必食!B級グルメ

地元の食材や文化が生んだ庶民の味を食べつくす!

懐かしい味をアレンジしたご当地グルメ、特産品を広めるために生まれた新しいコラボメニューなど、知る人ぞ知る、隠れた地元グルメがたくさんあります。
地元の人たちに愛され続けているB級グルメを、ぜひ味わってみてください。
うどんダシの風味を生かした
懐かしい家庭料理
「ぴっぴ」とは香川で今も使われているうどんの幼児語。ご飯に刻んだうどんやたくあんを混ぜて炒めた焼き飯風の家庭料理が「さかいでぴっぴ飯」です。「坂出の家庭で、あり合わせの食材で作っていた懐かしの味」を再現。そもそも坂出市は製麺所が多く、昭和の時代、たくさん買ってきたうどん玉が残ったときに、冷蔵庫の余り物とご飯を加えてこういったメニューがよく作られていたのが発祥の理由です。
  • うどんダシの風味を生かして味付けするのが特徴

    うどんダシの風味を生かして味付けするのが特徴

秘伝のタレと
ホルモンでおいしさ倍増
旧国鉄の車両工場だった多度津工場(現在のJR四国工場)で働く職員を相手に1957年ごろに肉屋のおやじさんが始めた「鍋ホルモン」が由来。当時、シメにうどんを入れた看板メニューが、現在になってご当地グルメ「多度津鍋ホルうどん」として参戦!しょうゆベースのダシでホルモンや野菜を煮込んでいただく鍋は、ニンニクやたまり醤油などを使った秘伝のタレがおいしさの秘密。具材の旨みがうどんにもしっかりと染み込んで、見た目よりもあっさりといただけます。
  • うどん通も納得の味わい!

    うどん通も納得の味わい!

縁起のいい魚と
ご飯のコラボ
香川の県魚であるハマチ。成長するに従って名前が変わる、いわゆる「出世魚」のためお祝いなどに使用される縁起のいい魚として県民に親しまれています。脂がのったハマチを秘伝の調味液に漬け込んだ「ハマチ漬け丼」。風味豊かでとろけるようなハマチの甘みと旨味が口の中に広がります。魚が苦手な人でも食べやすい味付けになっており、何度でも食べたくなるおいしさです!
  • 特製のタレにつけこんだハマチの切り身はご飯との相性抜群

    特製のタレにつけこんだハマチの切り身はご飯との相性抜群

「醤(ひしお)の郷」の
伝統の味を伝える名物
醤油の日本4大産地のひとつ小豆島。もろみ蔵や醤油・佃煮工場が集まっているために「醤(ひしお)の郷」と呼ばれています。ここで作られる伝統の味を、さらに広く伝えるために誕生したのが「ひしお丼」。
以下の3つの条件が揃ったものを「ひしお丼」と呼んでいます。
1.醤の郷で作った醤油やもろみを使うこと。
2.小豆島の魚介、野菜や地元の素材を使うこと。
3.箸休めはオリーブか佃煮を使うこと。
  • お店独自の味が楽しめる「ひしお丼」

    お店独自の味が楽しめる「ひしお丼」

びっくりサイズで、
お手頃価格が人気の秘密
「もっと大きなたこ焼きが食べたい」という子どもたちの気持ちに応えて誕生したのが「たこ判」。今川焼きの型にたこ焼きの材料を入れて焼いたオリジナルグルメ。キャベツ・たこ・卵等の具材を惜しげもなく入れ、じっくり時間をかけて焼きあげたら、たっぷりのソースとマヨネーズでいただきます。大人でも満腹になるほどのボリュームで、1個100円台の値段はとってもお得ですよ!
  • ビッグサイズのたこ焼き!?

    ビッグサイズのたこ焼き!?

限定販売のご当地バーガーは
売切れ次第終了!
「讃岐うどん」をハンバーガーの具材にした斬新な一品。土日祝日限定で「津田の松原サービスエリア」で販売しています。ご当地バーガーとして好評。午前中に完売するほどの人気です。油で揚げたうどん、とろ~り半熟たまご、県産レタスや鶏つくねハンバーグをバンズで挟み、ショウガ風味のしょうゆダレをかけたら、かつお節やネギをトッピング。具材とタレが絶妙にマッチし、まるで「ぶっかけうどん」のような味わいです。

津田の松原サービスエリア公式ホームページ(上り)へ
津田の松原サービスエリア公式ホームページ(下り)へ
  • 平成23年度かがわ県産品コンクールで受賞した実力派!

    平成23年度かがわ県産品コンクールで受賞した実力派!

「坂出産・金時芋」×
「小豆島そうめん」のコラボ
坂出産の「金時芋」と「金時にんじん」を混ぜたものに「小豆島そうめん」を衣にして揚げたスイートポテトです。地元の味がいっぱい詰まった地産地消のスイーツは表面のカリッとした食感と、芋のほくほく感がたまらない旨さです。讃岐B級グルメコンテスト(平成21年開催)でグランプリに輝いたメニュー。香川短期大学食物栄養専攻科の学生さんによって考案されました。
  • 揚げたての旨さがたまらない!

    揚げたての旨さがたまらない!