2017.05.27 市町から イベント NEW

市制施行75周年記念事業「さかいで港まつり」ソルトアート制作・展示について


市制施行75周年記念事業「さかいで港まつり」
ソルトアートの制作・展示を開催します。

海岸線に塩田が広がり、全国有数の製塩地であった坂出市は、塩の積出港として坂出港が発展し、現在に至ります。

そこで、平成29年7月1日に市制施行75周年を迎えることを記念して、坂出市の夏の風物詩となった「さかいで大橋まつり」の前身である、「さかいで港まつり」が特別に復活します。

その一つとして、8tの塩を固め、彫刻するソルトアートを制作し、祭り当日に展示します。

アーティスト:保坂俊彦(ほさか としひこ)
1974年生
東京都在住(秋田県出身)東京芸術大学卒
大学在学中より各種イベントにおいて砂像の制作を始める。
卒業後 様々な素材による店舗や撮影用の美術品、ディスプレイ用オブジェなどの立体造形物、商業玩具原型等の制作を手がける。
現在は国内、国外の各種イベントにおいて砂像の制作、指導のほか、CM・PR用砂像の制作、イベントの総合演出、また砂の定着剤や玩具の共同開発、砂像を通し海外との交流事業への協力などを行っている。ドイツでの世界大会で3位、中国での世界大会で準優勝等の受賞歴がある。

制作期間:平成29年5月18日(木)~5月26日(金)見学自由

除幕式の開催:平成29年5月27日(土)16時

制作・展示場所:坂出人工土地遊水池(坂出市京町)※おもてなしまちの駅(坂出市観光協会事務所)の西側
JR坂出駅から北へ徒歩3分

ライブパフォーマンスの開催
さかいで港まつりにて、除幕式終了後、16:30から、目の前で彫刻するライブパフォーマンスを行います。
ぜひご覧下さい!



注意:掲載した写真は過去の作品です。実際に制作する作品とは異なります。


 
  • 市制施行75周年記念事業「さかいで港まつり」ソルトアート制作・展示について

  • 市制施行75周年記念事業「さかいで港まつり」ソルトアート制作・展示について