    江戸期の建物

古文書を一般公開
江戸時代後期の建物。塩飽関係の文書や絵図などが展示されています。

住所/丸亀市本島町笠島

【前スポットからのアクセス・移動時間】
↓↓↓
徒歩で移動5分
14:45
↓↓↓
次のスポットへ
  • 江戸期の妻入り建物

    江戸期の妻入り建物

承元元年(1207)、法然上人が土佐に流される際、笠島に数ヶ月滞在。その庵の跡に建てられたといわれているお寺。すぐそばには、寛永4年(1627)に建てられた位牌型のお墓。長く年寄役を務めた吉田家のもの。

住所/丸亀市本島町笠島

【前スポットからのアクセス・移動時間】
↓↓↓
徒歩で移動5分
15:00
↓↓↓
次のスポットへ
  • 法然上人ゆかりのお寺と人名の墓

    法然上人ゆかりのお寺と人名の墓

大黒様とおかめさん
鏝絵とは、鏝で漆喰(しっくい)を盛り上げて着色した絵。玄関横に大黒様、壁におかめさんが施されています。目には電球がはめ込まれています。

住所/丸亀市本島町笠島

【前スポットからのアクセス・移動時間】
↓↓↓
徒歩で移動5分
15:15
↓↓↓
次のスポットへ
  • 大黒様を探そう

    大黒様を探そう

古民家カフェでひとやすみ
笠島まち並み保存地区にある古民家を利用したカフェ。地元作家の作品を展示するギャラリーを併設。特製の野菜カレーが人気。
営業時間/11:30〜17:00
定休日/月〜水曜
※冬期休業(12〜2月)

住所/丸亀市本島町笠島312
電話番号/090-7575-3827

【前スポットからのアクセス・移動時間】
↓↓↓
徒歩で移動5分
15:25
↓↓↓
次のスポットへ
  • ギャラリーも併設

    ギャラリーも併設

海の政所
塩飽領を統治する役所として1798年に設置された建物。塩飽水軍の歴史資料がたくさん展示されています。信長、秀吉、家康から与えられた朱印状は必見。国指定史跡。

住所/丸亀市本島町泊81
電話番号/ 0877-27-3540

【前スポットからのアクセス・移動時間】
↓↓↓
電動機付き自転車で移動20分
16:15
↓↓↓
次のスポットへ
  • 塩飽水軍の歴史に触れる

    塩飽水軍の歴史に触れる

  • 塩飽水軍の歴史に触れる

    塩飽水軍の歴史に触れる

海の政所
本島中学校の脇にある人名の墓。徳川幕府から統治を許された「人名(にんみょう)」。本島では、人名の中から選ばれた4人の年寄が交代で政務を執ったようです。

住所/丸亀市本島町泊

【前スポットからのアクセス・移動時間】
↓↓↓
電動機付き自転車で移動5分
16:40
↓↓↓
次のスポットへ
  • 徳川幕府から統治を許された人名

    徳川幕府から統治を許された人名

【前スポットからのアクセス・移動時間】
↓↓↓
電動機付き自転車で移動5分
16:45
↓↓↓
次のスポットへ

本島港から丸亀港へのアクセス